• 27 Sep
    • 最近のわたしはというと

      何でも完璧にやろうとすると続かない!私の三日坊主の理由(言い訳?)。三日坊主の人って、案外その気になると情熱も集中力も目を見張るものがあったりして(勝手な分析)私はそんな三日坊主のあなたの味方です。長所も短所も紙一重、みんな違ってみんないい。というわけでここ数年、反省はするけど後悔はしないありさです。こんな現場でリハーサルやってあ、服部克久先生がうつってるー!太陽の光に感動したりして駅のホーム歩いてる人たちを見て青春だなぁなんて思ったりしながら(頭の中ではスタンドバイミー♬ボボボンボン)リハーサルのあとに食べたヒレカツ定食、まさかのカツが2枚で驚いたり!あ、朝から何も食べてなかったのでペロリと残さず食べました。というわけで元気に生きています。何のリハーサルだったかというと…"戦後、歌謡曲はジャズだった"≪服部良一 奥田宗宏≫日本の軽音楽史にその名を残す、 偉大な先人達。その作品、そのDNAを受け継ぐアーティストたちが実演するコンサート。日程:10月7日(金) 19:00開演/18:30開場会場:Bunkamura オーチャードホールチケット:SS¥9,000、S¥7,000、A¥6,000、B¥5,000プレイガイド:チケットぴあ 0570-02-9999/Pコード:305-492 Bunkamuraチケットセンター 03-3477-9999(10:00~17:30)お問合せ:一般社団法人日本ジャズ協会21 03-3560-9388(平日11:00~16:00)出演:服部克久、前田憲男、ペギー葉山、雪村いづみ、スインギー奥田、サーカス、渡辺真知子、森サカエ、秋元順子、佐藤竹善、佐々木秀実、マリア・エヴァ、ナオミ・グレース、MERI、おぬきのりこ必死で練習中です。すんごい曲やります、是非いらしてください♡

      14
      テーマ:
  • 10 Aug
    • 私の精神安定剤

      東京タワーでのソロライブが終わって少し落ち着いている。落ち着いているというのは、多分気持ちが、なんだとおもう。途端にキッチンに立ちたくなる。茄子をシソと生姜で漬物にした。ご飯も炊こう。私の料理はいつも突然はじまる。ある時は酔っ払って帰ってきたあとに。ある時は怖い夢を見て夜中目覚めてしまったときに。そうだ!カレー食べたい!玉ねぎがなくて甘みが足りなかったのでりんごジャムをいれました。どれどれ・・・味見うちにあるスパイス数えたら50種類以上あった。使ってるの?と言われると…ほとんど減らないスパイスもある。特に中華系はあまり作らないので、山椒の実とか減らない。でも作りたいときにないのは嫌なのでついつい買ってしまう。キッチンまわりのものに弱いのである。次は何をつくろうかな

      13
      1
      テーマ:
  • 31 Jul
    • 名古屋でディナーショー

      とある企業さまのパーティーで歌わせていただきました。社長さん直々にお誘いいただいてあぁ、人の思い出に残る歌を歌えるって、幸せだなぁとつくづく。その社長さんの想いが嬉しくてそしてお客様からの冗談まじりのヤジもまた愛を感じて嬉しかった〜。どれもこれも、サーカスが今まで歌い続けてくれていたから今があるね。私はその想いを繋ぎたいと思って恐縮ながらもサーカスに入ることを決断した。日々のひとつひとつの出逢いは、多くのことに感謝する出逢い。ホテルのお弁当、エビフライがサーカスの"C"でした。こんなところでも歓迎されるとは。流石ホテルのおもてなしです。

      8
      テーマ:
  • 28 Jul
    • 父、バースデー、おかまになる

      私の父は時折、おかまになります。父、バースデー当日にライブを企画@平塚カナフサプライズで1部と2部の間の休憩にメイクしておかまに!お客さん騒然!みんなキャーキャー言いながら(いやギャーギャー?)、喜んでいました。ステージの上、全員男性です。わたし、母、父じゃなくて父の双子の兄だそうです。なんのこっちゃおかまさんに向かってパパとは呼べないので、おかまさんお誕生日おめでとうございます!庄野真代さんも駆けつけてくれました。8月には真代さんとのライブも企画中!いや〜変な父を持ったもんだ。日々多大な感謝をしております♡これからもよろしくおねがいします。

