パンダの音楽

静岡在住のセレクタ兼チャーターです。

独自ヒットチャートの公開、お気に入り楽曲の紹介等を致します。

@TOWER

oricon Billboard
Neowing $パンダの音楽-Tsutaya Online


テーマ:

 

Despacito Despacito
 
Amazon

 

rank/title/artist/maker

1/(-)/Despacito/Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber/(Universal Music Latino/Raymond Braun/SchoolBoy/Def Jam/UMLE/Republic)

2/(-)/I'm The One/DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne/(We The Best/Def Jam/Epic)

3/(-)/That's What I Like/Bruno Mars/(Atlantic)

4/(↑)/Believer/Imagine Dragons/(KIDinaKORNER/Interscope)

5/(↑)/There's Nothing Holdin' Me Back/Shawn Mendes/(Island/Republic)

6/(↓)/Stay/Zedd & Alessia Cara/(Interscope)

7/(↓)/Shape Of You/Ed Sheeran/(Atlantic)

8/(-)/Wild Thoughts/DJ Khaled feat. Rihanna & Bryson Tiller/(Westbury Road/We The Best/Epic)

9/(-)/Now Or Never/Halsey/(Astralwerks/Capitol)

10/(↑)/Attention/Charlie Puth/(OTTO/Atlantic)

11/(↓)/Something Just Like This/The Chainsmokers & Coldplay/(Disruptor/Columbia)

12/(↓)/Body Like A Back Road/Sam Hunt/(MCA Nashville/Capitol)

13/(-)/Issues/Julia Michaels/(Republic)

14/(-)/It Ain't Me/Kygo x Selena Gomez/(Ultra/Ultra/RCA/Interscope)

15/(-)/Castle On The Hill/Ed Sheeran/(Atlantic)

16/(↑)/Congratulations/Post Malone feat. Quavo/(Republic)

17/(↑)/Slow Hands/Niall Horan/(Neon Haze/Capitol)

18/(NEW!)/Unforgettable/French Montana feat. Swae Lee/(Ear Drumner/Coke Boys/Bad Boy/Interscope/Epic)

19/(再)/Redbone/Childish Gambino/(mcDJ/Glassnote)

20/(↓)/Humble./Kendrick Lamar/(Top Dawg/Aftermath/Interscope)

 

<20位以下圏外行き>

21/(↓)/Bad Liar/Selena Gomez/(Interscope)

29/(↓)/Say You Won't Let Go/James Arthur/(Columbia)

 

7月第4週の洋楽シングルランキングのレヴューになります。

先週に引き続き、Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieberの「Despacito」がV5達成です。今週もセールス・オンエアともに1位にランキングしており、安泰首位が保たれました。2位のDJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayneの「I'm The One」、3位のBruno Marsの「That's What I Like」はともに先週よりキープ。4位にImagine Dragonsの「Believer」が先週5位から1ランクアップ、5位にShawn Mendesの「There's Nothing Holdin' Me Back」が先週7位から2ランクアップで首位陣入り。先週4位だったZedd & Alessia Caraの「Stay」は6位へ2ランクダウンしました。Shawn Mendesの「There's Nothing Holdin' Me Back」は先週TOP10入りしたばかりのスピード出世で、オンエア主導のヒットではあるが、今週になってセールスチャートでTOP10入りした事がランクアップに起因しています。

TOP10ラインで1組入れ代わりあり!!。先週10位だったThe Chainsmokers & Coldplayの「Something Just Like This」が11位へ1ランクダウン。代わって、Charlie Puthの「Attention」が先週12位から10位へ2ランクアップ、バランス巧妙によるTOP10入りです。当チャートではオンエア主導のヒットと見ていましたが、先週はセールス・オンエアともに15位、今週はセールス・オンエアともに13位にランキングしていて、セールスとオンエア両チャートで同様にコツコツとランクアップを続けているあたりに力強い足取りを感じます。

TOP20ラインでは2組入れ代わりあり!!!!。圏外行きはSelena Gomezの「Bad Liar」とJames Arthurの「Say You Won't Let Go」。Selena Gomezの「Bad Liar」は先週20位から21位へ1ランクダウン、4週連続TOP20入り、最高位16位を記録しました。James Arthurの「Say You Won't Let Go」は先週16位から29位へ13ランクダウン、「オンエアチャートから姿を消してしまったための」急降下です。10週連続TOP10入り、17週連続TOP20入り、最高位6位を記録し、今年の春から初夏にかけての代表的なヒット曲となりました、お疲れさまでした。代わりに入ってきたのは、French Montana feat. Swae Leeの「Unforgettable」とChildish Gambinoの「Redbone」。Childish Gambinoの「Redbone」は先週21位から19位へ2ランクアップでTOP20内返り咲きです。French Montana feat. Swae Leeの「Unforgettable」はセールスチャートでは既に7週間ほどTOP20入りを続けていて、今週はセールス・ランキングで9位まで上昇、当チャートでもようやく上位進出となりました。黒人の民族的音楽をメインに耳障りの良いRapストリーミングなんだけれど、ミュージックビデオを観てみると、やや「グロい」世界観にヤラれる…ここ最近だとKodak Blackの「Tunnel Vision」に近いものを感じました。

続きまして、蒸し暑くて寝苦しくて、うぅん…夜更かししちゃうんだよなぁ…って、今週もやりますよ!、各チャートのTOP5のサマリー。セールスでは1位=Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber/「Despacito」、2位=DJ Khaled feat. Rihanna & Bryson Tiller/「Wild Thoughts」、3位=DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne/「I'm The One」、4位=Bruno Mars/「That's What I Like」、5位=Ed Sheeran/「Shape Of You」。オンエアでは1位=Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber/「Despacito」、2位=Zedd & Alessia Cara/「Stay」、3位=DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne/「I'm The One」、4位=Halsey/「Now Or Never」、5位=Shawn Mendesの「There's Nothing Holdin' Me Back」となりました。オンエアチャートのTOP5は先週と同じ顔ぶれ+同じ並びです。今年の夏ノリにノッテいるDJ Khaledは今週セールスチャートで2位「Wild Thoughts」と3位「I'm The One」で上位を賑わしています。当チャートでは「Wild Thoughts」はまだ8位と甘んじていますが、…Rihannaの滑らかな歌いっぷりが効いているのだろうか、このクールで耳障りの良い「人さらいのような」ストリーミングは首位を脅かしそうです。。。

それでは今週はこの辺で失礼します。今回も当ブログへのコメントや「いいね!」、読者登録などお待ちしておりますo(^-^)o。

 

Grateful Grateful
 
Amazon

 

 

Attention Attention
 
Amazon

 

JUNGLE RULES JUNGLE RULES
 
Amazon

 

Awaken, My Love! Awaken, My Love!
 
Amazon

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

Despacito Despacito
 
Amazon

 

rank/title/artist/maker

1/(-)/Despacito/Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber/(Universal Music Latino/Raymond Braun/SchoolBoy/Def Jam/UMLE/Republic)

2/(-)/I'm The One/DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne/(We The Best/Def Jam/Epic)

3/(-)/That's What I Like/Bruno Mars/(Atlantic)

4/(-)/Stay/Zedd & Alessia Cara/(Interscope)

5/(↑)/Believer/Imagine Dragons/(KIDinaKORNER/Interscope)

6/(↓)/Shape Of You/Ed Sheeran/(Atlantic)

7/(↑)/There's Nothing Holdin' Me Back/Shawn Mendes/(Island/Republic)

8/(↑)/Wild Thoughts/DJ Khaled feat. Rihanna & Bryson Tiller/(Westbury Road/We The Best/Epic)

9/(↑)/Now Or Never/Halsey/(Astralwerks/Capitol)

10/(↓)/Something Just Like This/The Chainsmokers & Coldplay/(Disruptor/Columbia)

11/(↑)/Body Like A Back Road/Sam Hunt/(MCA Nashville/Capitol)

12/(NEW!)/Attention/Charlie Puth/(OTTO/Atlantic)

13/(↓)/Issues/Julia Michaels/(Republic)

14/(↓)/It Ain't Me/Kygo x Selena Gomez/(Ultra/Ultra/RCA/Interscope)

15/(-)/Castle On The Hill/Ed Sheeran/(Atlantic)

16/(↓)/Say You Won't Let Go/James Arthur/(Columbia)

17/(↓)/Humble./Kendrick Lamar/(Top Dawg/Aftermath/Interscope)

18/(-)/Congratulations/Post Malone feat. Quavo/(Republic)

19/(↓)/Slow Hands/Niall Horan/(Neon Haze/Capitol)

20/(↓)/Bad Liar/Selena Gomez/(Interscope)

 

<20位以下圏外行き>

21/(↓)/Redbone/Childish Gambino/(mcDJ/Glassnote)

 

7月第3週の洋楽シングルランキングのレヴューになります。

先週に引き続き、Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieberの「Despacito」がV4達成です。今週、ようやくセールス・オンエアともに1位にランキングし、久しぶりの安泰首位です。2位のDJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayneの「I'm The One」、3位のBruno Marsの「That's What I Like」、4位のZedd & Alessia Caraの「Stay」はともに先週よりキープ。5位にImagine Dragonsの「Believer」が先週7位から2ランクアップで首位陣入り初。先週5位だったEd Sheeranの「Shape Of You」は6位へ1ランクダウンしました。

TOP10ラインで1組入れ代わりあり!!。先週8位だったJulia Michaelsの「Issues」が13位へ5ランクダウン!。代わって、Shawn Mendesの「There's Nothing Holdin' Me Back」が先週11位から7位へ4ランクアップ!、オンエア主導で当チャートではTOP20入りしてから7週めでのTOP10入りとなりました。

TOP20ラインでも1組入れ代わりあり!!。圏外行きはChildish Gambinoの「Redbone」で、先週20位から21位へ1ランクダウン、わずか2週のみTOP20入りとなりました。代わりに入ってきたのは、Charlie Puthの「Attention」。先週21位から9ランクアップで概ねオンエア主導のヒットですが、今週になってセールスチャートでも上昇しての急浮上、当チャートでは登場してから10週めでのTOP20入りとなりました。

続きまして、何だか最近メインで使用しているノートPCがすんごく調子が悪いんだよなぁ…買い替えるにも予算がないしイライラ。でもやります!、各チャートのTOP5のサマリー。セールスでは1位=Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber/「Despacito」、2位=DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne/「I'm The One」、3位=Bruno Mars/「That's What I Like」、4位=DJ Khaled feat. Rihanna & Bryson Tiller/「Wild Thoughts」、5位=Ed Sheeran/「Shape Of You」。オンエアでは1位=Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber/「Despacito」、2位=Zedd & Alessia Cara/「Stay」、3位=DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne/「I'm The One」、4位=Halsey/「Now Or Never」、5位=Shawn Mendesの「There's Nothing Holdin' Me Back」となりました。

それでは今週はこの辺で失礼します。今回も当ブログへのコメントや「いいね!」、読者登録などお待ちしておりますo(^-^)o。

 

