anpan 小2の娘が、

たった5分間で、

11回も「ムカつく」と口にする。

近頃、4才の娘までが使い始めました。


「ムカつく」


「軽い抗議」から「許し難い怒り」まで、

この4文字はとても使い勝手がいいようです。

しかし、言われる側の立場や気分、感情によっては、そのすべてを「許し難い怒り」だと受け取られかねない危険さを、はらんでいるように思えてなりません。


「妹や弟がクッキーひとつ取ったぐらいで『ムカつく』っていうな!今日からウチでは、『ムカつく』は禁止。その代わりに『堪忍袋のおがただいさく』にしろっ。」

「はっ?」

「いいからそうしろ。」


『堪忍袋のおがただいさく』

そう言ってる間に怒りがおさまります。

ピリピリしていた空気が妙に和みます。


そんなわけで、

横暴とか言われながらも「父の権限」というヤツで、

我が家は、

『堪忍袋のおがただいさく』キャンペーン実施中!

来月は強化月間です(^_^)v パン衛門

AD