      8
      テーマ:
  • 26 Jul
    • 東京タワーでソロライブ

      東京タワーの展望台でライブします。サーカスでもライブしたこの素敵空間、まさかソロでも出演出来るなんて嬉しい!8/7(日)19:00から20:00東京タワー大展望台 "Club333"https://www.tokyotower.co.jp/event/music-talk/club333/index.html展望台料金のみでライブも見られます。ライブはUstream放送あり。ギターのサカキー(榊原長紀さん)と2人で、イルミネーションに合う選曲をしてみました。おしゃれな感じに♡カバー曲は同世代向けのやつを色々と…。時間がある方、展望台からの夜景のみならずイルミネーションがめちゃんこ綺麗なのでぜひ!ぜひ!これを機会に遊びにきてね。待ってまーす

      8
      テーマ:
  • 17 May
    • いのちを洗う。

      さぁ、いのちを洗う時間。イキイキした野菜は鮮やかで、見てるだけでも元気になる。放射能検査を終え、生産者の見える野菜たち。ホタテ貝殻焼きパウダーって知ってる?これが最近にわかに話題になってるのだけどすごいの。たまたまネットで見つけて買ってみてからもうずっと使ってるんだけど例えば水に溶かして野菜を数分浸けておくと農薬の油分がパーッと浮いてくるの!最初ビックリした~。掃除や洗濯にも使えるスグレモノで捨てるはずのホタテの貝殻の再利用でもある!オススメです安心も健康のひとつですこれかららっきょを漬けます大好きなカレーにもピッタリだしね!

      15
      2
      テーマ:
  • 12 May
    • 細野晴臣さんと銀河鉄道の夜

      ひとつ前のブログであげた宮沢賢治さんの「銀河鉄道の夜」のアニメ。もうほんとうに大好きで何回も何回も見てる。つい最近もまた見ました。出逢ったのは2歳のとき。今も変わらず魅了される作品です。その音楽監修が細野晴臣さん。ずっとずっとこのアニメが私の中で大きな刺激と成り続けていることをいつか伝えたいと思ってた。それが去年叶ったのでした。お洒落で、しなやかで、それなのに強い意思を背中で感じる格好いい大人だった。「あの…このアニメを見て育ちました。サインしてもらえますか?」勇気を出して話しかけたら「おー、これね。好きだといってもらうことはあるけど、直接持ってきてくれたのはあなたが初めてだよー。」と。 思わず抱き付くところでした。うわん、うれしい・・・・サーカスはデビュー当時「アルファレコード」に所属していて、そこにはそれはそれはそうそうたるアーティストが所属しているのだけれど私はもちろん当時この世に生も受けておらずでしたが現メンバーとしてステージに立たせてもらいました。2015年9月のことですがブログにしていなかったので改めて。実は初めてサーカスの前メンバーと現メンバー6人で歌いました!当時のプロデューサーである有賀さん、服部克久さん、ミッキーカーチスさん。雪村いづみさん。ドレスの色が4人で並ぶと合わせたみたいに綺麗でした。吉田美奈子さん。楽屋でもお話していて、学ぶことばかりだった。愛のある方だなぁ…。小坂忠親子と叶親子。お二人のデュエット、素晴らしかった!私の青春、野宮真貴さん。いったい何度この方の曲で歌い踊ったことでしょう…。村上ポンタ秀一さん。打ち上げでずっとお話させてもらっていました。むかーしからサーカスでもお世話になっているポンタさん。またお世話になりたいです。ステージはこんな感じで鳥肌が立つほど素晴らしくて終始興奮してて出番前の舞台袖はこんな感じ6人でアメリカンフィーリングをうたっているところ。 私はほとんどの時間、ずーっと舞台袖でステージを見ていました。このイベントは村井邦彦さんのお誕生日ということもあり企画されたビッグパーティー!沢山の人が集まって、ユーミンさんも荒井由美名義で出演したライブでした。村井さん、おめでとうございます。打ち上げでは、なんだか舞い上がりすぎてビール2杯程度でベロベロ。振り向くと横に細野さんがいて、嬉しくて普通に話しかけたらポカンとされてました…嗚呼恥ずかしい。またお会いしてお詫び申し上げるのを目標にします…見切れてますけど右端に私が。出演者もスタッフも、すれ違う人が皆笑顔で挨拶し合う、最高の現場でした。あ、みんな音楽愛してる。自分のやっていることに誇りを持ってる。すべての人の眼差しから、それが感じられました。こんな素晴らしい現場があるんだ。ここにいられたことは、確実に私の人生をかえる時間でした。5/22 Sunday「Duet ~二人で歌を♪~」@平塚カナフ http://www.kanafu.jp/index.html川久保秀一(うた)・叶ありさ(うた)OPEN 17:30     START 18:30CHARGE 前売り3000円 当日3500円(+1ドリンク500円)問い合わせ・予約 TEL.0463-57-2268​ デビュ-20周年を迎える川久保さんと二人で、オリジナル曲を中心にデュエットしちゃいます!   CIRCUS NEW CD「POP STEP BOSSA」5/25発売!ありさオリジナル曲も含まれる5曲入りのミニアルバム。全曲「声」から始まる、サーカスならではの渾身の5曲。1.はじまりのコラソン2.WAVE3.TIME CRUISING(☆ありさオリジナル)4.SO MANY STARS5.SOUND OF MUSICAmazonで予約受付中!http://www.amazon.co.jp/POP-STEP-BOSSA-CIRCUS/dp/B01EEW4AUA 