Grateful Grateful
 
Amazon

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

 

rank/song/musician/maker/point
1/不協和音/欅坂46/ソニー/188727
2/インフルエンサー/乃木坂46/ソニー/180743
3/恋/星野 源/ビクター/145231
4/I'll be there/嵐/ジェイ・ストーム/142520
5/願いごとの持ち腐れ/AKB48/キング/142326
6/ヒカリノアトリエ/Mr.Children/トイズファクトリー/141301
7/なぐりガキBEAT/関ジャニ∞/ジェイ・ストーム/129612
8/HAPPY/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE/リズム・ゾーン/127288
9/OVER THE TOP/Hey!Say!JUMP/ジェイ・ストーム/125149
10/バグっていいじゃん/HKT48/ユニヴァーサル/124639
11/EMMA/NEWS/ジャニーズ/120520
12/INTER/Kis-My-Ft2/エイヴェックス/120139
13/背中越しのチャンス/亀と山P/ジャニーズ/113614
14/シュートサイン/AKB48/キング/112176
15/血、汗、涙/防弾少年団/ユニヴァーサル/111819
16/ROCK THA TOWN/Sexy Zone/ポニーキャニオン/110349
17/僕以外の誰か/NMB48/Laugh Out Loud/104595
18/TOKYO GIRL/Perfume/ユニヴァーサル/102489
19/EXCITE/三浦大知/エイヴェックス/97870
20/青春時計/NGT48/アリオラ/95406
21/PICK IT UP/Kis-My-Ft2/エイヴェックス/95065
22/Reboot!!!/A.B.C-Z/ポニーキャニオン/92098
23/超ネバギバDANCE/超特急/スターダスト/91060
24/流動体について/小沢健二/ユニヴァーサル/90912
25/声明/B'z/ヴァーミリオン/89615
26/サイハテアイニ/RADWIMPS/ユニヴァーサル/87591
27/二人セゾン/欅坂46/ソニー/86116
28/Lightning/THE RAMPAGE from EXILE TRIBE/リズム・ゾーン/85782
29/COLORS/V6/エイヴェックス/82329
30/CHARM/WANIMA/ワーナー/80826
31/おーさか☆愛・EYE・哀/ジャニーズWEST/ジャニーズ/80115
32/MY SWAGGER/GOT7/EPIC/79242
33/一滴の影響/UVERworld/ソニー/78352
34/道しるべ/舞祭組/エイヴェックス/76089
35/渡月橋 ?君 想ふ?/倉木麻衣/ノーザン/73234
36/Just You and I/安室奈美恵/エイヴェックス/73040
37/Can't Get Enough/ハナヒラケ/V6/エイヴェックス/69340
38/BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー/モーニング娘。'17/ゼティマ/69028
39/モノクロ/カラフル/Flower/SMA/67852
40/心/コブクロ/ワーナー/67659
41/THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER EVERMORE/城ヶ崎美嘉,神崎蘭子,前川みく,二宮飛鳥,一ノ瀬志希/コロムビア/67017
42/MAGIC/AAA/エイヴェックス/66762
43/To Tomorrow/℃?ute/アップフロントワークス/66612
44/THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 09/島村卯月,小日向美穂,五十嵐響子/コロムビア/65982
45/声/グリーンボーイズ/EPIC/65628
46/Dirty Work/Austin Mahone/ユニヴァーサル/64793
47/Destiny/シェネル/ユニヴァーサル/62500
48/ピースサイン/米津玄師/ソニー/61853
49/男の絶唱/氷川きよし/コロムビア/61037
50/太陽も月も/GENERATIONS from EXILE TRIBE/リズム・ゾーン/58821
51/パッ/西野カナ/SME/58448
52/HAPPY PARTY TRAIN/Aqours/ランティス/57508
53/証?soul mate?/風男塾/テイチク/56446
54/Treasure☆/島村卯月,渋谷凛,本田未央,城ヶ崎美嘉,多田李衣菜/コロムビア/56348
55/サイレントマジョリティー/欅坂46/ソニー/56122
56/トニカクHEY/Da-iCE/ユニヴァーサル/55774
57/MOVIE ?JPN ver.?/BTOB/KISS Entertainment/55734
58/THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS VIEWING REVOLUTION/島村卯月,渋谷凛,本田未央,赤城みりあ,安部菜々/コロムビア/54854
59/サヨナラの意味/乃木坂46/ソニー/54544
60/SUPER FLY/EXILE THE SECOND/リズム・ゾーン/54331
61/Catch the Moment/LiSA/アニプレックス/52863
62/初恋サンライズ/Just Try!/うるわしのカメリア/つばきファクトリー/アップフロントワークス/52343
63/THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 08 BEYOND THE STARLIGHT/城ヶ崎莉嘉,緒方智絵里,北条加蓮,川島瑞樹,大槻唯/コロムビア/52124
64/見たこともない景色/菅田将暉/EPIC/52065
65/MOON JELLYFISH/Flower/SMA/51226
66/OH BOY/スダンナユズユリー/リズム・ゾーン/49240
67/Shape Of You/Ed Sheeran/ワーナー/47441
68/orion/米津玄師/ソニー/46555
69/Oh yeah!!/SNUPER/キッス/46182
70/仮面大陸?ペルソニア?/ISUMI?四季彩の街で?/仮面女子/デストロイ/46132
71/ようこそジャパリパークへ/どうぶつビスケッツ×PPP/ビクター/45887
72/テルネロファイター/M!LK/スターダスト/43759
73/キラッ!満開スマイル/島村卯月,小日向美穂,佐久間まゆ,櫻井桃華,双葉杏/コロムビア/42834
74/SIGNAL/TWICE/ワーナー/42520
75/疾走ペンデュラム/M!LK/スターダスト/41714
76/HERO ?Japanese ver.?/MONSTA X/ユニヴァーサル/41605
77/adrenaline!!!/TrySail/アニプレックス/40474
78/UPDATE/MAG!C☆PRINCE/ユニヴァーサル/40220
79/THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 046?048 乙倉悠貴・松永涼・依田芳乃/乙倉悠貴/松永涼/依田芳乃/コロムビア/39342
80/やってみよう/WANIMA/Pizza Of Death/39165
81/FRONTIERS/THE RAMPAGE from EXILE TRIBE/リズム・ゾーン/38621
82/ノンフィクション/平井 堅/アリオラ/38041
83/愛さえあればなんにもいらない/アンジュルム/アップフロントワークス/37520
84/あいたい/林部智史/エイヴェックス/37123
85/REWIND/Happiness/リズム・ゾーン/36507
86/夕月おけさ/天童よしみ/テイチク/35993
87/ヒトリセカイ×ヒトリズム/10-FEET/ユニヴァーサル/34355
88/Beauty & The Beast/Ariana Grane、John Legend/WALT DISNEY/33965
89/I need your love/Beverly/エイヴェックス/33863
90/はやく逢いたい/Dream Ami/リズム・ゾーン/33509
91/Dead End in Tokyo/MAN WITH A MISSION/ソニー/33499
92/CQCQ/神様、僕は気づいてしまった/ワーナー/33396
93/Synchronized ?シンクロ?/フェアリーズ/エイヴェックス/32903
94/あんきら!?狂騒曲/双葉杏,諸星きらり/コロムビア/32253
95/僕の心をつくってよ/平井 堅/アリオラ/32088
96/世界には愛しかない/欅坂46/ソニー/31654
97/世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)/SMAP/ビクター/31166
98/God's S.T.A.R./QUARTET NIGHT/キング/30482
99/地団駄ダンス/Juice=Juice/アップフロントワークス/29972
100/リボン/BUMP OF CHICKEN/トイズファクトリー/29952
101/What Do You Mean?/Justin Bieber/ユニヴァーサル/29877
102/プロミスザスター/BiSH/エイヴェックス/29379
103/DO PARTY/DOBERMAN INFINITY/トイズファクトリー/29121
104/ラストコール/flumpool/A-Sketch/29060
105/We Don't Need To Talk Anymore/w?inds./ポニーキャニオン/28784
106/THE IDOLM@STER SideM 「Beyond The Dream」/various artists/コロムビア/28431
107/アンチクロックワイズ/After the Rain/NBCユニヴァーサル/27831
108/TWICE(TT)/TWICE/ワーナー/27697
109/命にふさわしい/amazarashi/SMA/26973
110/エチュードは1曲だけ/渋谷凛,上条春菜,神谷奈緒,神崎蘭子,三船美優/コロムビア/26768
111/ID(アイディー)/UP10TION/キッス/26419
112/Good Boy Bad Girl/ピーナッツバタージェリーラブ/カントリー・ガールズ/アップフロントワークス/26144
113/君の名は。 English edition/RADWIMPS/ユニヴァーサル/26056
114/晴れた日に、空を見上げて/林部智史/エイヴェックス/26036
115/NOROSHI/関ジャニ∞/ジェイ・ストーム/25637
116/だから、ひとりじゃない/Little Glee Monster/ソニー/25103
117/硝子の瞳/シド/キューン/24527
118/目抜き通り/椎名林檎とトータス松本/ユニヴァーサル/24506
119/ひらり/大原櫻子/ビクター/23964
120/コワレヤスキ/Guilty Kiss/ランティス/23367
121/ヒトリゴト/ClariS/SACRA MUSIC/23281
122/フジヤマディスコ/SILENT SIREN/ユニヴァーサル/23018
123/鯖街道/岩佐美咲/徳間ジャパン/22548
124/トーキョーフィーバー/Lead/ポニーキャニオン/22242
125/Something Just Like This/The Chainsmokers & Coldplay/ソニー/21363
126/この闇を照らす光のむこうに/Anly+スキマスイッチ=/ソニー/21238
127/ユメひとつ/刀剣男士 team新撰組 with蜂須賀虎徹/PRIME CAST/21188
128/解読不能/After the Rain/NBCユニヴァーサル/20432
129/YAKIMOCHI/バンドじゃないもん!/ポニーキャニオン/20411
130/愛でしばりたい/純烈/クラウン/20269
131/すぺしゃるでい/ばってん少女隊/ビクター/20165
132/Good Life/G-Eazy & Kehlani/ワーナー/20098
133/前前前世/RADWIMPS/ユニヴァーサル/19872
134/母ちゃんの浜唄/福田こうへい/キング/19816
135/近未来ハッピーエンド/CYaRon!/ランティス/19752
136/どこまでも ~How Far I'll Go~/加藤ミリヤ/ソニー/19684
137/SNOW SOUND/今まで君が泣いた分取り戻そう/[Alexandros]/ユニヴァーサル/19583
138/月枕/竹島 宏/テイチク/19394
139/KEEP GOING ON!/福山 潤/ポニーキャニオン/19393
140/THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 10 Jet to the Future/多田李衣菜,木村夏樹/コロムビア/18937
141/あんさんぶるスターズ! ユニットソングCD 第2弾 vol.10 Trickstar/Trickstar(氷鷹北斗,明星スバル,衣更真緒,遊木真)/フロンティアワークス/18796
142/不滅のインフェルノ/HE★VENS/キング/18482
143/龍虎宴/湘南乃風/トイズファクトリー/18445
144/最高かよ/HKT48/ユニヴァーサル/18428
145/L.O.V.E./Naughtyboys/ユニヴァーサル/18351
146/Stay/Zedd & Alessia Cara/ユニヴァーサル/18196
147/出会いあいして/MYNAME/ユニヴァーサル/17999
148/Give Me Love/Hey!Say!JUMP/ジェイ・ストーム/17815
149/ロードムービー/高橋 優/ワーナー/17443
150/あんさんぶるスターズ! ユニットソングCD 第2弾 vol.09 fine/fine(天祥院英智,日々樹渉,伏見弓弦,姫宮桃李)/フロンティアワークス/17248
 
今年は上半期のランキング公開が大変遅くなってしまいました。申し訳ございません。以降、精進します。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

Despacito Despacito
 
Amazon

 

rank/title/artist/maker

1/(-)/Despacito/Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber/(Universal Music Latino/Raymond Braun/SchoolBoy/Def Jam/UMLE/Republic)

2/(-)/I'm The One/DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne/(We The Best/Def Jam/Epic)

3/(-)/That's What I Like/Bruno Mars/(Atlantic)

4/(-)/Stay/Zedd & Alessia Cara/(Interscope)

5/(-)/Shape Of You/Ed Sheeran/(Atlantic)

6/(-)/Something Just Like This/The Chainsmokers & Coldplay/(Disruptor/Columbia)

7/(↑)/Believer/Imagine Dragons/(KIDinaKORNER/Interscope)

8/(↓)/Issues/Julia Michaels/(Republic)

9/(↑)/Wild Thoughts/DJ Khaled feat. Rihanna & Bryson Tiller/(Westbury Road/We The Best/Epic)

10/(↑)/Now Or Never/Halsey/(Astralwerks/Capitol)

11/(↑)/There's Nothing Holdin' Me Back/Shawn Mendes/(Island/Republic)

12/(↓)/It Ain't Me/Kygo x Selena Gomez/(Ultra/Ultra/RCA/Interscope)

13/(↓)/Say You Won't Let Go/James Arthur/(Columbia)

14/(↑)/Body Like A Back Road/Sam Hunt/(MCA Nashville/Capitol)

15/(↑)/Castle On The Hill/Ed Sheeran/(Atlantic)

16/(↓)/Humble./Kendrick Lamar/(Top Dawg/Aftermath/Interscope)

17/(再)/Slow Hands/Niall Horan/(Neon Haze/Capitol)

18/(-)/Congratulations/Post Malone feat. Quavo/(Republic)

19/(↓)/Bad Liar/Selena Gomez/(Interscope)

20/(-)/Redbone/Childish Gambino/(mcDJ/Glassnote)

