今朝の新聞に、東京電力第一原発事故で避難した「自主避難者」と、

国が避難区域と指定され、避難指示受けた人との格差問題を取り上げていた。


原発に近く、放射線量が年20ミリシーベルトを超える恐れのある地域を

避難地域とし、強制的に非難させたが、それ以外の地域にも高い放射線量の場所がみつかった。

被爆を心配した人達は、指定外地域からも自主避難した人たちが8万人もいたのです。


国は強制避難者には慰謝料1450万円、その他も850万円支払われた。

そして家賃と医療費は無料という。


今月4月から一部は有料になるそうですが・・・。


自主避難の人たちは、国の恩恵は受けておらず、現在避難先での子どもの学校や、仕事先がみつかったりなど、すぐ戻れる状況ではないのは確かだ。

4月から家賃は有料になるし色々大変な問題を抱えているのです。

国策として進めてきた原発の事故だということを忘れてほしくないと新聞にも書かれていました。

 




今村雅弘復興相発言


「地元に帰れないのは本人の責任でしょう」「裁判だ何だでもそこのところはやればいいんじゃない」などと発言した。


命式 1947年1月5日生まれ 70歳 東大法学部卒


生年 丙戌

生月 庚子

生日 甲申


どこまでもまっすぐ伸びていきたい気質の甲木の人です。

真冬生まれで水が多く寒い命式です。

印星が多い命式は生意気な人が多いですね。


冬生まれで寒い甲木さんにとって、年干に欲しい丙があるのですが、

この丙は月干の庚とも尅、自分の甲とも尅ですが、この庚は丙から

尅なので甲木を切る力はなく、庚は水源となり、益々水旺にさせ

その水を凍らせるようです。

凍ると頭脳が働かなくなるので、印星も役にたちません。

せっかくの年干の太陽さんも遠くて温まりませんね。

その苛立ちが短気な性格になってしまうようです。


余談ですが、北朝鮮の金正恩も、丙の人でありながら、月干に癸水雨雲

があり、年上の壬に輝かしてほしいのにもどかしさが苛立ちとなっています。


生時が不明なので何とも言えませんが、甲は通根していないので、

自分の言いたいことは抑え、シナリオ通りに行動したほうが無難な

タイプです。


大運は70歳の今年から変わったばかりで丁未になった。

(大運の変わり目は本当に注意ですね。)


今年は丁酉の年であり、大運・年運共傷官である。

傷官だからといって全て悪いというのではないが、傷官という文字が

そのまま通用するような余計なことを言ってしまいましたね。


奇門遁甲は甲丙(青竜辺首)や丙甲(飛鳥跌穴)など使用してほしいですね。

もちろん、天遁・神遁は見逃さないで使うといいです。


丙の方位が良いと言っても、今年は丁酉の年なので、丙丁は悖格なので

凶になるので注意です。


こんなこと言っても大臣には届きそうにもないですね。

徳橋の独り言でした・・・。


AD