家族単位・現在数 2 → 3

たまたまアメーバブログで読んでみたい方のものがあった。

で、ついで自分も登録。

身近にあった「不育」の事を書き、「棚ボタ」のような妊娠の事を書き、そして「出産」と「育児」につてを書いてゆくブログとなってゆくようだ。


テーマ:

不育。

ネットのおかげもあって、流産という悲しい事に出会ってしまった人は、必ずこの言葉に出会い、検索をするようですね。

不育が知られるようになった事で「○○大学の☆☆先生が不育の研究をしている」という患者同士の情報交換なども活発です。研究をされている先生方も患者向けにわかりやすく講習会を開いて下さったり、有名な名古屋市立J病院のA先生はメールを受け付けいて、不育の患者から大変評判がいいです。

こうやって「不育」が知られるようになっていた昨今ですから、一般的な産婦人科の病院でも、流産後に話題にする患者さんが多くなっているのでは?!と想像します。


それまでは「流産は一定の確率であること」だと、流産自体で傷ついている患者に科学的確率を話し、「だから、次もあるということは低い」と、そこは何の根拠でそう言ってるんだか?という医者が結構一般的だったと思うのですが、(まぁ、数値的な根拠はあるようですけど、そんな話は当事者の耳に素直に入るわけはないんです。それを言うと「じゃあ、『インフォームド・コンセント』『EBM』は何のためにあるんじゃ?」という展開になってしまいますけど(^^ゞ)↑に書いたような情勢もあって、最近は、「不育」について注意を払ってくれるお医者様が増えているのではないか、という感じを若干うけるのですが、どうでしょうか。


私が不育という言葉を知った頃に、ある不妊系の医者が「不育の医者は子宮を見ないから」というような物言いをしていた、という話を耳にした事があります。それくらい、生殖医療の世界では「流産」は「有り得る事」として処理されてきていたのでしょうね。当事者の心理状態とは関係のないところで。


ところで、不育についての「原因」の一つに「免疫」の話がありますよね。

この件に関しては超有名になったTK大学の産婦人科S先生をはじめとする論文のおかげと産科婦人科学会などで再三取り上げていただている事などで、「血栓」が胎児の発育を邪魔しているから高温期が続き始めたら「低容量バファリン」や「ヘパリン」を投与する事で事態が大幅に改善される、というのが、最近のスタンダードのような感じをうけます。(あくまでも素人な患者が感じる事です。)

不育の検査についても、基準内容のようなものが構築されたという事で、その中には今まで言われてきた不育での免疫に関する項目がいくつも内包されており、私が「どこの病院ならこの検査をしてくれるか」と必死でネットで調べていた時よりも格段によくなったなぁ…と、隔世の感があります。


でも、検査で免疫を調べた時に基準値をオーバーしている人なら、そのような治療の道があるのですが、いかんせん、基準値ギリギリだとか、ひっかからない、とかいう人もいるんですよ。

患者の立場からすると、検査値にひっかからかったら、どうしたらいいのか??という事になるわけで。

お医者様だって「どうしようか」って事になりますよね。異常値がないっていう事は 「患者ではない=健康な人」 という図式にしかならないわけですから「病院に来る必要はないです」とおっしゃるしかないでしょうね。病院は病人が行く所ですから。


でも、患者は「次の妊娠」について凄く悩みます。

「また、流産したらどうしよう」。

流産=失敗というふうには個人的にはしたくない表現ですが、結果としてそういう事になり、その不安・恐怖感と「でも、妊娠しないと、子供には会えない」という気持ちの葛藤の日々の中で恐る恐る前に進むんです。

そしてまた、流産になる。

これはパニックです。不育の検査で引っかかっていない人なら尚更です。

実際にそのような方に、私は「検査精度」があるかもしれないから他の病院で調べてもらうというのも手段なのでは?!と提案した事があります。でも、あくまでも素人の提案。根拠は薄いです。でも、「可能性」を求めてみてもいいと思ったから、言いました。金銭的な問題はありますけど、こういう時何か光明を求めている時にはすがるものが必要だと、そういう経験をたくさんした私としては言わずにおれませんでした。