 

<20位以下圏外行き>

22/(↓)/Malibu/Miley Cyrus/(RCA)

 

7月第2週の洋楽シングルランキングのレヴューになります。

先週に引き続き、Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieberの「Despacito」がV3達成です。今週も先週と同様、セールスで1位、オンエアで2位にランキングと、バランス首位です。2位のDJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayneの「I'm The One」、3位のBruno Marsの「That's What I Like」、4位のZedd & Alessia Caraの「Stay」、5位のEd Sheeranの「Shape Of You」、さらには6位のThe Chainsmokers & Coldplayの「Something Just Like This」とTOP6は全て先週よりキープでした。

TOP10ラインで2組入れ代わりあり!!!!。先週9位だったKygo x Selena Gomezの「It Ain't Me」が12位へ3ランクダウン、先週10位だったJames Arthurの「Say You Won't Let Go」が13位へこちらも3ランクダウンしました。代わって、DJ Khaled feat. Rihanna & Bryson Tillerの「Wild Thoughts」が先週11位から9位で2ランクアップ、先週TOP20内初登場して早くもTOP10入りしました!。もう1組、Halseyの「Now Or Never」が先週12位から10位へ2ランクアップ、オンエア主導のヒットでTOP20入りしてから8週めでTOP10入りとなりました。

TOP20ラインでは1組入れ代わりあり!!。圏外行きはMiley Cyrusの「Malibu」。先週19位から22位へ3ランクダウン、6週連続TOP20入りし、最高位13位を記録しました。代わりに入ってきたのは、Niall Horanの「Slow Hands」で先週21位から17位へ4ランクアップでTOP20内返り咲きをしました。オンエア主導のヒットの状態が続き、バランス巧妙が効いた印象はあります。

続きまして、…梅雨時も末期だが、蒸し暑い日が続きますね…いやいや、やります!、各チャートのTOP5のサマリー。セールスでは1位=Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber/「Despacito」、2位=DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne/「I'm The One」、3位=DJ Khaled feat. Rihanna & Bryson Tiller/「Wild Thoughts」、4位=Bruno Mars/「That's What I Like」、5位=Ed Sheeran/「Shape Of You」。オンエアでは1位=Zedd & Alessia Cara/「Stay」、2位=Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber/「Despacito」、3位=DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne/「I'm The One」、4位=Halsey/「Now Or Never」、5位=Julia Michaels/「Issues」となりました。

それでは今週はこの辺で失礼します。今回も当ブログへのコメントや「いいね!」、読者登録などお待ちしておりますo(^-^)o。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日に引き続き、2017年6月11日(日)に行われたさわやかウォーキングに参加したことの記事です。可睡ゆりの園での記事の途中でしたが、上の画は五色のユリの花の階段です。

ユリの花畑を抜け、出口付近にはゆり苗の直売場もありました。

まだ花を付けない青々とした苗がたくさん鉢植えに納められていて、これはこれで放って置いておけば良い花畑になりそう。

そして…食べちゃったんだな、「ゆり根の天ぷら」。園内を歩きがてら、何度か看板を見かけて、気になってしまったんだよね。ユリは球根の植物で、鱗茎と呼ばれる球根の部分を食用とされるのはオニユリ、ヤマユリ、カノコユリなど、品種が限られるのだそうです。

ジャーン!、ウォーキングの途中だというのに、いただきます!。ジャガイモに似た食感で、少し塩をかけて、ホクホク美味しくいただきました。炭水化物の摂取になってしまったわけで、さぁ、ウォーキングの後半、頑張らないと!。

ゆり根の天ぷらを食した食事処の画。ビールやアイスクリームが販売されていて、バスでいらした観光客も多く、陽気なオヂサンたちでてんやわんや。

ゆり園を後にする。園内に40分くらい居たのだが、ウォーキングで急ぐこともなければ、もっとゆっくり鑑賞していたかった。なお、可睡ゆりの園のホームページはこちら→可睡ゆりの園。今年の開園期間は5月27日(土)~7月2日(日)、残念ながらこの記事を載せるには間に合わなかった!。

↑↑↑上の画は可睡ゆりの園のパンフレット。中は「ゆり小図鑑」が掲載されていて、48種類の花が掲載。これだけで目の保養である。

2016年のフォトコンテスト入賞作品が紹介されていて、こちらの画が「大賞」に輝いた写真。豊橋市の岡 博之さんが撮影されたもので、作品名は「夏空に輝く」。実に見事なショットです。

こちらの画は「大賞」の次点になる「推薦」に選ばれた、遠州森町の丸山俊治さんが撮影されたもので、作品名は「しっとり清楚に輝く」。私の好きな白いユリで、「これだけ上手に撮れれば自分に惚れるんだろうなぁ」…って、憧れてしまう。なお、「大賞」に選ばれると賞金30万円!、「推薦」に選ばれると賞金10万円が授与されるそうです。

可睡斎の石垣に掲げられていたゆり膳の看板。ゆり根のつくだ煮、ゆり根のジェラートなど、どんな味がするか興味津々。可睡斎には2名以上であれば一泊¥8,000くらいで泊まることができて、諸堂拝観やこの精進料理もいただけることができるのであれば、宿泊体験するのも乙なものかもしれない。

その後、だだっ広い田園地帯を歩き進む。

田園というか、ススキや葦などが生い茂る草むらである。見えてきたのは久野城址(くのじょうし)。

ウォーキングコースの立ち寄りスポットではないが、せっかくなので立入ってみる。お城の由縁は…?

================================

座王城、鷲之巣城とも呼ばれ、駿河今川氏の明応年間(1492~1501)に行われた遠江侵攻に際して家臣=久野宗隆(くのむねたか)により築城されたと伝えられています。歴代城主は久野宗隆-元宗(もとむね)-宗能(むねよし)-松下之綱(まつしたゆきつな)-重綱(しげつな)-久野宗能-宗成(むねなり)-北条氏重(ほうじょううじしげ)と続き 正保元年(1644)には廃城となりました。城址は、舌状に張り出した丘陵の先端を利用して築かれ、堀跡、曲輪、空堀、土塁などが残り、戦国時代の平山城の様子をよく今に伝えています。

================================

…云々。

「夏草や 兵どもが 夢のあと」(なつくさや つわものどもが ゆめのあと)、芭蕉が「奥の細道」で詠んだ名句だが、似たような心境を感じる。

草むらの中を気持ちだけ草を刈ったような歩道があるくらいで、まだまだ観光地化されていないところでした。

袋井市村松、油山寺に続く道路に出て南下する。実はこの辺りが、私の従妹の家の近所で、ウォーキングコースが家の目の前を通ることもあり、無視することもできず、叔父と叔母に挨拶をしに立ち寄りました。

東名高速道路をくぐり、国道1号線に出る途中の風景。この赤い橋の辺りが周りの田んぼよりも少し小高くなっていて、「ふくろい遠州の花火大会」を良い眺めで観賞することができます。この辺りで座り込んで花火を楽しんだことがあったなぁ…。

「久津部」(くつべ)交差点で国道1号線(袋井バイパス)を地下道を進み、ほどなくして右折、県道253号線(掛川袋井線)に出る。これが旧東海道です。

車の行き来が多い通りだが、よく保全された松並木があり、弥次さん喜多さんが旅をした江戸時代の風景を彷彿とさせる。

私の地元である藤枝にも、旧東海道でこういった松並木があるが、東海道沿い各地で観光名所となっているところがあります。ウォーキングで歩いた思い出があるのは舞阪宿の700mの松並木でしたね…、関連記事はこちら→さわやかウォーキング@舞阪(2016/06/18)

可睡ゆりの園から約3.8km、スズキ化石資料館に到着。

袋井市在住の館主=鈴木政春さんが約30年かけてコレクションした、地元で採取された化石の資料館です。

学生時代に海洋地質学(浮遊プランクトン=有孔虫)を少しかじった身として、興味深い。膨大なコレクションで、学術的にも貴重な化石が多く展示されていました。

袋井界隈で化石が最も多く採取されるのは、掛川層群=新生代鮮新世(約500万年~200万年前)の地層で、砂層と泥層が規則正しく重なり合う互層が発達しているのが特徴です。

何と館長自らが化石コレクションについて解説。ホームページがありました、リンクはこちら→スズキ化石資料館。関連するブログも掲載されていて、なんと!、このウォーキングの翌日(6月12日(月))に静岡朝日テレビの「とびっきり!しずおか」で、可睡斎でお会いした広瀬麻知子アナが取材で訪れていたのを知りました、記事のリンクはこちら→Hamazo(はまぞう)

スズキ化石資料館から400mほど南西に進み、新屋の秋葉山常夜灯の前に着く。木造屋形で、作者は不明ながら見事な彫り物が施されていて、保存状態の大変良い常夜灯です。江戸時代は秋葉信仰が盛んとなり、東海道を行き来する旅人のよい目印となったことでしょう。

袋井市役所の手前にて。袋井の街は袋井宿だった頃=江戸時代の東海道を観光資源として振興しているのです。

新屋の秋葉山常夜灯から約300mで「東海道どまん中茶屋」に到着。以前のブログでも記したが、東海道五十三次のうち袋井宿は27番めの宿場となるため「どまん中」と言っている。

お茶のサービス、ありがたや。途中、従妹の家で麦茶をいただいたものの、やはり喉が渇くわけで、美味しくいただきました。

初代広重が描いた「袋井出茶屋之図」をモチーフに建てられた茶屋です。袋井宿の東の入口に位置し、誰でも気楽に立ち寄ることができる憩いの場なのでした。

こちらは「東海道五十三次どまん中袋井宿」のパンフレット。中に袋井宿にある史跡などについての解説をコンパクトにまとめて掲載されていて、袋井市内の歴史探訪の参考になる良い資料です。

その後、東海道どまん中茶屋から約300m進み、袋井宿東本陣跡に到着。

袋井宿には東本陣、中本陣、西本陣と三軒の本陣が置かれていて、この東本陣は「壱番御本陣」とも呼ばれていました。

平成3年度に行われた発掘調査では、本陣絵図に記されたもっとも東側の建物が発見されたほか、火災の跡も確認され、何度も建て直し復興したことが判ったそうです。

東本陣跡の道路を隔てたすぐ隣にあるのが袋井宿場公園。園内で木工品など、親しみの枠工芸品の販売や製作体験コーナーなどがありました。

公園の奥では「ふくろい宿deマルシェ」という小さなイベントも開催されていました。ガーデニングの雑貨、花のワークショップなどが何軒か立ち並び、花が好きな方にはウレシイ催し物なのでした。

ワッフルや唐揚げなど軽食を売るワゴン車が並ぶ中、ふと気になった「おへそベーグル」。"どまん中ふくろい"をイメージして作られているそうで、地元で採れる野菜や果物を使い、地産地消を推し進めていました。買って食さなかったのだけれど、ベーグル屋を営んでいる従妹に後々尋問されてしまいました(;'∀')…。「ふくろい宿deマルシェ」に関する記事がありました、リンクはこちら→まんなかマルシェ。袋井宿場公園に関するホームページはこちら→袋井宿場公園。この記事でこれまで載せてきたイベントの開催、および、袋井市内の名所の観光案内を推し進めている袋井市観光協会のホームページはこちら→袋井市観光協会

マルシェ会場を後にして、再び原野谷川を渡る。ゴールはもうすぐ。晴れることはなかったけれど、天気が崩れることもなく、暑くなりすぎず、歩くにはまぁまぁの天候でした。

袋井宿場公園から約700m、袋井駅に到着。

ゴール受付は駅構内にあるが、その前に袋井市観光案内所に寄ってみる。

ウォーキング当日の6日後にはラグビーワールドカップの予選、アイルランド戦がエコパで行われることもあり、盛り上がっていました。

観光案内所の入口前には袋井市内のお茶屋さんが出店していました。ちゃっかり、冷たくて美味しい試飲の緑茶をいただいたくせに、お店の名前を忘れちゃった…大変失礼!(;^_^A。。

さて、やっとこさ、ゴール!!。約11km、お疲れ様でした。

↑↑↑上の画は袋井駅前の「おみやげお食事処マップ」。これだけ袋井の従妹の家に足繫く通ってるわりには、袋井の街中で食事をするのはあまりない。さらに、袋井を代表するB級グルメ「たまごふわふわ」…B級グルメグランプリとか、県内のイベントには時々行くことはあれど、ちゃんと面と向かって食したことがなく、「たまごふわふわ」を提供しているお店に行くことにしました。

