捨て子②

candle2005


働き始めてまだ間もない頃


決まって公休の前の晩に寄っていた居酒屋の


9才年上の店長と妙にウマが合い親しくなった


「このあと予定がなきゃ一杯つきあえよ」


「いいけど奥さん待ってんじゃないの?」


「チビ連れて友達と泊まりでディズニーランド行ったから

どうせ今夜はチョンガーさ」


彼の車に乗るとその曲が流れてた


「へえ こういうの聴くんだ?」


「俺捨て子だったんだ

切なくなるから最初イヤだったんだけど

なんだか励まされるようで時々聴きたくなる」


♪ひとから涙をもらうこともなく

 ケンカの痛さも知らないまま

 恋の辛さも知らないうちに

 君はただ捨てられた


 父はしくじったと思ったのだろう

 母はともかく産んでみたんだ

 君の意志とは関わりなく

 女は母にならずに女を選んだ


 いつか君も自分を知るだろう

 でもなぜ生まれたかなんて考えるな

 君はひとりでやってきたんだ

 僕らの知らないところからね


「だからさ

同じところで育った女房と俺は

娘が生まれたとき

血のつながった肉親を持ったことに

えらく感激した

おまえにはわからんだろうがな


そうそう

年が明けたらもう一人家族が増えるんだ」


そう言った彼は


その年の暮れ


仕事帰りに居眠り運転であっけなく逝った


僕は神を信じなくなった



生まれてきた彼似の女の子と上の子を施設に預けて働き始めた彼の奥さんは


10ヶ月後


子供たちとの面会の日に待ち合わせていたいつもの場所に姿をあらわさなかった


僕は施設の人間に彼女の所在を問われ


さんざんののしられたあげく


身内ではないという理由で子供たちとは会わせてもらえなかった


翌月も翌々月も彼女は現れなかった


子供たちが別の施設に移ることを知らされた


新しい施設でもまた


同じ理由で子供たちに会うことはできなかったが


誕生日のプレゼントと


クリスマスプレゼントだけは手渡してもらえたらしく


つたない文字で綴られた礼状が届くようになった



上の子が中学生になった年の秋


「いつもありがとうございます


でももうこれでおしまいにして下さい


贈り物が届くたび


考えても仕方のないことを考えてしまうし


思い出せるはずのないことを思い出そうとしてしまいます


あなたが死んだお父さんのたった一人の友達だったことは知っています


お母さんといっしょに連れていってくれた動物園で


まるでお父さんのように肩車をしてくれたことも覚えています


あなたが新しいお父さんになってくれるといいのにねと


よく妹と話したりもしました


いつかあなたが二人を迎えに来てくれると思っていた頃もありました


すいません


勝手ばかりで


近々妹はやさしいご夫婦のところへ養女に行くことになりました


私もあと2年ちょっとでここを出て働けるようになります


もう大丈夫です


長い間本当にありがとうございました」


そんな気持ちに思い至らなかった自分を恥じた


一方的な親切の押し売りを悔やんだ


自分の心の中に


他人を憐れんでいい気になっている


そんな傲慢さがあったことに


今さらながら腹が立った



酷いことをしてすまなかった




あの子達もこの星のどこかでもう母親になっているだろう


二人とその家族に幸あらんことを




見ず知らずのあの若者に

あんなにムキになったのには

少しだけ・・・訳がある


ぱん衛門

AD

捨て子

Image0371.jpg


若者がやってきた


履歴書を持って


「あのぉ パン屋になりたいんスけど」


「悪いね

うちを選んでくれたのはとてもうれしいんだけど

今のところ募集の予定はないし

見てのとおり人を雇うほどの余裕もまだないから

申し訳ないが他を当たって下さい」


「自分 捨て子なんスよ

だから人間関係うまくなくて

それじゃあ腕に職をつければって

カノジョが言うもんだから」


「あのね

訊いてもいない事情を

初対面の人間に

そんな風に話すのは感心しないな

君の境遇を哀れんで

同情して

そういうことなら明日からでもおいで

とでも言ってもらえると思っているところがあるのなら

そんなに世間は甘くないことを知った方がいい


君は立派に大人だ

見たところ十分に人としての魅力もありそうだし


たしかにこれまでそうやって生きてきたのかもしれない

最初にそう相手に告げることで

いろいろよくしてくれた大人がいたのかもしれない

すぐに仲良くなってくれた先輩や

友達になってくれた同級生がいたのかもしれない

優しくしてくれる女の子がいたのかもしれない


でももうよせ

同情で始まった人間関係が長く続くとは思えないし

第一、対等な間柄じゃない


そういう身の上話は

親しくなった友達に問われてサラッと告げればいいことだよ


またさ

なにかあれば寄ってくれていいし

訊きたいことがあれば電話してください」


「そうスか どーも」


踵を返すと

そのままドアを開け

通りに沿ってまっすぐに

一度も振り返ることなく去っていった


もう二度とここにあらわれることはないんだろうな

そう思った


本当はドキドキしていた


すっかり同情していた


彼の思うつぼだった


彼と話している間ずっと


頭の中にいつか聴いたメロディーが流れていた


♪ひとりで歩けるようになってくれ

 自分で立てるようになってくれ

 君は闇を通り抜けてきた

 さあ新しい世界が待ってるから


Goodluck, young gentleman.



AD

炊きたてを・・

Image043.jpg
炊きたてのカスタードクリームをひとさじ味見する

「うん」

と黙って頷く

冬の寒い間も決まって汗をかきながら

仕事の終わりにカスタードクリームを炊く

たしかに地味な作業です

でもね

明朝のパンの焼き上がりを思い浮かべながら

最後のひと混ぜを見極める

そんなこともまた

楽しかったり

好きだったりいたします☆
AD