今、有名なTK大学病院や名古屋市立J病院に全国から患者さんが通院・入院している現状も、何とか不育を打破したいという個々の方々の切なる願いの表れだと思います。


原因不明の不育。ここ最近、そう言われたという方が増えてきているような気がしています。

「オーダーメード医療」。前の記事でもちょっと書きましたが、不育の分野が今以上に染色体・遺伝子レベルで原因がわかり、それに対する治療法が出来るとしたら、今、悩んでいる方も明るく前に進む事が出来るかもしれません。

でも、その世界は今まで知らなくてもいい事も知ってしまう事になります。私自身、子供の染色体の件で検査をし、染色体についていろいろ調べていると「どうしようもない事実というのがある」事をどう受け留めるべきか考え込みました。


不育は妊娠する当事者(=妻)だけでなく、関わる人(=夫)にも考えて欲しい、という事が、これからますます言われるようになってくると思います。

なんといっても、子供は夫婦の遺伝子が合わさって誕生するものです。(この表現は、夫婦外間などは考えていない、と解釈して下さいm(__)m)

最後は夫婦の考え方と生き方…というところに来るのかも知れませんね。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここのところ、自分の事に追いまくられていたが、11/10の日経朝刊14版42面にばーんと載っていた。

「習慣流産に着床前診断 産科婦人科学会 作業部会で決定へ」

来ましたか。とうとう。そういう感じだ。正式には来年4月の総会で決まるらしい。

申請をしていた名古屋市立大や複数の病院、クリニックが適用かどうかの審査をうける。


自分達すらわからなかったレベルにおいての不具合で、子供を何回も空に返す状況のご夫婦にとっては吉報だと素直に感じた。

同時に、様々な反応もあらゆる方面から出てくるだろうな、とも思った。

不育の治療の選択肢のひとつが増えた事は、喜ぶべきものだと思う。しかし、これは「不育」という状況になってしまったご夫婦全てにあてはまるものではない。


考えてみれば、不育は、検査にしても、治療にしても、「あの人はわかったのに、自分は検査値にはひっかからなかった」「あの人には効いたけど自分に効くとは限らない」という民間療法並みなところがある領域だよな、とあらためて思ったりもする。


素人としては、流産を経験する人が確実に増えてきていると感じるんだが、いかんせん、研究の方はどうなんだろう??何か、進んでいるんだろうか?

学会で行なわれる演目を見ても、結構不育が取り上げられているようだし、研究をされているお医者様も全国にいらっしゃるんだなというのがわかって、患者としてはありがたい。

でも、「不育」ときたら「低容量バファリン服用」「ヘパリン投与」「漢方ではサイレイトウ」「リンパ球移植も可な事もある」などというところからの域をなかなか出ていないような気がしている。(ピシバニールのような少数特殊なものもあるけど、広くは知れていないし。)


「オーダーメード医療」。

きっと数年で染色体・遺伝子レベルでの医療はやってくる。

その時に不育はこの領域での検査と治療が出来るのだろうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

PANDAとTM先生に会いに行く。

「最終・確定」結果。

「実は明日結果の書類がくるんだけどね」え??まだ??スカをくらう。

「でもね、ちょっと気になるっていうか、ちょっとひっかかったところが…」

きたーーーーーーーーーーーーーーー。(-_-;)

私の「野生の勘」も結構当たる。

この一週間、なんとなく「嫌な感じ」まではいかないけど「もや~っ」としてたんだ、気分が。


なんでも14番が微妙に長いらしい。かといって、典型的な問題になる21番は正常。

で、検査会社の人と先生、話して、「親に何かある??」ということになったらしい。

Sセンターで初診の時、不育の原因である転座関係は2人ともすでに調べて「問題なし」をもらっている。

PANDAと私、どうせ「少数派」夫婦。なにかあっても不思議ではない。

「ここらで調べてもらっておこうか」とPANDA。私も異論はない。TM先生もそのつもりだったようで、話は進む。


で、夫婦で仲良く採血してもらって(私の方が血の出具合がめちゃくちゃよかった。妊婦なのに(^。^;))、これが自費。会計の時固まった。自費って高い。(^。^;)