そして、着いたのが「山梨屋」さん。

カウンターの席に座ったんだけれど、「たまごふわふわ」アピールのうちわのようなオブジェがありました。「当たり🎯」だね!。

画がブレて大変見づらいのだけれど、なんと!、福山雅治さんも訪れていて、地元では有名なお店のようでした。

お店の大将。忙しいのにやさしく接していただき、目の前で見ていて、丁寧なお仕事をされていました。奥さんと2人でお店を仲睦まじく切り盛りしているようで、何だか「理想のカタチ」でした。

ジャーン!!、"たまごふわふわ"とお寿司のセット!。毎度のことながら、見事に「カロリー還元」です。

お寿司は小ぶりだけど、シャリがしっかりして適度な固さで、食べやすかったです。ネタも新鮮でしたよ。

おぉぅ、これが"たまごふわふわ"か…。てんこ盛り、ふわふわの泡がいっぱい。"たまごふわふわ"の定義は、熱した出汁に、よく泡立てた卵を一気に流し入れ、蓋をして蒸らしたもの。いたってシンプルで質素な食べ物だけれど、フワフワとした泡の味を決める出汁を作るのには、かなりの経験というか熟練の技が必要な印象もあります。また、江戸時代の頃は卵は貴重品で、将軍家や豪商などしか食さない高級料理なのでした。食べログのウェブサイトがありました、リンクはこちら→山梨屋。たまごふわふわに関連するホームページはこちら→たまごふわふわ

さてと、食後、まったりと美味しい食事にありつけた余韻に浸りながら、袋井の駅に向かいました。

じゃぁね、バイバイ!、袋井の街。

↑↑↑ウォーキングの記事から逸れるが、上の画が「ふくろい遠州の花火」のチラシ。静岡県内最大級の花火大会で、今年の開催は「山の日」旧盆期の3連休に行われます。まだ観に行くかどうか決めていないけれど、原野谷川河川敷で花火の連発する大迫力を味わってみたいところです。花火大会の公式ホームページはこちら→ふくろい遠州の花火

今回のウォーキングでは参加記念バッジとか特にお土産もなく、メインとなる思い出はキレイな百合の花々の観賞と、"ゆり根の天ぷら"、"たまごふわふわ"と、地元の名物料理にありつけたことでした。自分としては久しぶりに食べ物ネタでしめてしまいましたね。以上、記事終わり。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年6月11日(日)、前日の菊川に続き、袋井市で行われたさわやかウォーキングに参加したことを記事にします。袋井には父方の従妹の家があり、子供の頃から通い慣れている土地柄。以前、法多山を舞台にしたさわやかウォーキングには参加しましたが、袋井の市街地を舞台にしたウォーキングに参加するのは初めてでした。

改札口を出てすぐに「ふじっぴー」の垂れ幕。2019年に行われるラグビーワールドカップで、エコパ(小笠原総合運動公園)が試合の開催地になることのPRです。

スタート受付は駅構内の北口の近くにて。今回もオレンジのジャンバーを着たお兄さん、お姉さん、お疲れ様です!。

袋井駅構内の画。子ども心に思い出すのは、袋井駅は永らく田舎町らしく、こじんまりとした木造の駅舎が印象的だったのだけれど、2014年に南北自由通路が完成し、何とも都会的な姿に変わりました。

袋井駅北口に下りたときの画。南北自由通路は「どまん中通り」、駅北口は「秋葉口」、南口は「駿遠口」と名づけられたのでした。

今回のウォーキングのコース図はこんな感じ↑↑↑↑↑。順路:袋井駅(=スタート)→観福寺→SBSマイホームセンター袋井展示場→可睡斎→可睡ゆりの園→旧東海道松並木→スズキ化石資料館(遊亀庵)→新屋の秋葉山常夜灯→東海道どまん中茶屋→袋井宿東本陣跡+袋井宿場公園→袋井駅(=ゴール)。コース距離=約11km、所要時間=約3時間。コース名目は「火の神様可睡斎と可睡ゆりの園めぐり」です。

袋井駅の構内で可睡ゆりの園の割引入園券を購入。大人¥1,000→¥500!。今回のウォーキングのメイン会場であり、もちろん、入場するつもりだったので、迷わず購入。

前日の菊川の日照りと違って、当日は梅雨時らしい、スッキリしない曇り空。朝のうちは、この時期にしては涼しい天候でした。

袋井駅前の目抜き通り:県道275号線(袋井停車場線)を北上し、静橋手前にて。袋井駅とこの橋までの間は、行きと帰りでコースが重複します。

原野谷川を渡る画。太田川水系で二級河川です。今年は春に晴天が多く雨が少なくて、梅雨入りしたとはいえ河原が多い状態です。

静橋には3体の野外彫刻が置かれていて、その1つがこちらの照姫椿(てるひめつばき)の像。"照姫椿"って…?、

================================

昔々、都の中納言藤原宗茂の娘に、照姫という美しいお姫様がありました。患う目が治ると信じて、はるばる油山寺にお参りすると、すっかり良くなりました。その恩返しにと、尼となってお寺に暮らし、やがて若くして亡くなりました。都にいた妹の露姫は、姉の照姫をたずねて油山寺を訪れましたが、既に姉が亡くなったことを知り、悲しみに暮れていました。するとその晩、照姫が夢に現れ告げました。「後の世までも恩返しのつもりで、私の魂をお薬師堂の椿に宿します・・・」。露姫は夢さめて、お告げのとおり、そこへ行ってみますと、椿の花びらが、いとおしむようにひとひらひとひらずつ散っておりました。

================================

…云々、初めて訊く…、袋井に伝わる照姫椿の物語。油山寺が「目の神様」と言われているのも頷ける内容の伝説です。袋井市は「彫刻のあるまちづくり」を進めていて、こういった公共スペースに彫刻・モニュメントを設置して、"美しい景観を備えた潤いあるまちづくり"を目指しているのです。なお、袋井市のホームページはこちら→袋井市

袋井駅から約700m歩いて観福寺に到着。表札を見たところ、「觀福寺」が正しい表記です。延歴12年(793)天台法華宗の寺院として建立された"袋井"の地名発祥のお寺です(今は曹洞宗です)。

院内はスタート地点から近いこともあり、ウォーキング客でごった返し。ご本尊は聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)で、撮影はしなかったけれど、実際に間近で拝ませてもらうことができました。

観福寺を出てすぐに左折、沖之川沿いを南下し、またすぐに宇刈川沿いに出る。青々とした桜並木があり、春には花見どころとなる遊歩道であろう。

今回のウォーキングコースになっている、この川沿いの堤防の歩道は"宇刈川十橋"というウォーキングコースとして整備されていて、普段から袋井市民が行き来しています。

これが"宇刈川十橋コース"の案内図。対岸を含めてコースを1周すると5.5kmの距離になるそうです。今回のウォーキングではコースの片道を通るだけでしたが、それでも宇刈川沿いを少なくとも3kmは歩いたと思います。

国道1号線(袋井バイパス)をくぐったり、村合橋では車の多い通りを横切るためか、いったん川から100mほど西に離れた横断歩道まで行ったり来たりしましたが、ひたすら宇刈川沿いを北上。6月にして曇り空でさほど暑くもなく、なかなか良いウォーキングコースでした。関連するブログがありました、リンクはこちら→FUKUROI TIMES

東名高速道路の手前の画。宇刈川の両側には住宅街は続くものの、だんだん田んぼが広がり始め、のどかな田舎の風景になってきました。

東名高速道路宇刈橋をくぐる画。東京ICから218.1KP。

谷田川橋に出たところで右折、観福寺から約3.7km、SBSマイホームセンター袋井展示場に到着。家を買うつもりの人でなくてもトイレが使える休憩所。

13件のモデルハウスが建ち並び、目の保養。マイホームには予算もなければ夢もなし。せめて中古でもいいからマンションを買って、今住んでいる安アパートから脱却したいものだ。SBSマイホームセンターの公式ウェブサイトはこちら→SBSマイホームセンター

「可睡」バス停付近の交差点で左折、可睡斎の門前通りに入り、いよいよ今回のウォーキングコースのメインである可睡斎の寺院と可睡ゆりの園が近づいてきました。

門前にある名物の「ぼたん餅」のお店。ウォーキング前半にして、かなり強い誘惑。

ぼたん餅のイメージ。「ぼたん餅」がなまって「ぼた餅」になったのは、聞いたことがあるような話。

SBSマイホームセンター袋井展示場から900mほど歩いて、可睡斎の総門に到着。子どもの頃に従妹と一緒に訪れて以来かなぁ…、だいぶん久しぶりの入山です。

山門前の階段。既に5kmくらい歩いた足にこの段数はキツイ。

山門の画。昭和10年(1935)に当時の建築界の重鎮であった伊東忠太博士により設計されていたものの、完成に至らず、平成22年(2010)に落慶したものです。

山門をくぐり、本堂の手前に風鈴のトンネルが!。何とも涼しげ。

…だが、あまり風が吹かない日で、これだけ鈴があるのに奏ではなく、無音の閑古鳥状態。

風鈴たちの傍らにあったのは「おさすり大黒様」。「一さすりで"福"を招き 二さすりで"徳"を授かり 三さすりで"満足"を戴く」、もちろん、なでなでさせていただきました。

本堂ドドーン!。可睡斎は創建1401年(室町時代初期)、禅林600年の歴史と伝統を持つ曹洞宗屈指の名刹です。

火防(ひぶせ)の神様として知られているが、もとい「秋葉大権現」と言われる同じ静岡県で春野町(現:浜松市天竜区)にある秋葉山本宮秋葉神社から、1873年:明治時代の神仏分離運動によって、秋葉寺より「秋葉三尺坊大権現(あきはさんしゃくぼうだいごんげん)」が遷座されたのが「火防守護の総本山」のはじまりです。

↑↑↑上の画は可睡斎のパンフレット。表紙に掲げられる天狗は秋葉権現の眷属(けんぞく)と言われ、秋葉山は天狗信仰の山でもあります。画の左側にある烏蒭沙摩明王(うすさまみょうおう)は健康を守る神様。この日本一の烏蒭沙摩明王が祀られているため、日本一の大東司(だいとうす)=トイレがあるのです。なお、可睡斎のウェブサイトはこちら→可睡斎

↑↑↑これは「遠州三山風鈴まつり」のチラシ。遠州三山とは袋井市内の古刹「可睡斎」「法多山」「油山寺」のこと。上述した可睡斎山門の風鈴の飾りつけは、これに一連したものでした。もともと、寺院のお堂や塔の軒の四方に「風鐸」と呼ばれる邪気除けを吊るしていたのが風鈴の由来とも言われ、お寺で行うのは理にかなった話。本年7月1日(土)~8月31日(木)の間、行われているお祭りです。

「ついで」になってしまうが、上の画は法多山(はったさん)と油山寺(ゆさんじ)のパンフレット。これだけ袋井に足繁く訪れているものの、油山寺だけは訪れたことがない。さわやかウォーキングで行くことがあればいいが、眼鏡をかけている身で"目の霊山"、いくつかの重要文化財を納めており、いつかは訪れたい寺院です。なお、法多山を歩いた記事はこちら→さわやかウォーキング@法多山(2016/11/03)

本堂の奥にある御真殿へ向かう。神仏分離とはいえ、これは「神社」である。

御真殿の手前に二体の天狗の像があり、向かって右側はオーソドックスに天狗の像。

向かって左側は天狗烏のようで、上の画のパンフレットのモデルになっている。

ドドーン!、秋葉總本殿!。秋葉三尺坊大権現の御神躰が祀られています。

おやっ!?、どこかで見た顔…そぅ!、静岡朝日テレビのアナウンサー=広瀬麻知子さんです。私が好きでよく観ている静岡県のローカル深夜番組「ピエール瀧のしょんないTV」では天然ボケでいい味出しています。実は袋井駅を出た頃から、何やらTVカメラがあることは気づいていたのですが、まさかここで会うとは!。実物の広瀬アナはテレビで見るよりも美人で、「しょんないTV観てます!」って声かけたら、笑顔で手を振ってくれました。なお、「ピエール瀧のしょんないTV」のホームページはこちら→ピエール瀧のしょんないTV、しょんないネタを募集中!。