      11
      テーマ:
    • ありさ33(ミミちゃん)バースデーライブ!

       ライブを振り返ります! と言っても4/19, 23のことだけど・・・    2daysでお誕生日ライブをやりました。  まず誕生日当日の4/19は、ここ神楽坂にあるthe glee.      ありがたいことにSOLD OUT!本当に感謝です。  (リハーサル風景)    とっても音が良いライブハウスで、PAの方も流石な音作りをしてくださりとても歌いやすかった。ありがたやです。   ピアノの調律は、面識のあるタカギクラヴィアの代表高木さんがしてくださったとのことで、そんな偶然も私には嬉しい誕生日プレゼントでした。     叶ありさ(うた)鈴木和郎(ピアノ)長谷川友二(ギター)ゲスト叶高(うた)      平日だし、みんな来てくれるかな?って心配だったのですが会社の仲間たちとみ~んなで来てくれたり(総勢20名を誘ってくれて、ご本人は出張で来られず…!)、お世話になっている方が来てくれたりと、本当に嬉しかった。 うう、ありがとうございます。    もちろん音を聴きに来てくれているのだけど、そんなきっかけを私が作れたこと、そこに会いに来てくれる人がいること、考えただけで涙出ちゃうほど嬉しい。ほんとに、毎回そう想う。      しかもなんと、  私が語り部大使をつとめる宮城県山元町で出会ったみんなが、山元町をきっかけに出会った人たちのメッセージを集めてプレゼントしてくれた!!!   完全にサプライズで涙出ました・・・。     飾れるように、額に入れてくれて、それはもう毎日見て元気もらってます。     最高のバースデーだったよう!            そして二日目は、そう、おなじみ叶家が家族経営してます湘南平塚にあるカナフで。   自分で言うのもなんですが、アットホームで居心地いいんですよ~。  まずは1部。朗読を2daysともやりました。     読んだのは、私がきっと生まれて初めて感銘を受けた物語宮沢賢治さんの『銀河鉄道の夜』    物心がつき始めた2歳くらいの時に、母が見せてくれた銀河鉄道の夜のアニメ。これがまた言葉少なめで、想像力を掻き立てられるの。   音楽は細野晴臣さんが担当されていて、またその幻想的な音楽がね・・・とても良くて。   私のイマジネーションの源にいつもそれがあるって感じてるの。大人になってからDVDも買いました。   去年、その思いの丈を細野さんに伝えるという一つの夢が叶ったんだよね・・・       今回、ライブで読むにあたって、もう一度久しぶりに読み返してみたらやっぱり素晴らしい物語だった。 言葉の表現の仕方がやっぱり好きで、このタイミングで読み返せて良かったなぁとつくづく感じました。     登場人物が5人出てくるので、声色を変えるのを頑張りました~! 面白くなりすぎないように気をつけながら・・・ふふふ。 変な声だとみんな集中して聞けなくなっちゃうもんね?          そして2部は、お着替えをしてジャズスタンダードから!   この日もなんとビッグサプライズがありましたよ・・・   19日にも来てくれた山元町で出会った向井さんが、なんとなんとなんと山元町のみんなをアテンドして連れてきてくれたのです!   ステージに出ようと思ったら、アレ?見たことある顔が並んでる・・・って山元町のみんなやんけーーーーーーー!!!!       これには、ライブ前なことも完全に忘れて思わず 「何やってんの?・・・何やってんの!?」 って聞きました。     何やってんのって、お前のライブだろって感じですよねはいわかってます。      お友達のさくらちゃんは、胸に「Arisa」ってプリントしてあるTシャツを着てきてくれて。 和泉くんhttp://www.1260.jp/bl/311hotline/archives/396が作ってくれたんだって! ありさ「どこから来たんですか」 さくら「たかちゃんち」    一同爆笑。     ローカルネタすぎるだろ!!!     というわけでさくらちゃんをお膝にのせて1曲。   後から聞いたんだけど、さくらちゃんにもどこに行くか知らせてなかったみたいで。  お互いサプライズ!どおりで二人でビックリして顔見合わせたもんね!    いや~人生最大のサプライズ・・・    20歳くらいの頃、友達のバースデーパーティーに行ったら私のことも祝ってくれたっていうサプライズをしてもらったことがあって    それ以来、この2日間のサプライズは本当に驚いたよ。 母も私に秘密にしてたんだ!なんてこった!       山元町から来てくれたこのみんなは、震災後から本当に忙しく活動し続けている人たちでこの5年自分の意思で町を出ることがなかったって。   向井さんがそんなみんなを引っ張って誘導して、山元町御一行様はカナフにたどり着いてくれました。        2日とも来てくださったり、ずっと気にしてくださって連絡をくれたり、キャンセル待ちで来られなかったり、お花を贈ってくれたり・・・     なんかもう、言葉にならないね。人って、あったかい。 生きていれば、人って人のことをこんなにあったかくできるんだ。    来てくれたみんなに気づかせてもらった。      まだやりたいことは形になかなかできていないけど 生きる力になった2日間でした。      神楽坂the glee http://theglee.jp の皆様平塚カナフ http://www.kanafu.jp のみんな ピアノの鈴木さん、ギターの長谷川さん、ゲスト出演してくれた父・叶高、そして来てくれたみんな どうもありがとうございました。        とにかく、しばらく、突っ走る勇気をもらいました。      転ぶのも、恐くないくらいにね!                       5/22 Sunday「Duet ~二人で歌を♪~」@平塚カナフ http://www.kanafu.jp/index.html川久保秀一(うた)・叶ありさ(うた)OPEN 17:30     START 18:30CHARGE 前売り3000円 当日3500円(+1ドリンク500円)問い合わせ・予約 TEL.0463-57-2268​ デビュ-20周年を迎える川久保さんと二人で、オリジナル曲を中心にデュエットしちゃいます!   CIRCUS NEW CD「POP STEP BOSSA」5/25発売!ありさオリジナル曲も含まれる5曲入りのミニアルバム。全曲「声」から始まる、サーカスならではの渾身の5曲。1.はじまりのコラソン2.WAVE3.TIME CRUISING(☆ありさオリジナル)4.SO MANY STARS5.SOUND OF MUSICAmazonで予約受付中!http://www.amazon.co.jp/POP-STEP-BOSSA-CIRCUS/dp/B01EEW4AUA 

