1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-27 22:31:41

プリムラは・・・

テーマ:プリムラ

早いもので4月ももう終わり…。

 

皆さんおっしゃるように私も歳を取るごとに時間が過ぎるのを早く感じるようになりました(笑)。

昨日の圃場の様子。遂に交配分の採種は終了しました!拍手!!(笑)

 

しつこく4月の初めまで交配をしたものが、ようやく時期になって採種出来ました。

 

交配数はかなりの数です。これが交配をし始めて最高数!そしてもうこれを超えることはできないでしょう。

 

どれくらいの数かは皆さんが「引く」ぐらいの数ですので、言わないことにして置きます(笑)。

後は“未練”が残っているばかりです。(笑)

こちらで播いたプリムラは今年は開花も遅く、パンジー・ビオラの採種に追われ交配も今になってようやくでした。

 

タイミングが遅くなったので結実するかどうかは微妙なところです。

 

さて、どのような花が咲いたかというと、

全てステム立ちですが、これといったものは今一つです。

ホワイト~クリーム系は桜弁のイメージには近づいてきました。

 

その中で、まま特徴的なものをご紹介!

横向き咲きで丸弁傾向。オーリキュラの雰囲気があります。

おぼろげながらも吹き掛け絞り。

 

プリムラの絞り咲きはほとんどありませんので貴重ですが、一株しかないのが悩みです。

 

プリムラは自家受粉が難しい植物なのです。

切れ弁の抱え咲き。

 

サントリーさんから発売されていた矢祭園芸さん育成の切れ弁のアコーリスタイプの‘ミルコロール’。それをがんばってステム立ちにしました。

 

でも、もう少し丈がほしいです。

 

そして、

ステム立ちのダブル!

 

狙っていたのがようやく出ました。

 

アコーリスタイプのダブルにステムを掛けてステム立ちにした2つの系統同士の交配です。

 

八重咲きは劣性ですのでステムを立てることはできても一重になってしまいます。

 

その系統内での交配、その系統間の交配をやりました。

 

至る道は多岐にわたるのですが、系統間交配で始めて結果が出たのです。

 

でもこれも1株しかありません。

 

姉妹株は一重ですが、潜在的には八重の遺伝子を持っています。ですから、この八重の出た系統内での交配を試みていきたいと考えています。

 

続けていれば何とかなるものですね。頑張らねば!!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-04-21 09:32:34

バラの季節

テーマ:その他の花々

一気に夏の日差しと気温になったかと思えば、雨が降ってまた冬に逆戻りしたかと思うくらい肌寒かった宮崎です。

 

半袖からフリースへ、またまた今日は長袖ぐらいには戻れるかも(笑)。

 

さて、パンジー・ビオラの採種も最終盤へ。改めて見てみると交配数は過去最大。300を超える見込みです。

 

「よくやった!」と言うよりは「どうかしてただろう、大丈夫か?」と突っ込みを入れなきゃなりません。それくらい今年は採種日和だったんですね。(笑)

 

これから採種したものは整理して冷蔵に保管していきます。

 

採種後のカビが一番問題なので皆さんも採種出来たもの(袋の中ではじけたもの)は早々に冷蔵庫で播種まで管理してくださいね!

 

さて、やや遅れ気味ではありますがバラの季節がやってまいりました。

 

豪華に改良されたバラも素敵ですが、やはり好みは楚々とした原種からその趣を残すものたちです。

キモッコウバラの一重

 

バラの中で一番好きなのがこのモッコウバラです。花付の良さ、丈夫さ、棘のないのがうれしい!

 

で、ビオラもそうですが自分はイエローはこのような淡い色合いが好きなんだなってことがわかります。(笑)

ピューレッツア

 

数少ないモッコウバラの交配種です。モッコウバラの血を引いてこれも棘のないのがうれしい!

ムタビリス

 

シネンシス系の品種。チェンジングカラーのシングル(一重)。この色が変わり方が素敵です。

ロサ・シネンシス・スポンタネア

 

昨年入手した原種が咲いてきました。実物は初見です。

 

棘のすごさと共に花色花型にも野生の逞しさを感じ、そこに惹かれます。

                       

こちらも花色が変わります。

 

こんなのが中国の山奥に咲いているのかとイメージするだけでワクワクしますね。

で、実はバラも種播き始めました。(画像ボケていますが・・・)

 

まだ交配には至らず、ノバラなどの実ったものを播いています。

 

今年は昨年蒔いたトゲナシノイバラ(台木として使われるもの)が蕾を持ち上げてきました。

 

花は普通のノバラでしょうが、バラは初めてなのでどんな花でもとても楽しみです!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-16 10:49:44

今日の圃場2017.4.15

テーマ:今日の圃場

宮崎は八重桜が咲き始めました。そして、一気に初夏の気温と装い!

 

例年と違って季節と花のちぐはぐ感がありますが、それでも季節は確実に移り変わっていっています。

 

さて、圃場の様子です。

採種も進んでだいぶ株も少なくなりました。株もかなり弱り気味…。

木村さんとのコラボプリムラも交配はすでに終わり、あとは種が熟すのを待つばかり。

 

カビが出ていたので薬を散布。何とか今のところ収まっています。

 

本当だと枯れ花、枯れ葉の手入れをしなければいけないのですが、手が回らず…です。

 

親株は弱っていますが、春咲きの原種は元気!

ビオラ・ロトマゲンシス

 

早野雪枝さんからいただいた株。この原種は実物は初めて見ます。

 

立性でホワイトからブルーへのチェンジング。以前、図鑑で見たものはレモンイエロータイプのものでしたが、おそらくこれもかなりの変異があるんじゃないかと思います。

ビオラ・カルカラータ

 

これはお馴染み。ブルーの濃淡、ホワイトまでの変異があります。

左:ビオラ・ストジャノウィ、右:ビオラ・ダシカ

 

ダシカも初めて!一連の判別が難しいイエロー小輪這性のグループです(笑)。

 

花はダシカの方がやや花色が濃い目、やや小輪。

 

株の形状はストジャノウィが立ち上がり傾向があるのに対して、ダシカは横に這っています。

ビオラ・ストジャノウィ

ビオラ・ダシカ

 

花だけ見たらかなり判別は難しいですね。

種採りと並行して種まきしたものの移植も進めなければいけません。

 

手前はキショウブ。新芽が白っぽく後に緑に変化するといういわゆる曙斑の「斑入りキショウブ」と言われる種類の種を播いてみました。

 

アルビノっぽいものが3割程度出ていますが、これが緑に変わっていくのかは様子を見なければわかりません。

 

外の畑の様子は

草がだいぶ生えてしまいました。

忙しくて草むしりも出来きません。

原種のストジャノウィは今が花盛り!

遅かったプリムラもようやく開花してきました。

 

花は確認できても暑くなるこれから採種できるかが少々心配。

 

右端は採種親株の元気なものをハウスから植え替えています。

 

さてさて、ここから配布分の種子を採種します。今回はさらにバリエーションが広がったMixになりますよ。

 

5月下旬ごろのブログでご案内いたしますので、よろしければ申し込み下さい!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。