本堂前に戻り、中央に写るのは萬松閣。山号の「萬松山」にちなんだ名前だと思われる。奥に上述した東司(とうず)や、襖絵で有名な瑞龍閣など見どころがあり、500円で諸堂拝観することができます。

再び本堂の方を撮影する。中央の看板に目がいってしまうが、「ゆり膳」…精進料理です。¥1,500くらいするお膳で、ちょっとした贅沢になりますね。

寺の境内を通り抜けて、ゆり園に向かう所。可睡斎は東海道の禅の大道場でもあり、宿坊も併設されています。

青葉のもみじ。曇り空でも日射量は多い季節で、木漏れ日がまぶしい。

さぁ!、ようやく「可睡ゆりの園」に入ります。


開園は9:00で、当日入園したのは9:50分頃。ウォーキング客が押し寄せたせいもあるが、既に人出が多かったです。


早速、色とりどりのユリの花がお出迎え。3万坪の敷地に、世界150余りの品種のユリの競演が繰り広げられているのです。


淡い赤色のユリの花をアップで撮ってみる。場所にもよるが、ユリの花は見頃の一歩手前くらいで、つぼみの花も多かったです。


ゆりの園の中央に陣取る池。周りに茶室や食事処などがあって、広い敷地を歩く入園客の休憩所になっていました。


圧巻だったのは、この一面黄色の花畑!。菜の花畑のようだ…。黄色のユリの花こそ、それほど目にすることがないのだが、これだけ密集すると圧倒されるし、感動しました。


入園客のほとんどが、カメラをパシャパシャ。私も負けじと、いろいろなポイントから撮影しました。


フォトコンテストが開催されていて、プロ級のデカいカメラを持ち歩いている方を度々見かけて、気合の入れように感心させられました。

ふと過去を振り返り、おそらく小学生の頃に従妹と連れ立ってゆり園で写生大会に参加したことを思い出す。その時はこんなに広い黄色の花畑があったかどうか…、定かではなかった。何にしろ30年以上も前の記憶なのだから。


…ん?、何かいる!。


顔こそ花に隠れてうまく撮ることができなかったのだけれど、アナグマです!。タヌキとかハクビシンとか、見間違えている人も多かったのだけれど、藤枝の山の育ちの目に間違いがない!、確かに"ニホンアナグマ"です。そもそも夜行性の動物で、こんな陽のあるうちに、これだけ人が集まる場所に現れるなんて珍しいです。


…いやぁ、それにしても見事な黄色だ…。目の奥に深く焼き付く、思い出に残る光景となりました。


順路に従い、園内の山の縁のような尾根を歩く。


赤、白、黄色、ピンク、オレンジ…五色混色の花畑が続く。

淡いオレンジ色の花、可憐である。的確に品種を当てることは到底ムリな話だが、こんなオレンジ色のユリの花でオニユリは山の中で見かけたことがあります。


再び五色が混じる花畑。つぼみの花もちらほらあるけれど、鮮やかな色の競演は良い目の保養でした。

今度は一面白いユリの花たち。オーソドックスに、私はユリの花でいちばん好きな色は"白"です。


続きまして、オレンジ色のユリの花たち。同じオレンジ色でも濃い色や淡い色まで様々で色の変化に趣がある。

園内の西側の斜面に広がるのは、見事に5色の段で彩られた花畑!。上からオレンジ→白→ピンク→黄→赤、と、目を見開いてしまう光景。

似たようなアングルの画だが、ここでも何度もパシャパシャ撮影をしました。人気のあるスポットになっていて、写生をされてる方、記念撮影をされている方など、思い思いの観賞をする方々で混みあっていました。


園内のユリの花は無造作に植えられたわけでなく、花の色ごとにエリア分けしたり、こんなふうに5段の色分けした花畑もあるわけで、昔の花を植えた方々の叡智を感じます。


何回か花のアップをショットしたのだけれど、私のお気に入りの白いユリの花はこんな感じ。アップで撮ったのは他にもあったけれど、これがいちばん良かったかな…私のレベルはこんなもんです(;^_^A。

さて、何とも中途半端になってしまうが、ブログの文字数オーバーのため、今日の記事はここまで。明日に続きます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年6月10日(土)、菊川市で行われたさわやかウォーキングに参加したことを記事にします。今年の静岡県の梅雨入りは6月9日(金)、…にもかかわらず、当日は素晴らしい晴天!。朝から日差しが強く暑かったです。

菊川の駅は3ホームあって、駅の北側は出口がない造り。もう数えきれないくらいに東海道本線で菊川の駅を通過しているのに、降りるのは初めてです。

駅の出口のすぐそばでスタート受付。もう衣替えを済んだはずの6月なのに、駅長さん?はピシッとりりしく制服の状態、暑かったんだろうなぁ…。

今回お出迎えしてくれたのは、菊川市マスコットの「きくのん」。頭に湯呑み・おなかに急須をつけて「お茶処菊川」をPRしています。関連ホームページはこちら→きくのん

きくのん、接近の画。「大人の事情」だが、朝早くから暑かったこの日、本当にお疲れ様でございます。

菊川駅全貌の画。名門常葉菊川高校があったり、多くの企業の工場があったり、田舎町とたかをくくっていると、意外と乗降客が多い駅です。

「深蒸し茶発祥の地」…「深蒸し茶」とは"やぶきた茶"や"玉露"など茶葉の品種ではなく、茶の製造方法の一つ。通常の煎茶では 工程の蒸す時間が10秒~1分ぐらいの時間だが,これを1分~3分ぐらいの長い時間をかけて蒸すと,茶葉からのにじみ出る成分が多くなり,濃くまろやかな味わいとなります。

「おそらく」だけど、このオブジェは茶の実をかたどったもの。実際に茶畑に入って、茶の花や実を見たことがある人でないとピンとこないと思う。静岡県の深蒸し茶はTV番組などで「長寿に効果がある」と放映されて注目を集めたこともあったんです。

さて、今回のウォーキングのコース図はこんな感じ↑↑↑↑↑。菊川駅(=スタート)→JA遠州夢咲菊川支店→舟岡山公園→野添公園→西袋公園→大頭龍神社→尾花運動公園→富士山が見える茶園→菊川運動公園→菊川公園→菊川赤レンガ倉庫→菊川駅(=ゴール)。コース距離=約11km、所要時間=約3時間。コース名目は「新茶の薫る茶園と公園めぐり」です。

菊川駅を出て左折、駅前の通りを東方へ進む画。菊川駅を降りるのが初めてであれば、菊川の街を徒歩するのも初めてなのでした。

半済(はんせい)辺りの角で右折、県道ではないようだが「けやき通り」という、菊川市街を南北に真っ直ぐに貫く通りを南下する。

菊川駅から約1.2kmほど歩いてJA遠州夢咲菊川支店に到着。「夢咲(ゆめさき)」とはこの地域にある地名ではなく、JA統合などで新たに冠した名前のようです。この辺りで生産される「夢咲牛」は名の知れたブランド牛なのです。

お茶の販売所が隣接していて、店先でお茶の無料提供。ありがたや、早速深蒸し茶を味わうことができました。色が濃くて茶葉の粉が入っているのを見ると、味が渋いように思うが、意外にも味わいがスッキリとしていて飲みやすかったです。

JA遠州夢咲の建物を南側から撮った画、ばっちり「お茶の菊川」。ちなみに、JA遠州夢咲は旧;小笠郡が管轄で、菊川市全域(菊川町・小笠町)と掛川市の南部(大須賀町・大東町)、御前崎の西部(浜岡町)が対象領域です。本部は旧:小笠町にあり、菊川駅からは7.9km南、車で16分くらいのところにあります。JA遠州夢咲のホームページはこちら→JA遠州夢咲

けやき通りを右折、県道37号線(掛川浜岡線)に出て南西方向に進む。上の画はコース沿いにある菊川西中学校。野球の対抗試合が行われていて、活気というか若いエネルギーをいただきました。

その後、左折し東名高速道路をくぐります。

JA遠州夢咲菊川支店から約900m、舟岡山公園に到着、トイレ休憩所です。

芝生の緑が日光に映えて、よく整備されたキレイな公園。

手の込んだ作りのすべり台。閑静な住宅街の中にあってチビッ子に優しい公園でした。

舟岡山公園から500mほど南下して、野添公園。こちらもトイレ休憩所です。

住宅街の中にあり、ここもキレイに芝生が敷かれた、菊川市の整備公園。日光に映える緑は眩しいが、目に優しかったりもする。

住宅街を抜けて右折、県道79号線(吉田大東線)を西方向に進む。

野添公園から600mほど歩いて、西袋公園に到着。ここもトイレ休憩所。

またしてもキレイに芝生が敷かれた公園。「おそらく」だけど、菊川市は街の区画整理などの事業に伴い、整備公園の設置も積極的に行ったようです。

町の公園にあるある、足ツボ刺激するやつ。わざわざ靴を脱いでまで痛い思いをするのは厭だったので、パスしちゃいました。

県道79号線にある堂坂橋で、西方川を渡る。菊川の支流で小川のようだが一級河川です。

県道を逸れて小高い丘に登る。

今回のウォーキングコースにて初めての長く続く上り坂です。

西袋公園から約1.2kmで大頭龍(だいとうりゅう)神社に到着。珍しい青緑色の鳥居。これは文政7年(1824)に建立された青銅の鳥居で、菊川市の指定文化財です。

拝殿の手前にて。延歴11年(792)に創建されたと伝えられています。現在の拝殿は宝暦13年(1763)、本殿は文化11年(1814)に修復再建されたものだそうです。

拝殿ドドーン!。境内の敷地は意外に狭く、ウォーキング客がほとんどなのだろうが御朱印で待たれる方の行列ができて、少しごった返す状態でした。今回のウォーキングは公園めぐりと茶畑がメインで、唯一「ちゃんと」立ち寄った神社でした。

小高い丘を下り、大頭龍神社から約300mほどで、尾花運動公園に到着。立ち寄る各公園は、必ずトイレ休憩所なのです。

グランドゴルフ大会?を行う手前だったであろうか、お兄さん、お姉さんたちがルールの説明を受けていました。陽射しは強く暑かったけれど、風はあり爽やかでもあり、梅雨時にしてはスポーツ日和でした。

運動公園ともあれば、広大な芝生の敷地。これも菊川市が手掛けたもので、市民の健康育成に力を入れている行政であることがよくわかりました。

その後、工業地帯に入り、…うわぁ…長い坂道。菊川西方工業団地といい、菊川市において重要な産業地域です。

坂道を上がったり下りたり、川崎工業とかリヒトラブの倉庫とかある辺り。今回は11kmと中くらいの距離のウォーキングコースだが、アップダウンが多く、足に堪える。

工業地帯を抜けて茶畑エリアに入る手前。振り返るとなかなかいい眺め。上の画の左中央辺りが牧ノ原台地。これから歩くのは小笠原。

今度は茶畑の中を上がったり下りたり。やはり足に堪える。平坦な土地をやや早足で歩くのも有酸素運動として体には良いものだが、こういったアップダウンも「足腰を鍛える」と捉えれば、踏ん張り甲斐がある。

茶畑の中の農道を登りきったところで、ほっと一息、休憩地点。菊川で栽培されているお茶は、遠州の風と恵まれた太陽の光を浴びて、アミノ酸を多く含み茶肉が厚いのが特徴です。

軽トラ市で、やはり推しているのは深蒸し茶。新茶の時季で100gで600円は安い方だと思う。

JA遠州夢咲からおよそ5.5kmの距離、自前でペットボトルのお茶は持参していたものの水分を摂らずに歩き通したので、すっごくありがたかった!。茶娘さん、お疲れ様です。

このキレイなお姉さんの深蒸し菊川茶の画。菊川市出身の漫画家「小山ゆう」さんが描いたもので、市内でよく見かけました。小山ゆうさんはTVアニメ化された「おれは直角」「お~い!竜馬」、映画化された「あずみ」などを手掛けた著名な作家さんです。公式ウェブサイトはこちら→小山ゆう

良い天気だったが、雲がかかり遠方は霞んでいて、富士山ビューは期待できず。茶畑の中を分け入って眺めれば富士山を見ることができたかもしれないけれど、スルー、そのまま下山する。