      11
      2
      テーマ:
  • 10 Apr
    • 親子って

      親子ってこんなところも似るんですか?気付いたら同じタイミングで同じポーズしてたんですけど。 無意識ってこわい。血ってこわい。。。サーカスのNEW CD『POP STEP BOSSA』絶賛レコーディング中!叶親子はこの格好してレコーディング作業をすすめているのであーる。聴きたくなったでしょう

      17
      1
      テーマ:
  • 31 Mar
    • レコーディングな日々

      レコーディングな日々。ありさの顔が四角い。ましゃんはスヌーピーが好きです。これからはここに数日間、缶詰状態!お花見もなにもありません。スタジオの皆様も同じこと。ありがとうございます!!でもね、かな~り良いアルバムになりますよ…サーカス『POP STEP BOSSA』出来上がったら是非聴いてね!それだけを楽しみに、皆で頑張って作ってます

      12
      テーマ:
  • 30 Mar
    • ジャケット撮影じゃ~!

      サーカス、NEW CD『POP STEP BOSSA』ジャケット撮影!!!ゆうくん金髪!アートディレクターのなおくん。実は長いお付き合いのお友達なの~まさか私が歌をはじめて、なおくんにデザインをお願いする日が来るなんて…一枚、みんなのショットを載せちゃおうっと…フッフッフッ音も、デザインも、ヤバイやつが出来そうですぜ!さて、今日はレコーディング頑張りまーす

      11
      テーマ:
  • 26 Mar
    • newネイル✴

      日々が慌ただしく過ぎております。そんな中気分転換にネイルチェンジ!白フレンチにストーンえへへ、お気に入り気分転換、というよりもうすぐある撮影のために。新しいCD『POP STEP BOSSA』のジャケットの撮影があるのです!ぐふふ。楽しみだぜい。やることいっぱいの毎日に感謝!

