家族単位・現在数 2 → 3

たまたまアメーバブログで読んでみたい方のものがあった。

で、ついで自分も登録。

身近にあった「不育」の事を書き、「棚ボタ」のような妊娠の事を書き、そして「出産」と「育児」につてを書いてゆくブログとなってゆくようだ。


テーマ:
打診して下さるなど、ここの大学出身者とは違う軽快な動きをして下さいます。 ところで大学病院といえば「白い巨塔」などでお馴染みの「大名行列」^_^;。本日は入院後、第1回の、それ。^^;。お名前はかなり有名な助教授氏です。PAN妻、元OL(いつのだよ!^^;)としては、ソツなくこなしました。だって企業でいえば部長さんクラスのオッちゃんです。なんてことはありませんでした。でも、何処から出て来たのか、結構ケバイ女医が助教授氏の横に。こいつ、昨日、午前の回診の流れで部屋にちょこっと顔を出しただけなのに(..)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
携帯からの投稿ですm(__)m。昨日無事に「個室」に入院出来ました。しかし…肝心のTM先生がいません!お身内に御不幸があって、御実家にいらっしゃったらしく、皆さん結構バタバタしていました。勿論PAN妻も焦りました(^_^;)でも、例のエコーの達人I先生が診て下さる事になっていました。病棟の担当はPAN妻初の女医、M先生です。なかなかの美人ですがこの大学ご出身ではない方。珍しいです。でも、テキパキしていてPAN妻と気が合います(^_-)。今日は朝早くからPAN妻の部屋へいらしてくれ、I先生からの手術の説明を、との
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
偉そうにしています。PAN妻の性格上、こういうのは許せません。M先生が、若いもんのウゾウムゾウの中から飛び出して来てくれました。ったく。日勤の看護師さんによると、多い時は廊下に溢れているらしいです。意味ねぇ!(-.-)(=意味無し)。次は火曜日に日本産科婦人科学会理事の教授氏です(^0_0^)。お楽しみに!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

タイトル通りです。

昨日、TM先生の診察でした。

最初は「まだ、家で頑張れる?」と聞いてきた先生でしたが、私としては、早めに入院するつもりである事を伝えました。

しかも、内診後の着替えで物凄く時間がかかったのが不憫に思われたのでしょう、「医学的には問題はないけど、後はそちらの都合でいいよ」とおっしゃって下さって、「ではお願いします」ということで、病棟に連絡を取ってくれ、30日(木)、普通の予定帝王切開入院のちょうど1週間前に入院する事になりました。

いよいよもって、お腹は大きくなっています。

まさに「正期産」ですが、1日数回はちゃんと胎動してますよ。ものの本に「胎動が少なくなります」っていうけど、あれは違うようですね。

ご心配をおかけしましたが、前回お風呂でぶちこけた件はすっかり全快しました。

もちろん、お子は全く元気にしています。

そうそう。

100個以上いろんな名前を挙げて夫婦で考え抜きましたが、ようやく、決めました。

「名づけ」って大変でした。1人でこんなに苦労しているのだから、2人以上いらっしゃるご夫婦はどんなに大変か…。

今どきって「命名紙」ってあるんですね。

それにお名前を筆なんかで書いてみるって感じは、私の中では当然のようにあったのですが、主人から「え~~~?!」と抵抗されました。

でも、ああいうのも「儀式」ですし、頑張ってもらう事にしました。

このブログを見てくださっている皆さんに、たくさんコメントをいただいています。

本当にありがとうございます。

「不育」について、私なりの思ったことや考えた事などを書き始めましたが、まさか、自分が妊婦になって母になるような事にとは思いませんでした。

自分の妊婦な生活などをここにつらつらと書くのにはかなり抵抗があったのですが、ちょっと書くと皆さんから暖かいメッセージや応援をいただき、それが、支えになった事も幾度となくありました。

これからも、ここでのブログは「不育」の事、今からきっと主流になるであろう遺伝子系の事、この先の医学・医療の事についてを素人の視点ですが、書いて行きたいと思っています。

ただ、この先当面は「育児」にまい進しなければいけないので、すんごく「ブログの放置プレー」状態になるとは思います。

今も「ネタ」は結構持っているのですが、なかなかまとまった文章を書く体制になれずじまいなので、ネタが古くなってしまいますが絶対に書くと思います。

気長に待ってやっていただけると嬉しいです。

携帯から投稿できる状態にしたので、病院の電気を盗んで(笑)、充電して、投稿する予定です。

季節が前後するような気温の状態になるので、皆さん、体調にお気をつけ下さい。

とにかく、いってきます。

PANDAの妻でした。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

タイトル通りです。

皆様から励ましのコメントをいろいろいただいたというのに、不覚にも書いた日の夜、お風呂でこけました

超幸いな事に、お腹は全く打った感触がなく、ほどなく、胎動があったのでその時はほっとしたのですが、PAN妻特有の例の歩く時ぐっと力が入ってしまう下腹に、無意識のうちにやはり力が入ったのでしょう。両足の大腿四頭筋に緊張が入りっぱなしになってしまい、足が全く言う事を利かなくなってしまいました

「そろそろ部屋の中でも杖をついたほうがいいかな。」と思っていたし、早速杖をつき始めましたが、本当に両足は全く上がらずひきずっていました。

次の日、ちょうど診察でした。

病院に着いて、初めて外来用の車椅子のお世話になりました。

診察はエコーもあったので、順番が来てエコー室に入った途端に先生といつも相談している助産師さんに顛末を伝えると、先生がすんごく念入りにお子を診て下さいました。

いつも寡黙な感じのエコーの先生ですが「うん、大丈夫ですよ」と確信された顔でおっしゃって下さった時には涙が出そうなくらい嬉しかったです

助産師さんもいつも以上に介助をして下さって、ほんとにお手数をおかけするPAN妻でした。

主治医のTM先生がいる診察室にカルテを持っていった時に看護婦さんにこけた話をすると体重の計測などで配慮して下さり、TM先生には外診室にいらした途端に「先生~!こけました。やっちまいましたぁ」と訴えました。「う~ん、やっぱり、早めに入院する?これから、お腹は重くなっていくばかりだしね。」と先生もかなり心配してくれました。

私がその日のオーラスの患者になっていたこともあって「内診の前にモニターしてみよう」ということになり、2回目のNSTをしました。検査中に寝てしまうくらいで、お子の胎動で目が覚めるような状況でしたが、お子には異常なく、その後の内診でも全く問題はなしでした。

先生の見解では、お子には全く問題がないので診察もまだ2週空いても大丈夫だけど、医学的ではなくて、日常的に不都合が起きたり不自由になるのであれば、予定しているよりも早めに入院した方が精神的にもいいかもしれないということでした。

確かに、今回のような不安感はダイレクトにお子に影響しますし、いくら都内でタクシーで1時間以内の距離とはいえ、不測の事態での移動は私の場合かなり大変です。

いろいろ考えましたが、来週火曜日は外来がお休みですし、最終的な家での準備もしたいので、3月28日(火)の外来まで、家で頑張る事にしました。その日に「じゃ、明日から入院しよう」となってもいいような状態に出来るようにもって行こうと思っています。

と、いうことで、とりあえず帝王切開の日は動いてはいませんが、入院して状況次第ではもう少し早いお誕生になるかもしれない、という事も考えられるらしいです。

親のせいでびっくりさせてしまったけど着床の時から「親孝行」なお子が、無事にこの世に出てこられる事を最優先に考えます。

生まれる前からほんとに親のせいでいろいろあるお子には、全くもって申し訳ないです。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。