* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



妊娠から死産までのざっとした経緯はこちら


ラミナリアの痛みを最大限排除した方法はこちら



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

 

不育症対策としてアスピリンを飲まれている方や、妊娠されている方・その予定がある方には特にオススメのアプリの話しです。

 

 

 

 

 

私は最近というのかちょっと前というのか、体調を大きく崩していて今現在も「もう大丈夫」と医師から言ってもらえる状態ではありません。

 

 

 

 

 

そんな中、振り返ると「していて良かった!」と思ったことがあります。

 

 

 

それは、iPhoneに最初から入っている「ヘルスケア」というアプリの設定。

 

 

 

ここに、メディカルIDを設定出来るようになっていて、これが役立ったのです。

 

 

(メディカルIDについてや設定の仕方などの記事はこちら

 

 

 

 

 

以前救急車で運ばれた時、意識はあったものの、ストレッチャーに横になれない、救急隊員に自分がどんな理由でどんな薬を飲んでいて、今現在どういう状態なのかを上手に説明することが出来ませんでした。

 

 

簡単に言うと、緊急時って要領を得ないことしか言えない……。

 

 

 

 

 

 

私「薬を飲んでいて……」

 

 

 

救急隊員「何の薬ですか?」

 

 

 

私「ええと……(激しい痛みで頭がまわらず、言葉が出てこない)

 

 

 

と、ここでメディカルIDを設定していたことを思い出しました。

 

メディカルIDには、飲んでいる薬とその理由、持病・体質・アレルギー、特記すべきこと、現在の体調やかかりつけの病院名と医師名など、救急隊員に伝えたいことを全て書いていました。

 

 

しかも私はこまめにメディカルIDを書き直していたので、情報は最新のもの。

 

 

 

 

私「ロックを解除しなくてもすぐに見られるので、メディカルIDを見て下さい……。」

 

 

 

 

ここら辺の記憶は曖昧ですが、救急隊員は「ヘルスケア」というアプリのメディカルIDについて知らなかったようで、多分夫がそのページを即座に開き、救急隊員に渡したような気がします。

 

 

(※メディカルIDは緊急時用に確認できるようになっているため、ロックの解除が必要ありませんし、設定さえしていればややこしいことをしなくてもすぐに見られます)

 

 

救急隊員「なるほど。」

 

 

 

 

 

メディカルID、役に立った!!

 

 

 

意識はあるのに頭の回らない緊急事態の時でも、必要な情報がしっかりと伝えられる!

 

 

これにはとても助かりました。

 

 

 

 

 

 

さて、冒頭に書いた「アスピリンを飲んでいる方には特におすすめ」の理由です。

 

 

 

アスピリンを飲んでいると、緊急の手術の際に血液がサラサラ過ぎて止まらなくなることがあるそうです。

 

 

 

これは退院前に医師から聞き、私はいつまた手術になるかわからないからアスピリンの中止を言い渡されました。

 

 

 

例えば突然の事故に遭った時や、私のように予期せぬ事態に陥った時など、緊急手術が必要な際には、アスピリンを飲んでいるという情報を含め、こうした自分の体のことを端的に医師に伝えておくのは大切なことなのかなと思いました。

 

 

救急車で運ばれると、かかりつけの病院に運ばれるとは限らないですし。

 

 

 

また、同じような理由で妊娠中や妊活中の方にもオススメです。

 

緊急事態なんていつ誰に起こるかわからないので、それを言うと全ての人にあてはまるんですが……。

 

 

 

 

 

iPhone以外に「ヘルスケア」というアプリが使えるのかはわかりませんが、似たようなのは探せばあるかも??

 

 

 

メディカルIDについてと、設定の仕方など詳細は、以前書いた「メディカルIDを設定!」からご覧ください。

 

 

あなたのお役にたった・共感できたと思ったらぽちっとお願いします↓

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産(天使ママパパ)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


☆.。.:*・皆様へ☆.。.:*・


いつもブログを読んで下さりありがとうございます。

いいねやコメント、また読んでくださるだけで励みになっています。

このブログは、可愛いぱんぽこの思い出と、自分の心の整理と、情報が少ない死産後のことが少しでもお役に立てばと思って更新しています。

私はまだ精神状態が不安定で、人に気が使える状態ではありません。

このブログは、死産・流産・不妊などで悩んでいる方が多く読んでくださっているかと思います。

不快な表現があったら大変申し訳ありません。

読んでくださっている全ての皆様に、穏やかな明日がくることを願っています。

AD