東名高速道路の手前で、モニュメントのような建物。静浜パイプラインの「菊川バルブステーション」なるもので、おそらく水道施設です。

東名高速道路のわきの道を登り、またしても丘越え。手前に見える野球場は菊川運動公園、その向こうの平らな稜線はまたしても牧ノ原台地で、一面緑の目を休ませるヴュー。

今回のウォーキングのコースになっていて、先ほどの見晴らし台から下りてきた歩道は、菊川市が推進する健康づくりで整備されたもの。「きくのん」の案内だと、1,020m(15分)かかる「みはらしコース」で、60kcal(みかん1個分)のカロリー消費になるらしい。

尾花運動公園から丘を登ったり下りたり、約3.7kmで菊川運動公園に到着。

ここでも茶娘さんによるお茶の無料提供。あえて熱いお茶を提供してくれていて、深蒸し茶の薫りを堪能しました。

公園敷地内にある菊川球場は静岡県内で指折りのよく整備されたグラウンドで、静岡県の高校野球の県予選で度々使用されています。なお、菊川市による菊川運動公園のホームページはこちら→菊川運動公園

「さわやか菊川グラウンド」…!!??、多目的広場で、サッカーの試合が行われていました。静岡県外でも少しは名の知れる存在になってしまった、"げんこつハンバーグ"で静岡県民に親しまれている知る人ぞ知る「さわやか」。菊川にはその本店があり、この多目的広場のネーミングライツスポンサーなのでした。Facebookの記事がありました、リンクはこちら→菊川市役所。炭焼きさわやかのホームページはこちら→さわやか

広々としていて、子供向けに遊具も整備されていて、池のある芝生や植木が手入れされた庭もあり、家族連れでタダで遊ぶのにはうってつけの施設でした。

菊川運動公園を出てからは、しばらく田園地帯を歩く。上の画は道中で見かけたあやめ園。農家の方が敷地内に植えられたようで、まだ時季が早かったけれど、咲いている紫の花は緑の中で存在感があり、実に鮮やかでした。

菊川公園の手前で竹林の中を歩いている画。今回のウォーキングはずっと強い日差しの下を歩いていたわけで、少し光が射していたけれど、林の中をそよぐ風が涼しくて心地よかった。

菊川運動公園から約1.8km歩いて、菊川公園に到着。大小さまざまあったが、菊川市内の公園を6つ訪れたことになる。

おっ!、甘くて生で食べることができるトウモロコシ「甘々娘」の販売!。静岡県西部での栽培が盛んで、朝まだ日が昇らない前から摘んだ新鮮なものは絶品です。

菊川運動公園のことを思えば人気がなく、だいぶんひっそりした印象。この公園のある場所は通称「高田ヶ原」と呼ばれる小高い丘で、農学校・草競馬場・青年学校など時代とともに変遷し、現在は菊川公園として市民に親しまれています。

丘を下っているときの画。菊川市街を間近に眺め、晴れた穏やかな休日を象徴している。

「堀之内」交差点にて。菊川市内のメインロードとなる県道37号線と県道79号線が分岐する地点。近くに市役所もあり、やっと街中に戻ってきたわけです。

菊川公園から約600mほどで菊川赤レンガ倉庫に到着。ここでもJA遠州夢咲さんがお茶の販売と深蒸し茶の無料提供、ありがとうございました。

菊川にこういう史跡があるのは知らなかった…。明治時代後期に建てられたもので、平成26年4月に国の登録文化財として登録されました。

屋根は瓦でできていたけれど、緻密に、かつ、規則的に積み重なったレンガは、ずっしりと、歴史の深さを感じさせます。

違うアングルからの撮影。建設当時はお茶の再製工場が所有し、倉庫に加えてお茶の合組(ブレンド)もしていた建物で、菊川市の主要産業である茶産業が発展していった歴史を今に伝える歴史的建造物なのです。

倉庫の中の画。明治22年(1889)に東海道本線が開通し、菊川駅は開業当時は「堀之内停車場」と呼ばれていました。この駅の界隈の活況が、菊川の街の急速な発展をもたらしたのだそうです。

↑↑↑上の画は菊川赤レンガ倉庫のパンフレット。"お茶のまち菊川"の歴史について、簡潔でわかりやすい解説が記載されていて、大変ためになります。普段、何気に通り過ぎて気づかなかったのだけれど、現在のJR菊川駅のプラットホームの下段にあるレンガ積みは堀之内停車場当時からのものなのだそうです!。

さらに、「菊川まちいき」のパンフレット。この赤レンガ倉庫を管理運営しているNPO法人「菊川まちいき」の事業案内です。関連ホームページはこちら→菊川まちなかいきいき倶楽部

菊川駅へ向かう画。菊川駅南地域は約四半世紀にわたる土地区画整理事業が完了し、赤レンガ倉庫を核にして、歩行者用道路が整備されたのでした。

赤レンガ倉庫から約200mで菊川駅に到着。

はい、ゴール!。お疲れさまでした。

この日はどこか食べ歩くこともなく、これといったスイーツネタもなく、まっすぐ浜松へ帰ることにしました。駅のホームにあったのは、やはり小山ゆうさん作画の深蒸し菊川茶の看板。

それでは、さらば!、菊川の街。

今回のお土産、その①。菊川運動公園で無料でいただいた「深むしの菊川茶」。ここで初めて知りましたが、この茶娘さんは「お茶摘みちゃこちゃん」って名前でした。

今回のお土産、その②。赤レンガ倉庫の前でJA遠州夢咲さんから頂いた「遠州夢茶」のティーバッグ。とにかくお茶づくしでした。

↑↑↑上の画はウォーキングとは別の話題になるが、「2017きくがわおんぱく」のリーフレット。既に終了したイベントであるが、ちょうど特産のお茶のシーズンの時季で、街を挙げて菊川の魅力を伝える「地域体験プログラム」を集めていたのでした。プログラムに参加している茶夢来は菊川市内の若手茶農家が結集したユニットで、菊川で行われるイベントを盛り立てています。2017きくがわおんぱくのホームページはこちら→きくがわおんぱく。関連するブログ記事はこちら→さわやかウォーキング@磐田(2017/02/18)・他②

↑↑↑興味をそそられたのが、この「田んぼアート菊川」。TVでどこの田んぼか忘れたけれど、こういったアートは観たことがありました。…が、こんな身近な街で開催されていたとは…!。

リーフレットの裏面がこんな感じ↑。田植えから、アート鑑賞会、稲刈りまで体験することができ、お田植え祭は6月18日に行われていました。10回めを迎えたイベントで、今年は「天狗」、「きくのん」の他、「茶ラリーマン」という新たなキャラも描くのだそうです。

「茶ラリーマン」って、↑こんなのね。

さらに、菊川市の口コミの情報を集めたフリーマガジン、「だに・だら・ら」。少しは全国区で知られるようになった静岡弁「だに」「だら」「ら」は、東京弁でいう「…ですよね」「…だよね」「…でしょ」といったニュアンス。また、「だに」は主に遠州地方、「だら(づら)」は駿河地方で使われていて、遠州国ではあるが静岡と浜松のほぼ中間点にある菊川は両方を使っているようです。この冊子は「子育てサポーターぽれぽれ」という団体が発行していて、上述した「きくがわおんぱく」を主催しています。女性(ママ)の目線で、街中のショップやイベントを紹介していて、暮らしやすく住みやすい街をアピールしているのです。関連するホームページはこちら→子育てサポーターぽれぽれ

終わりに、ウォーキングの記事に戻ります。↑↑↑上の画は、さわやかウォーキングが開催されない7月と8月の間、JR東海が企画する夏休み向けのイベント、「夏休みの宿題2017」のリーフレット。NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のおかげで、JR東海エリアは東海道線だけでなく中央線まで巻き添えにして盛り上がっているのです。直虎、瀬名姫、寿桂尼にまつわる土地の駅にあるスタンプラリーをすることで、記念品とかもらえるようです。クリアな画像でスタンプ帳も付いたPDFのサイトがありました、リンクはこちら→さわやかウォーキング夏休みの宿題2017

さて、今回は深蒸し茶の試飲に堪能しつつ、緑あふれるコースをひた歩き、実にヘルシーなウォーキングでした。食べ物ネタもなく、いやぁ実にヘルシー!。以上、記事終わり。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の2017年5月27日(土)に富士市で行われたさわやかウォーキングに参加したことの記事の続きになります。「ふじさんめっせ」で行われた「富士のふもとの大博覧会2017」で、たらふくお腹を満たし、ウォーキング再開。「ふじさんめっせ」をバックにして富士山を撮影。昨日の記事に載せた「富士山夢の大橋」から眺めた時より雲が増えたような印象を持つ。

通りすがり見知らぬオヂサンが声をかけて教えてくれたのだが、こういったアングルで水たまりとセットにすると「逆さ富士」が写るそうで…何とも微妙な画になってしまった。

「柳島日東」交差点を右折し、県道174号線(富士停車場線)に入る。→下横割の歩道橋で左折、引き続き県道174号線で富士駅の南を西方に進む。→「水戸島上」交差点を右折。

「富士大橋」を上る。3階建てのビルくらいの階段で、食後にして良い運動。

JR東海道線をまたぐ。晴れ晴れと気持ちの良い富士山ビューが続く。

「ふじさんめっせ」から約3.6km歩いて、「富陽軒」に到着。地元では名の知れたお弁当屋さんです。

お弁当の販売の傍ら、お茶を無償で提供してくれました。3km余りをぶっ通しで歩いて、火照った体にありがたかったです。

富陽軒は1921(大正10)年の創業、96年の歴史があり、富士駅の駅弁で著名なのです。

ね、このトラックのロゴ。新幹線の利用客でも見たことが多いと思います。

お弁当の包み紙の数々。助六ずしとか、電車に乗りながら手で掴める軽い食事は旅情を引き立てますね。なお、富陽軒のホームページはこちら→富陽軒

細い路地に入り、第二六軒屋踏切を渡る。こちらはJR身延線です。富士駅から1K029M。

富陽軒から約400m、富士運輸区の敷地に入る。普段は関係者以外は立入ることができないところで、興味津々。

車輛置き場なのだが線路のすぐ近くを歩くわけで、なかなかない経験!。富士駅から西方1kmほどの場所で、同駅と構内側線で結ばれています。主に身延線に乗務する車掌・運転士が勤務しています。

JR東海道線を走る車輛の画。

「東田子の浦」行きだし、実際はあり得ない…。

こちらは特急「ふじかわ」の車輛。車輪も見える低い位置からの撮影はこういったイベントならではである。

…っていうか「三島」行きだし。身延線が通っていない駅をどう経由するのやら。

ここにきて、久しぶりに"さわちゃん"と"ぽぽちゃん"に会う。見学記念の撮影でミーハー心がくすぐられる。

リアルに鉄道施設で使われている"ちょう架線"、"トロリ線"、"ハンガイヤー"などが展示されていました。…ちょっと専門的な単語が続くが。

鉄道で使われている信号機。真近で見ると確かにデカい。

乗務員のカバンの重さ、約8kg。実際に持ち上げてみると、…うぅん、これを持ったまま駅の構内を行ったり来たりするのはしんどそう。

運転士が仮眠をするベッドに横たわる、疑似体験するコーナーがありました。リクライニングがあり、寝心地は上々と思われる。

乗務員の制服を試着することができるコーナーも!。この落ち着いた印象のベージュ色のブレザーは新幹線の乗務員用。確かによく見かけたことがあるある。

画では伝わりにくいが、この車輛を撮影することができるポイントには鉄ちゃんの集団ができていて、素人目でその情熱に圧倒される。自分の中では「ちょい乗り鉄」だと思っていたんだけれど、いやぁ認識の甘さを痛感する。

