世界をまたにかけるオンナ

テーマ:

minori


「ねえねえ、とーさんとーさん」


「なんだよ?」


「みてみて、『せかいをまたにかけるおんな☆』」


「おっ、いーねえ。ひゅうひゅう・・・じゃなくてさ、そういうこといったいどこでおぼえてくんだよ?」


「うさぎぐみ」


「・・・・・。」 パン衛門

AD
松竹
魚影の群れ

『鬼龍院花子の生涯』

がやはり代表作と呼ばれるのだろうな。

でも、こっちの彼女の方が好きなんだ。

たたずまいがキレイなんだ。

どんなラブシーンよりドキドキしちゃった「ふともも」も忘れられないしさ。


でも、もっと好きなのは、

「東芝日曜劇場」で、

伊東四郎扮するタクシードライバーに諭される、

当たり屋(所ジョージ)の、ちょっと足りない恋人を演じた、

「夏目雅子」

あの笑顔は「人」にはムリだよ。


天使はいつか妖精になった。

そうしてあんなにも早く天に召されていったんだ。 パン衛門

AD

あかん、また人生誤ってしまいそうや。

テーマ:
ハピネット・ピクチャーズ
パッチギ ! スタンダード・エディション

ようやく、

やっとやっと、


『パッチギ』


をDVDで観ました☆

日本映画です。

めっちゃおもろかった☆☆


『鎌田行進曲』

以来かな、こんなにおもろかったんわ☆

いい映画です☆☆


「沢尻エリカ」演じる「イ・キョンジャ」

か、か、かわいい。

「アホ」って言われてみたい・・・(-_-;)


erika


あかん、おっちゃんまた人生誤ってしまいそうや・・・。 パン衛門

AD

じょでぃ・ふぉすたー

テーマ:
ワーナー・ホーム・ビデオ
マーベリック

「ダウンタウン物語」

「タクシードライバー」

「羊たちの沈黙」

・・・・・エトセトラ。


ふしぎな存在感がいつも気になって、

ついつい出演作を観てしまう。


なのに、なんだか納得してなくて、

妙な気まずさだけを心に残すアクトレス。


「マーベリック」

初めて見た屈託のない笑顔。

僕はずーっと何十年も、

彼女のこの笑顔が見たかったんだと思う。


「王様と私」も、

ステキでしたよ、ジョディ。 パン衛門

コメディエンヌ。

テーマ:
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ハウスシッター~結婚願望~

「ゴールディ・ホーン」好きは、『プライベート・ベンジャミン』でまんまとハマって以来☆ちょっぴりエッチっぽいブロンドさんは、典型的なアメリカ人好みらしくてさ。だけど、「ファラ・フォーセット」とか全然願い下げだった僕が、この人のキュートな笑顔にだけはKOされたのでした☆『ファースト・ワイフ・クラブ』、『永遠に美しく』、『バード・オン・ワイアー』、『幸せの向こう側』、『潮風のいたずら』、『続・激突』etc、いろいろある中で、この作品だけつい何度も観てしまう余韻があります☆空いた時間、おもいっきり笑い転げて、ちょっとだけ暖かくなりたい、そんな秋の夜長におすすめですよ。もちろん、ふたりっきりで♪ パン衛門

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
俺たちは天使じゃない(字幕)

ごめんなさい。

今日は写真がありません。

だってDVDが出てないんだもん。

知って驚きました。こんなに楽しい作品なのに。

DVD化されたらどなたか一番に教えて下さい。


子持ちの娼婦を演じる「デミ・ムーア」が、

どんな「デミ・ムーア」より

ずっとずっとキレイで、

ずっとずっとキュートで、

ずっとずっと素敵だから、

男なら仕事も家庭もぜーんぶ放り出して、愛を誓っちゃうくらいなのさ☆


作品の方は、「デ・ニーロ」は手堅く巧く、「ショーン・ペン」もはまり役できっちり楽しめます。

テーマは思いっきりアメリカ人好みだけどね。


それにしても、

このころまさか「ショーン・ペン」が、

こんなにビッグネームになるなんて思ってもなかったなあ。 パン衛門

そろそろ夜風が秋の気配だからさ。

テーマ:
メディアファクトリー
ギター弾きの恋

口の利けない女の子の役を演じる「サマンサ・モートン」がとってもキュート♪魅力を際だたせる衣装も楽しめます。

ストーリーは、観ているうちに「フェリーニ」の『道』を思い出しそうな雰囲気かもしれないな。

ジャズファンも音楽ファンも映画ファンも、

み~んな納得の仕上がりが、かなりオススメな作品です。☆☆☆☆☆サントラ欲しくなってきちゃった(^^;) パン衛門

タクシードライバー5様。

テーマ:
ビクターエンタテインメント
ナイト・オン・ザ・プラネット

 いろんな「ウィノナ・ライダー」を観ましたが、ここでの彼女が一等お気に入りです。イメージの裏切られ方が痛快で、思わずツボにはまります。

 ていうか、5つの短編すべてが、映画好きの心をくすぐる妙味満載で、あとをひくニンマリな味わいが印象的な作品というべきかな。

 あ、そうそう、サウンドトラックは「トム・ウェイツ」なんですよ♪

 

週末の夜、誰にも教えたくないようなお洒落でステキな店を一軒見つけたような気分に、ちょっぴり浸れます。 パン衛門

ジュリア

テーマ:
Twentieth Century Fox
Julia / Movie

愛らしい「ジェーン・フォンダ」が印象的な映画でしたが、実は共演の「ヴァネッサ・レッドグレイヴ」の大ファンです☆やさしい物静かな横顔に、時として気高さすら感じる、凛とした気品。こんな大人の女性になら跪いてもいい、と思ったなあ。「メリル・ストリープ」もチョイ役で出てます。 パン衛門