      11
      テーマ:
  • 18 Mar
    • 高速バスの運転手さん、お疲れさまです

      私は、高速バスを使うことがある。特に東北へ行く時に、だ。金銭的な余裕がもっとあれば違うのかもしれないができたら気軽に、出来るだけ沢山訪れたい、と思うと時間が許せばコストの低いバスを選ぶことが多い。新幹線でなくバスを選んだことによって浮いた分をなるべく現地のお土産代として使いたい、というのもある。その土地にお金がまわるように気をつけながら、大手スーパーやコンビニはなるべく避けて買い物をしている。そして、高速バスに乗る時、いつも心がけていることがある。それは、“運転手さんとコミュニケーションを取ること”だ。高速バスを乗ったことがある人も多いと思うが、私の経験では、安ければ安いほど、車内はなんだか独特な空気に包まれているように思う…場合にもよるが、まわりとの接触を妙にシャットアウトしている人も多かったりする。色んな事情があると思うが、人は機械ではない。運転手さんも、乗客も、心ある人間だ。運転手さんと会話をし、コミュニケーションを取ることで「あなたの運転するバスに乗っているのは、心ある、命ある人間であって、モノではありませんよ。あなたの運転を信じて乗っています。お疲れ様です、ありがとう。どうぞよろしくお願いします。」そんなことをもう一度改めて感じてもらえるのでは、と。これが、事故防止にもつながるんだと私は信じてやっている。同じことを仕事でこなす毎日は行動がパターン化し、当たり前になり、ただの作業になり、そこに心をこめることをやがて忘れてしまう人が多いことは、会社につとめた時に学んだ。「慣れない」ことは大切であり、とても努力が必要なことだ。簡単に出来る事じゃない。だから、私は運転手さんとお話しする。コーヒーを買って渡したりして。「毎日、大変ですね…もうこの道長いんですか?」とにかく、心が通うことは気持ちがいいよね。着いた時にはお互いに達成感があって、「無事に連れてきてくれてありがとう」「こちらこそ乗車ありがとうございます」っていう会話が自然に生まれたりしてさ。だってわたしも悲しいことがあって落ち込んでいたり、体調が悪くても仕事しなければならない時に、まわりの人の笑顔や言葉に元気づけられたことが沢山あったから。疲れていても、頑張れた。それは結局コミュニケーションで伝わる「思い遣り」だったんだよね。…最近高速バスの事故が多かったのでそんなことをふと思ったありさでした。私も、いつも新鮮な気持ちで曲と向き合って、奏でたいな。演奏しているのも、聴いてくれているのも、心ある人間だもの。私にとっての日常は、誰かにとっては非日常。逆も同じ。

      16
      テーマ:
  • 14 Mar
    • レコーディングは、はじまったばかり

      なんだか情報小出しにちゃってるんで情報解禁!というわけで(勝手に)サーカス「POP STEPシリーズ第二弾」!『POP STEP BOSSA』5月末発売予定です~!今日はそのレコーディング私の作曲した“Time Cruising”が収録されます!というか、してます!ですね。今作ってますよ~!素敵なご夫婦がやっているstudioで録っていますレコーディングは、自分の声をしっかり聴くチャンス。課題が沢山見つかります!自由に表現するって難しい。でも、気持ちを込めて曲のストーリーにどっぷり入って歌います。レコーディングはまだまだ始まったばかり。気合い入れていくぜーっ!