そんなこんな、富士運輸区を後にしました。珍しいものを見せていただき、ありがとうございました!。

富士運輸区から富士市内の市街地をくねくねと進み、約2.2kmほどを歩行、富士駅南口に到着。

はい、ゴール!。約14km踏破、お疲れさまでした。

富士駅の改札口の横に、こぢんまりと「鉄道のお仕事紹介」の展示場があり、入ってみる。

ここでは駅員が使用する信号旗や合図灯など、昔ながらの道具類が展示されていました。

アナログで懐かしい!、ペンチで切符をパッチンする体験をさせていただきました。

上の画はその時にいただいた記念切符になります。ちゃんとウォーキングで経由した地点が掲載されていて、思い出の品になります。

さらに上の画のようなペーパークラフトもいただきました。

組み立てると画のように「ふじかわ」っぽい特急「富士」が仕上がるのです。「富士」と言えば東京-大分と長距離を走るブルートレインを想像してしまうが…。

富士駅からは新富士駅に向かう。軟弱なことに、またしても富士駅から浜松へ鈍行で帰る気力もなく、新富士駅から新幹線で帰る。何とも浪費な一日であった。

今回のお土産。富士運輸区でいただいたウォーキング参加記念バッジ。JR東海30周年記念であり、今年だけのプレミアム。

「富士のふもとの大博覧会」会場でいただいた富士山の絵ハガキ。富士川の鉄橋を中央に配置し、見事な「逆さ富士」!。撮影者は田杉常雄さんという方で作品名は「冬の朝」。

上の画は「鉄道のお仕事紹介」展示場でいただいた新幹線など車輛の頭を型どったシール。「超電導リニアL0系」とは…近未来の鉄道に期待を馳せるが静岡県を通らないんだよなぁ…。

…そして…、買っちゃった!、食べ物系、「がんもいっち」。「富士のふもとの大博覧会」の屋内会場で出店していた、富士市「清水屋食品」さんで購入したもの。甘い味のがんもどきをパンとレタスではさんだサンドイッチで、ヘルシーな仕上がり。

普段食べなれている魚系のがんもどきと違って、甘味が強く、スイーツ状態でした。

そのサンドイッチの元祖となるのが上の画の「富士スイーツがんも」。

私は初めて目にしたのだけれど、老舗豆腐屋さんが100年以上作り続け、富士市で長く愛されてきたソウルフードなのでした。清水屋食品さんのホームページはこちら→清水屋食品、「富士がんもいっち」の公式サイトはこちら→富士がんもいっち

お土産ではないが、上の画は静岡県世界遺産センター整備課の発行紙、「World Heritage News Letter 世界遺産ニュースレター」。事業内容の紹介の他、"「富士山の日」フェスタ2017"など関連イベントの記事も掲載されたりしているのでした。静岡県の関連ホームページはこちら→静岡県世界遺産センター整備課。今年の12月、富士宮市に「富士山世界遺産センター」なるものが完成される予定なのです。

今回のさわやかウォーキングは未だかつてなく、「鉄ちゃん」要素の強い体験をすることができ、主に静岡県東部の観光とグルメに触れることもでき、充実した内容でした。富士山界隈の自治体の観光案内もつまびらかにしてしまったわけで、おかげさまで、またしても長々とした文章になってしまいました。お読みいただいた方、誠にありがとうございました。「田子の浦ゆ うち出でて見れば ま白にそ 不尽の高嶺に 雪は降りける」、詠み人は山部赤人、百人一首の中で私がいちばん好きな歌です。富士山の名勝地、同じ静岡県民として誇りに思います。以上、記事終わり。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年5月27日(土)に行われたさわやかウォーキングに参加したことを記事にします。今回の舞台は富士市です。4月、5月とウォーキングに最適な季節を出不精で過ごしてしまい、…2017年4月30日(日)の豊田町以来の参加となってしまいました。まぁ…、参加記念スタンプ稼ぎにガッツくこともなかろう…、負け惜しみだが。

上の画、身延線のホームで撮ったもの。実は…、このところ、在来線を鈍行で動く根気がなく、浜松から新幹線で静岡→静岡から富士まで「特急ふじかわ」、という浪費。なので冒頭の画はブログ用の体裁づくろいで撮影したものです((;^_^A)。

こちら、乗ってきた「特急ふじかわ」の画。身延山を舞台にしたさわやかウォーキングに参加して以来の乗車で、静岡-富士間だと、途中停車するのは清水だけで、何とも呆気ない…、っていうか、「特急ふじかわ」は富士から先の甲府方面へ向かう利用客がほとんどで、富士までの乗車だと進路方向とは逆向きでの移動で終わってしまうわけで、何とももったいない!。なお、豊田町でのウォーキングの記事はこちら→さわやかウォーキング@豊田町(2017/04/30)、身延町でのウォーキングの記事はこちら→さわやかウォーキング@身延山(2016/03/26)その①さわやかウォーキング@身延山(2016/03/26)その②

コース図はこんな感じ↑↑↑↑↑。富士駅(北口=スタート)→身延線廃線跡→米之宮公園→中央公園→新通町公園→ふじさんめっせ(富士のふもとの大博覧会会場)→富陽軒→富士運輸区→富士駅(南口)。コース距離=約14km、所要時間=約3時間30分、コース題目=「~ありがとうJR東海発足30周年記念~富士のふもとの大博覧会と鉄道のお仕事紹介」です。

改札口での画。富士の駅で降りるのは久しぶりだなぁ…。学生時代のサークル(吹奏楽団)がらみで、足がない状態でロゼシアター(富士市文化会館)へ向かった時に降り立ったような…、何にしろ、20年くらい前の記憶であり、甘酸っぱい思い出である。

はい、今回もオレンジのジャンパーを着たお兄さん、お姉さんたち。いつもありがとうございます。

富士駅北口の画。それぢゃ、行ってきます!。

富士駅北口のロータリーの画。人口24万余人にもなる特例市の割に、古びた駅舎と寂れた雑居ビル…。JR富士駅は市の中心街と離れ、工業地帯の中にあります。しかも、富士市は車社会の街、盛り上がりに欠けるのは致し方がないのかもしれない。

富士駅から東方向へ線路沿いに歩いて3分ほどにあるのが、曹洞宗 成安寺(しょうあんじ)。製紙工場の中に、インド風仏塔やギリシャ風の本堂、ヤシの木に囲まれた山門…と、何ともまぁ目をひく。立ち寄りどころではないのでパスしましたが、私の実家の檀家も曹洞宗だし、興味はそそられる。

富士駅から約600mほどで、身延線廃線跡に入る。昭和44年まで身延線が運行されていたところだそうで、今は遊歩道になっていました。

工場の敷地内を抜けるような歩道で、木々の緑はあれど、工場内の設備を間近に目にすることもある。工場内を行き来した鉄道の活気ある風景が想像されました。

富士駅から約1.8kmほど歩いて、米之宮公園に到着。「よねのみや」と読みます。

米之宮浅間神社に隣接する公園で、広々としてよく整備されています。米之宮浅間神社は653年以前の創建、富士山本宮浅間大社(富士宮)の摂社(本社の祭神と縁故の深い神を祀った神社)なのだそうです。関連ホームページはこちら→米之宮公園米之宮浅間神社(個人ブログです)。

米之宮公園からは富士市中心街まで青葉通りを歩きました。富士市内を東西に延びるメインロードです。夏山らしくなってきた富士山、やや曇りがちだけど気分の良い光景でした。

ロゼシアター=富士市文化会館前にて。富士ロゼシアターは静岡県内屈指の大規模なコンサートホールで、多くのイベントが行われています。上述した通り、度々吹奏楽コンクールの会場にもなるわけで、私にとっては"青春の地"なのです。関連ホームページはこちら→富士ロゼシアター

そのロゼシアターの目の前にある中央公園、米之宮公園からは約900mほどの距離でした。

ここでも見事な富士山ビュー。"富士を映す緑と水の市民公園"をテーマにしているのだそうです。広い芝生公園にバラ園、野外ステージなどもあり、まさに市民の憩いの場なのです。ホームページはこちら→富士市中央公園

そして…、見事なバラ園。色とりどりのバラたち、多くの品種が市民ボランティアの手で植えられています。

赤、白、黄、ピンク…、自分の中ではバラは夏の花の印象が強く、5月下旬にして見頃の盛りでした。

「ばら制定指定都市会議」なるものがあり、富士市は加盟自治体なのでした。私にとって身近なところで静岡県の島田市も加盟しており、確かに「バラの丘公園」へ行ったことがあります。

陽の光を浴びて映える赤。ピンクや白もいいけど、私はやっぱりオーソドックスに赤いバラがいちばん好きなのかも。

潤井川を渡る画。富士川水系の一級河川で、源は白糸の滝の近く。富士山の伏流水は清らかで、見るだけで爽快な気分になります。富士宮のウォーキングでも渡っている川で、その時も絶好の富士山ビューでした。記事はこちら→さわやかウォーキング@富士宮(2015/10/12)

中央公園は潤井川を挟んで西エリアと東エリアに分かれていて、こちらが「東エリア」。バラ園がない分、ひっそりとした感じだが、広くてよく整備されているキレイな公園です。

こちら、富士市役所。手前(西側)には立派な消防防災庁舎もあり、金融機関も集まり…富士駅の閑散とした風景を思い返せば、やはり人口20万を超す都会なのでした。

その後、中央公園から1.5kmほど歩いて、新通町公園に到着。富士市の街中にあり、今まで見てきた公園と比べれば小規模なところ。

おやまぁ、ミニ列車が走行中!。子供心をくすぐられます。

これがお目当ての新幹線0系(初代)車輛。日本で初めて新幹線の車輛を展示したところだそうで、鉄ちゃんの中では知られた存在のようです。

ガラにもなく、乗務員の帽子もかぶらせてくれて記念撮影。ブログで顔を出すのは久しぶり。もう42歳、恥じらいもなし。

多くのお兄さん・お姉さんもミニ列車に乗っていて、羨ましくなって乗ることにしました。

最前列であれば良い画が撮れたのだろうけれど、ミニ列車に乗っているときの風景。こんなの乗るの小学生以下の時以来なんだろうなぁ…。

先ほど公園に入るときにまたいだ踏切の手前。汽笛がシュポシュポ鳴るわけではなく、敷かれたレールの上をガタガタ走るのが、…楽しかったりする。

…もぅ、子ども心ワクワク丸出し。

公園の敷地の半分くらいを占めるグランドをぐるりと一周。「良い年して何やってんだか…」って感じだけど、良い思い出になりました。

その後、裁判所の近くから中央町交差点、そのまま広い車道を南下→国道139号線を西方へ進んでいるときの画。進路方向左側にあるJA富士市本店ホワイトパレスは、農家の育成・指導の研修のほか、パーティーや各種イベントが行われている施設です。興味がありましたが、立ち寄りどころではないのでパスしちゃいました。

青島交差点で左折→救急センター前交差点で左折して県道353号線(田子浦港富士インター線)に入ります。

この、JR東海道線をまたぐ、「富士山夢の大橋」からの眺めが絶景!!。ちょうど雲も晴れてきて、まさに「♪~頭を雲の上に出し~♫」なのでした。

後ろを振り返りながらの歩行になってしまうのですが、せっかくの良い眺めで何度もショットしてしまいました。もちろん気分も晴れ晴れです。

何度も同じ絵柄を載せてしまうが、富士山の東方の愛鷹山(あしたかやま)の稜線もくっきり拝むことができて、素晴らしい眺めにウキウキなのでした。

「富士山夢の大橋」を渡り終え、東海道本線に沿う通りに出る。車の行き来が多い通りを横断するわけで、誘導してくれていたお兄さんたち、ありがとうございました。

第二藤間踏切にて。東京駅から144K140M。5月の下旬にして爽やかではあるが突き刺すような陽差しの日。ここでも交通誘導員のお兄さん、お疲れ様です。ありがとうございました。

東海道本線の下り方面を望む線路の画。草原の上を剥き出しのレールの向こうに製紙工場の煙突。無機質であり…無味乾燥、全国比よりも第二次産業就業率の高い静岡県を物語っているようでした。

再び工場地帯の中を歩く。両脇に大興製紙の工場があり、序盤の身延線廃炉跡に近いものあるが、緑もなく、車も無表情に多く通り過ぎ、ここでもやはり無味乾燥。

なんと!、工場敷地内に線路が走っていました。現役なのかな…?、自動車での運輸業が主流となった今、鉄道全盛期の記録となるものですね。

新通町公園から約3.6km、やっとこさ今回のウォーキングのメイン会場である「ふじさんめっせ」に到着。

いろいろ静岡県内の物産展には足を運んだことがあるものの、「ふじさんめっせ」に入るのは初めて。正式名称は「富士市産業交流展示場」です。

「富士のふもとの大博覧会2017」の公式ガイドブック。グルメコンテストの記事が満載で、読むだけで幸せになります。毎年5月恒例のイベントのようです。Facebookのページがありました、リンクはこちら→富士のふもとの大博覧会。ふじさんめっせのホームページもありました、リンクはこちら→富士市産業交流展示場