      10
      テーマ:
  • 11 Mar
    • 最初は、歌うことしかできないと思ってた。

        「最初は、歌うことしかできないと思ってた。」「でも、違った。」震災から2年経つまではあのテレビから流れた影像があまりにも無惨で生きた心地のしないまま、ただ日々をなんとか生きていた。歌う気力もない。曲を作る気力もない。東北に行く勇気はない。 人間の生きるためのことをなんとかこなし、必死、それでいて空白のようなそんな時間を過ごしていた。  四六時中、何をしていても東北のことが頭から離れなかった。2年経って、震災後初めて東北の地に足を踏み入れたのは宮城県の仙台より南、福島からも近い「山元町」という町だった。(線路と駅が津波に流されてしまったため、今も代行バスが沿岸部をつないでいる。私はいつも「山下」で降りる。山下で降りると、役場があり、りんごラジオがある。)山元町…聞いたことのない町だった。山元町は「東北の湘南」と呼ばれ親しまれている。山がないため、平地が広がり住みやすい地形だ。サーフィンも楽しめ、他の町から憧れて移住してきた、という話もよく聞く。そんななだらかな土地だからこそ、あの日津波はどこまでも流れ込み、町を飲み込んだ。  「ここは山があるからまだ良かったのかもしれない、山の斜面で水が止まった。山元町の方は大変だっただろう…」大船渡の人がそう心配していた。自分だって大変な思いをしてる、だからこそ、他の町を心配してるんだ…胸が熱くなった。  津波は、土を汚していく。海水の塩害だけではなく、工場などから流れ出した油などのヘドロも土をダメにする。ということは、土地があってもではないため畑が出来ない、作物が育たない。 農家を再開できないのだ。    生物が育つ土にするのに、何年もかかってしまう。海辺の家や、工場や、畑、お店までも全て流されてしまうと働く場所がなくなってしまう。働けないと、暮らしていけないのが現実だ。辛い経験をしながら何とか生き残ったのにそこからまたいばらの道だなんて・・・。未だに、家をなくし、家族をなくし、仕事をなくし生きる希望を見つけられずにいる人がいるんだってことを忘れてはいけないなと日々思う。(一面に咲く蕎麦の花。蕎麦の花は土を浄化してくれる、ということで植えられた。ここはかつて住宅が立ち並んでいた場所。左に見える建物の煙突に引っ掛かって、津波から助かった人がいるという話を信じられない思いで聞いていた。)何度も東北に足を運び、わかったことがある。(海苔を顔に貼り合った夜。笑いすぎてお腹が痛い、痛い。海苔はちゃんと食べました。)こうして一緒に笑うことが一番の幸せなんだ!「元気だった!?」「会いたかったよ~」「太ったんじゃない!?アハハハ」他愛ない会話でいい。そこで一緒に笑い合う時間は、それだけで何よりもかけがえがないんだ。生きてるから、会える。生きているから、笑いあえる。 贅沢なものが何もなくたって、仲間が集まれば一緒に笑いあえる。なんて素晴らしいことなんだろう!(名産のいちご「もういっこ」。おばちゃんと世間話しながらパッキングしました。)山元町のいちごも、震災から4年かけて震災前の生産量を取り戻したんだ。    それは、並大抵の努力じゃ出来ない。(山元町災害ラジオ、りんごラジオ。ここのジングルはサーカスが歌っています。)子供たちとラジオに出演したり。鋭い質問が飛び交い、ありさタジタジ!最後には子供たちに「ありささんは、色んなことを感じながら、その迷いや気付いたことを人に伝えたいと思っているんだなというのが凄いなと思いました」なんて励まされたりして。そんなことを感じてくれたんだ!って驚きながらも、嬉しかった。 みんな色んなこと感じて考えて生きてる。 どの子供もきっと感じているであろう自分の未知の可能性を、大人が消しちゃいけないな~と思う。子供はいる場所を選べないから。大人が守ってあげなければならない時がある。   でも大人も大変なんだ、生きるだけで精一杯の時もある。  だからもし私に出来るのであれば、こうして少しでもいつもと違う時間を一緒につくれたらいいなって思う。  (山元町の語り部大使を務める平松愛理さんと、山元町の復興のキーパーソンである、震災当時校長先生だった渡辺修次さん。修次先生の働きで、被災直後から避難所の皆に炊き出しで食事を用意し、後に表彰されました。震災から一週間は眠らず動き、3年が経ったある日も、「あれから3年、1日もちゃんと眠れたことがない。目をつむるとあの時のことを思い出す」と、話してくれたのを忘れません。)(海辺にある中浜小学校。2階の天井まで津波が到達しましたが、屋根裏に全員避難し全員無事でした。建物の窓が海に向かってついていたため、そこから津波の水が通り抜け、建物が流されず残った校舎。だからこそ全員無事だった。この建物は、後世に残すため保存しようという声と、あの日を思い出してしまうため取り壊してほしいという声で、今後が決まらずにある状態。)私は山形生まれで東北は故郷だと思ってる。四季が厳しい東北だからこそ、日本の美しい風景がここにある。そう思っています。シャイだけど、心に熱いものを持ってる。わかってる。山元町の人たちの言葉。「私たちもね、こんなことになるまでは、自分のいる場所の魅力なんて、真剣に考えたことなかったんだよ。」(山元町のおとなり、小平では毎年「コダナリエ」というイルミネーションが点灯されます。ここで歌わせてもらいました。手作りのイルミネーションは、町の皆の手で考え、作られます。毎年パワーアップしていていつも楽しみ!)今、東北の人たちは自分の街の魅力に気付いてそれを沢山の人に知ってもらいたい、と願ってる。みんなに「遊びに来てほしい!」って話してくれた。まだまだ、遊びに行っていいのかな…躊躇している人も多いんじゃないかな、と思う。みんな、待ってるよ!「私たちのように、失ってから気がつくのではなくて、まわりの当たり前のようにある沢山の幸せに、気がついて、抱き締めてほしい。あなたたちは何も失っていないんだから。それを、多くの人たちに伝えたい。」  山元町のお世話になっている“たかちゃん”がそう言っていた。 そんなことを想ってくれていたなんて…私は驚いた。私は、もっと東北に興味を持て、とかそんな風には思わない。  ただ、まわりにある贅沢すぎるほどの幸せに当たり前のように包まれてることに気づいて、噛み締めて、味わってほしい。多分、私が歌を歌い始めたのも、そんなことを伝えたかったからなんだ。  日本のいいところがぎゅっと詰まっている東北! 出逢って、新しい景色の中で、触れ合い笑い合おう! そこで交わしたぬくもりは、一生の宝ものになります。     人って、あったかい。 マイクがなくたって、みんな集まって歌えるよ。 抱き合って、笑いあえるよ。 いろんな話が出来るよ。 ぬくもりを、感じあえるよ。    それだけで、じゅうぶん。 それがいちばんの幸せかもしれない!     一番大切なものは、いつもそばにあるのかもしれないね。  これからも山元町の語り部大使として、そして東北生まれの東北loverとして、東北でいっぱい思い出を作りたいと思います!悲しい過去の思いが楽しい記憶で埋め尽くされるまで。    ずーっと!    