屋外にグルメコンテスト出店のテナント群が早速お出迎えでしたが、まずは会場屋内へ。

屋内会場でまず足を運んだのは「富士山PRコーナー」。静岡県東部の自治体…富士市、富士宮市、裾野市、御殿場市、小山町…、富士山の周りをぐるっと囲む5つの自治体の観光を主体にしたブースでした。

裾野市のブースにて。屋内の撮影でフラッシュ露出の具合がうまくなく、こんな緑色の画像に…相変わらずうっかりオヂサんである。

いい画がないので、各自治体のパンフレットを掲載。上の画は富士市の観光ガイドブック「ふじさんぽ」。観光マップも付いていて34ページもある充実した内容。富士市はかぐや姫の伝説があることから「かぐやの里」で観光PRしています。

「ふじさんぽ」の中の「みなとさんぽ」。田子の浦漁港はしらすの水揚げが有名!、漁法や氷締めなどブランドのルールも定められていて、こだわりを感じます。浜松に住んでいると、舞阪や福田(ふくで)、地元の近くだと用宗(もちむね)等…、しらすが名産の漁港は静岡県内にいくつかある。知らず知らずのうちに口にしているのかもしれないが「田子の浦しらす」というブランドを意識したことがなかった…。

こちらはその「しらす」を推している田子の浦漁業協同組合のPRパンフレット「富士山しらす街道」。まだウォーキングの途中だというのに、既に食欲全開である。

上の画は「富士山しらす街道」のマップ。富士市内の「田子の浦しらす」を販売しているお店が10軒紹介されていて、素朴な町興しのようで、由比の桜エビ街道に近いものを感じました。なお、富士市の観光案内に関するホームページはこちら→富士市観光課富士山観光交流ビューロー。「田子の浦しらす」に関してはこちらをご参照→田子の浦漁業協同組合

続きまして、裾野市の観光マップ。市内の観光スポットや宿泊新設をコンパクトに集約掲載していて見やすいパンフレットです。富士山はもちろん、「ぐりんぱ」や「富士サファリパーク」があるわけで、放っておいても観光客が集まるところですね。個人的に気になるのは「富士山須山口登山歩道」で、「富士吉田口」よりはキツイらしい、静岡県側から富士山を登りたい野望はあるわけです。裾野市観光関連のホームページはこちら→裾野市観光協会

さらにその続き、御殿場市の観光マップ、「御殿場日記」。「御殿場プレミアム・アウトレット」をはじめ、御殿場高原ビール=「時之栖」、御胎内(おたいない)温泉…など、富士山麓の高原をメインに観光資源に恵まれた街ですね。掲載されている"乙女峠のハイキング"など、「歩く身」として憧れるスポットもあります。

上の画、「御箱マップ」。御殿場と箱根は隣り合っていて、セットで訪れる首都圏からのお客さんも多いと思われる。浜松=東京の距離は約255km(車で3時間30分ほど)、御殿場=東京の距離は約102km(車で1時間20分ほど)…同じ静岡県内にありながら、東部は首都圏に近く羨ましいです。なお、関連するホームページはこちら→御殿場市観光協会御殿場市商工観光課

さらにさらに、「小山町観光マップ」+「金時山ハイキングガイド」。画にある通り、金太郎を町のマスコットとして観光を盛り上げています。神奈川県の南足柄市も金太郎で推している町なわけで、セットで観光すると面白ろそうです。「歩く身」としてだけでなく、金時山へのハイキングは富士山ビューの良い光景が想像できるわけで、憧れます。小山町は静岡県の東の端、かたや浜松は静岡県の西の端。その間は約167km(車で2時間30分ほど)あるわけで、確かに私からすると遠方。失礼ながらまだ訪れたことのない街です、…いつかは行きたいな。関連するホームページはこちら→小山町観光協会小山町商工観光課

…さてさて、次へ進むか、いや待てよ!。あ゛っ、富士宮市の記事がないではないか!。またしても「うっかりオヂサン」で、富士宮市のブースを訪れるのを忘れる。

上の画は何気に撮影していた富士宮市のブース。パンフレットなどを手にすることもなく、…残念。富士宮市の皆さん、申し訳ないです。またさわやかウォーキングとかでお邪魔させていただきます…。

屋内会場の中にはメインステージがあり、富士のふもとのご当地キャラが大集合!。ブレていて伝わりにくい画だけれど、左から「すそのん」=裾野市、「足柄山の金太郎」=小山町、「むすびん」=富士市食育、「ロベティ」=富士市本町商店街。

この画で金太郎の右隣り、「むすびん」の後ろで隠れていた「ミクリン」=御殿場みくりやそば。自分の中では「すそのん」が有名で、静岡県東部に限らず見たことがある存在。調べてみると富士山麓の各自治体で、数体ゆるキャラを推しているわけで、ひっちゃかめっちゃかである。

さて、お待ちかね!?、屋外のグルメフェアの会場へ突入!。およそ35軒が出店、「ごはん・パン」、「麺」、「一品惣菜」、「スイーツ」などジャンルに分かれての凌ぎ合い。

あ、「おこたま」。由比でのウォーキングでも見かけましたね、意外にボリューミーなやつ。関連記事はこちら→さわやかウォーキング@富士川~蒲原~由比(2016/10/16)

お、「みくりやそば」、御殿場名物グルメ。食したことがなくて、惹かれもしたが、初夏にして歩きでやや火照った体…熱い汁系は避けてしまいました。

…って、「ミクリン」接近。正体は「ミクリヤン・ガ・スキー犬」っていうらしい。ミクリンについてのホームページはこちら→御殿場みくりやそば振舞隊

ウォーキングの途中だというのに、誘惑に負けて食べちゃいました!!。上の画は富士市「~網元直送~しらすの八幡(やはた)」の「よくばり 釜揚げしらす丼」。予想通り、ふんわりとしたしらすの食感が優しい。この時点で10:50分頃、歩いて腹減ってペロリと平らげてしまいました。しらすの八幡さんのホームページはこちら→しらすの八幡

さらに御殿場市「ろばた焼 鈴木」の「湧水豚溶岩焼」!。「ごはん抜きで」って頼んだつもりが、店員が勘違いしてごはん盛られちゃって炭水化物ダブルパンチ。脂ノリノリで豚肉の甘みが口の中に広がる。美味であるが、やはりご飯は遠慮すべきだった…。食べログのホームページがありました。リンクはこちら→ろばた焼 鈴木

さらにさらに、グルメフェアの対象外ではあるが、屋内の氷専門店へ(また緑色状態…)。

ジャーン!、マンゴー味のふわふわ。今年のかき氷デビュー!。豚丼は美味しかったけど、サッパリしたかったんだよね。こういうわけで、思いのまま食べ歩いてしまい、カロリー還元を気にするどころではなくなってしまった…(;^_^A。

さて、記事の続きを進めたいところだが、ブログの文字数オーバーもあり、今日の文章掲載はここまで。明日に続きます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

Despacito Despacito
 
Amazon

 

rank/title/artist/maker

1/(-)/Despacito/Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber/(Universal Music Latino/Raymond Braun/SchoolBoy/Def Jam/UMLE/Republic)

2/(-)/I'm The One/DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne/(We The Best/Def Jam/Epic)

3/(-)/That's What I Like/Bruno Mars/(Atlantic)

4/(-)/Stay/Zedd & Alessia Cara/(Interscope)

5/(↑)/Shape Of You/Ed Sheeran/(Atlantic)

6/(↓)/Something Just Like This/The Chainsmokers & Coldplay/(Disruptor/Columbia)

7/(↑)/Issues/Julia Michaels/(Republic)

8/(↑)/Believer/Imagine Dragons/(KIDinaKORNER/Interscope)

9/(-)/It Ain't Me/Kygo x Selena Gomez/(Ultra/Ultra/RCA/Interscope)

10/(↓)/Say You Won't Let Go/James Arthur/(Columbia)

11/(NEW!)/Wild Thoughts/DJ Khaled feat. Rihanna & Bryson Tiller/(Westbury Road/We The Best/Epic)

12/(↓)/Now Or Never/Halsey/(Astralwerks/Capitol)

13/(-)/There's Nothing Holdin' Me Back/Shawn Mendes/(Island/Republic)

14/(↓)/Humble./Kendrick Lamar/(Top Dawg/Aftermath/Interscope)

15/(-)/Body Like A Back Road/Sam Hunt/(MCA Nashville/Capitol)

16/(↑)/Bad Liar/Selena Gomez/(Interscope)

17/(↓)/Castle On The Hill/Ed Sheeran/(Atlantic)

18/(↑)/Congratulations/Post Malone feat. Quavo/(Republic)

19/(-)/Malibu/Miley Cyrus/(RCA)

20/(NEW!)/Redbone/Childish Gambino/(mcDJ/Glassnote)

 

<20位以下圏外行き>

21/(↓)/Slow Hands/Niall Horan/(Neon Haze/Capitol)

23/(↓)/2U/David Guetta feat. Justin Bieber/(What A Music/Parlophone/SchoolBoy/Raymond Braun/Atlantic/Def Jam)

 

7月第1週の洋楽シングルランキングのレヴューになります。

先週に引き続き、Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieberの「Despacito」がV2達成です。今週はセールスで1位、オンエアで2位にランキングと、バランス型ですが、あともう少しで安泰首位です。2位のDJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayneの「I'm The One」、3位のBruno Marsの「That's What I Like」、4位のZedd & Alessia Caraの「Stay」はいずれも先週よりキープ。5位と6位で入れ代わり、The Chainsmokers & Coldplayの「Something Just Like This」が1ランクダウン、Ed Sheeranの「Shape Of You」が1ランクアップで3週間ぶりに首位陣返り咲きです。

TOP10ラインでは入れ代わりなし。TOP20ラインで2組入れ代わりあり!!!!。

圏外行きはNiall Horanの「Slow Hands」とDavid Guetta feat. Justin Bieberの「2U」。Niall Horanの「Slow Hands」は先週18位から21位へ3ランクダウン、2週のみTOP20入り、最高位18位を記録し、短命に終わりました。先週16位から23位へ7ランクダウン、David Guetta feat. Justin Bieberの「2U」は先週TOP20入りしたばかりで早くもダウン!、期待外れに短命でした。代わりに入ってきたのは、DJ Khaled feat. Rihanna & Bryson Tillerの「Wild Thoughts」とChildish Gambinoの「Redbone」。DJ Khaled feat. Rihanna & Bryson Tillerの「Wild Thoughts」とChildish Gambinoの「Wild Thoughts」はセールスで初登場4位にランキング!!、オンエアチャートでも反応が良く、当チャートでは先週55位から44ランクアップ急上昇しました。DJ Khaledは待望の新作「Greateful」をリリースし、上述した2曲「I'm The One」「Wild Thoughts」も収録しており、まさに今いちばん波に乗っているアーティストです!。Childish Gambinoの「Redbone」はセールス主導のヒットで、既に8週間くらいTOP20内ランキングを続けており、当チャートでもやっとのことで上位進出となりました。聴き触りのよいクラブサウンドで、表参道とかのオシャレなブティックでいっぱい流れていそうな楽曲です。

続きまして、何だかんだ言いながらやっています!、各チャートのTOP5のサマリー。セールスでは1位=Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber/「Despacito」、2位=DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne/「I'm The One」、3位=Bruno Mars/「That's What I Like」、4位=DJ Khaled feat. Rihanna & Bryson Tillerの「Wild Thoughts」とChildish Gambino/「Wild Thoughts」、5位=Ed Sheeran/「Shape Of You」。オンエアでは1位=Zedd & Alessia Cara/「Stay」、2位=Luis Fonsi & Daddy Yankee feat. Justin Bieber/「Despacito」、3位=DJ Khaled feat. Justin Bieber, Quavo, Chance The Rapper & Lil Wayne/「I'm The One」、4位=Julia Michaels/「Issues」、5位=The Chainsmokers & Coldplay/「Something Just Like This」となりました。

今日から下半期が始まりました。自作チャートに関してなのですが、実は…、未だ邦楽の上半期ランキングを仕上げておらず、この休日を利用して黙々と集計しております。自分の中でも今年は怠けてしまったことを大反省…。当たり前のことですが、時間は有効に、計画的に使わないとですね!。それでは今週はこの辺で失礼します。今回も当ブログへのコメントや「いいね!」、読者登録などお待ちしておりますo(^-^)o。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。