      15
      1
      テーマ:
  • 08 Mar
    • 俺カレーライブに行ってきた!

      俺カレーライブ@青山Bar noi急遽予定が合ってハーモニカ奏者の平松さんと行ってきました。まずは東京カリ~番長の作ったひよこ豆カレーを味わう。市販のルウを使わないカレーはスパイスの味がダイレクトに感じられて好き。もちろんドロドロに煮込んだカレーも好きだけどみんなカレーのスペシャリスト!この日のゲストはSAX奏者菅野浩さん。ゲストが、ライブでカレーを作るというイベント!うーむ、なんとも斬新!しかも楽しい。この日のゲストカレーは「酒呑みの酒呑みによる酒呑みのためのカレー」しじみにターメリック(うこん)、ネギに大きな海老がゴロゴロ入ってます。途中、ハーモニカも吹いてくれました。流石ミュージシャン!何種ものカレーを食べられるこのイベントカレー好きのあなたにおすすめです。子供を連れてファミリーで来る方もいて日曜日の昼間をゆっくり過ごせます。目の前で作ってくれるから、レシピやコツも一目瞭然だしわからないことは質問出来るしスパイスの匂いをダイレクトに嗅いで臨場感バッチリいつか出たい!絶対に出たい!

      13
      テーマ:
  • 06 Mar
    • 『5th Memorial of 3.11』@三軒茶屋GrapefruitMoon

      三軒茶屋GrapefruitMoonにパワーが溢れました。『5th Memorial of 3.11』ゲストの庄野真代さん岩手から、和奏~わかな~宮城から、幹~miki~福島から、ハヤミイワオさんそしてゲスト、叶ありさ。東北からのお客さんや東北出身のお客さんも多くいらしてそれぞれに、辛いけれどあの日を振り返ってもう一度想いを確かめ合いました。辛い、本当に、辛い。あそこにいなかった私でも、こんなに辛い。あそこにいた人たちの辛さは、計り知れないんだ・・・。だから私は、私だからこそ出来ることを探す。必ず、あるはずなんだ。私にだから、できること。後ろを振り返るんじゃなくて前を向くために忘れないためにもう一度あの日を皆で振り返りました。最後はみんなで『花は咲く』とにかくここに皆で集まることが出来たこと心から幸せに感じましたこのイベントのお話は前々からいただいていたのに出られるのが決まったのが直前でピアニスト佐藤達哉さんには本当に迷惑をかけてしまいすみませんでした!!!aikoのバンドでもピアノを弾いている佐藤さん。急なお願いで、しかもぶっつけ本番で私の作った曲を弾いてもらうという…聴いたこともないというのに、私の息にピッタリ合わせて弾いてくれました。さすがです!そして持っているキャンドルはともしびキャンドルプロジェクトのもの。可愛いキャンドルでした。佐藤さんとコンバースお揃いだったんだ~私が語り部大使をつとめる宮城県山元町で出逢った仲間たちも駆けつけてくれました!色んなご縁あって、今日がある。なんでもない毎日に、ありがとうと思うことから何かが始まるのかもしれないね。幹ちゃんにも会えてうれしかった。サーカスが女川に歌いに行ったときにトークで「Mr.サマータイム」はたまに「Mr.サンマタイム」に変わるんですよって女川はさんまが沢山獲れるから父が言ったのだけどなんとその日が一年で一番のさんまの収穫量を記録したそうです!そんなエピソードも「忘れないうちに~!」って幹ちゃんがちゃんと報告してくれました。幹ちゃんありがとうそんな幹ちゃんは女川を題材にした「サンマとカタール」という映画の主題歌を歌うことになりました。これ、私絶対に見に行きます!5/7から有楽町で見られます。東北の人たちの熱さが見られるよ。山形の生まれのありさでした。

      15
      2
      テーマ:
  • 05 Mar
    • たまにはシンプルな料理を。

      久々の料理。『ピーマンと竹輪のそうめんチャンプルー』ピーマンは種も食べられると知ってから種ごと痛めちゃう。だって、種には栄養がたっぷり入ってるんだもんね。使ったそうめんは長崎、島原の平たく太い手延べ麺。歯応えがあって、まるでパスタのようで美味しかった! チャンプルーは油が大切。茹でたそうめんには少量でも油を絡めてから炒めるとくっつかなくて済む。味付けは、塩と黒コショウに白だし少々。隠し味に泡盛を。こういうのは、シンプルなのが美味しいね

      10
      テーマ:
  • 04 Mar
    • 新CDレコーディング①日目

      レコーディング初日、無事に終了!いや~皆さんプロですね。心地いい音に包まれながらの録音。まだ詳細は伝えられませんが…早くみんなに聴いてもらいたい!ウズウズ。じゃなくて、父ちゃんは鼻ムズムズ。発売は5月末予定。その名も『POP STEP BOSSA』!春夏に聴くにピッタリな1枚。なんと私が作った曲も入るんですよ…ここからは、怒濤のレコーディング期間に入ります!今の全てを吹き込めるように。ジャケット撮影の衣装も探そう楽しみしかないぞ。うひひ。

      14
      テーマ:
  • 03 Mar
    • Manhattan slim × 佐山こうた LIVE@Circus

      サーカス4人。それぞれソロの活動もしている。吉村勇一。私と同期のサーカス新メンバーだ。ソロ名義は…Manhattan  slim!!!!!slimじゃねぇぇぇぇ!…百人いたら、96人はそう突っ込むんですよ。でもね、歌声を聞くとね、なんか頷いちゃうこの名前。一曲コラボさせてもらったよ。なんだか喋りすぎちゃったなぁ…。下北沢circusにみんな集合!佐山こうた(写真右)のピアノ、好きだな~。音符が遊んで踊ってるの。ソロで弾いてた自由を願った曲も、この時代の様々な事件を考えて目頭熱くなった。ギタリスト磯貝一樹くんも飛び入り!彼が1音弾いたら、会場みんなが耳を傾けてた。音が生きてたなぁ。ピアニスト加畑嶺くんも遊びに来て勢揃いで楽しかった。ゆうくんのソロ、私にないグルーヴ、格好良いんだなぁ~。マイケル・ジャクソンを歌うManhattan slimが好きそしてこの日はうるう日だから「うるうびーグルーヴィー」という何ともユーモア溢れる(親父ぎゃぐ?)イベント名で2/29、ニ ニクの日ということでこの日限定の2種類のお肉プレートが絶品でした!ステーキとハンバーグが一緒に食べられちゃう夢のプレートですよ!ハンバーグが、めちゃうまかった~。あんなにジューシィーなハンバーグが作れるようになったら嫁に行けると思う。

      9
      テーマ:

プロフィール

叶 ありさ

お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
2013年「CIRCUS」のメンバーとなり歌手デビュー。 ソロでも活動しています。 父・...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。