そんなこんなで「玉虫色」ではありましたが、他は異常ないようです。

この子は最初に存在した時から「奇跡」の子でしたから(最初にSセンターで診てもらった時、「大きくならないかもしれない」と覚悟するように言われたんです。それが次の週、標準値になってました。はっちゃん先生も驚きの奇跡でした。)、「この子は大丈夫」だと、なんとなく思えるものがあります。


要は親がこの子に迷惑かけてますね。

ごめんね、生まれる前から。m(__)m


なかなかふた「山」目を越えられませんが、まぁ、ゆっくり越える予定です。

そういう速度が私には合ってるのかもしれません。(*^_^*)


染色体についてもずいぶん詳しくなってきました。

また、後日、思ったことを書きます。m(__)m

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、「とりあえずの結果」というのをPANDAと共に聞きに行く。

入院していた時には妙に開き直り感があったんだが、日が経つにつれ、パソコンで検索しまくるにつれ、気分が澱んでいった。仕方ないといえばそれまでなのだが。


看護婦さんに呼ばれて診察室へ。

TM先生、今日は外来がないので私達が待っていると医局からほどなく来てくれた。

で、検査委託した会社の封筒から結果のプリントを出しながら「結論からいうと異常ありません」。

え?!そうなんですか????!!!

FISH法なので特定の染色体しかわからないが、異常はないという報告書をいただく。

すげー、気が抜ける。


これでも「障害」に関しての知識は不育同様、山のように持ってるし、いろいろな経験もしている私。ここ1週間本当に様々な事を考えた。

でも、このFISH法に間違いがなければ(誤診も多い、とある病院のHPで。《焦》)、そして、来週の確定診断でも異常がなければ、これで「ふた山」越えた感じになるかな。

「ひと山」目は8週を越えた事。そしてこれは「ふた山」め。


当事者になってみて、いろいろな事をいろいろと考えた。

また、あらためて、ここにつらつらと書いてみたいと思っている。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

悶々としていた私。

結局「羊水検査」をした。

FISH法を使うので、まずは13・18・21・性染色体の結果が一週間でわかる。確定結果はその次の週という事で。


某大学病院、普通は外来で日帰りで検査出来るんだが、なにせ0.3~0.5%で羊水採取後の危険があるという事で、「入院」というパターンもある。

「検査、どうしようか?」と話している時に、うちのPANDAがぽろっと「結局は『安全性』と『精度』の問題だよなぁ」とつぶやいたら、主治医TM先生が「入院もあるよ」と言ってくれた。(しかも、その時先生ったらカルテの最初の部分を見直した。PANDAの会社名を確認したっぽかった。(^^;))←前回も書いたとおり。

で、過去3回流産後のあの手術でお世話になった病棟に1泊2日のお泊りとなった。


当日は、手続きを終えるとさっさと自分で病棟へ。「勝手は充分に知ってる」し。

病棟に行くと、見知った看護婦さんと会ったり。もちろん婦長さんとも「今回もお世話になります」と変な(^。^;)挨拶をした。

例によって2人部屋だが、「一昨日出産しました」というなかなかの美人なママさん。時間が経つにつれ超仲良くなっていったのだが、この方、元々この病院で産婦人科のお医者様をしていた。切迫早産で1ヶ月半病室の主だそう。出産までの1ヶ月ちょっとを寝たきりで過ごしていて、出産直後から普通に分娩した人と同じスケジュールで授乳などで動くので、体力的にかなりつらそうで、はたから見ていて超気の毒だった。


で、それから2時間後に羊水採取。

TM先生と若手の病棟担当H先生が採取してくれた。

厳密にいえば、H先生がなかなか採取する部屋に来ず、TM先生、用意しながら待ってたんだけど看護婦さんに「やっちゃおうか」と言って、さっさと1人で始めてあっという間に終われせてしまった。付いてくれた看護婦さんがオペ室にも勤務していたというなかなかテキパキした方で、その方をも「先生、早!」と言わしめるほどの超手際の良さ。しかも局麻なし。

TM先生、私に「あのね、普通は局麻するんだけど、それって結局表面しか効かないし子宮には効くものじゃないんだよ。で、針を2回刺す事になるし、局麻、どうする?お好みにするよ。」と聞いてきた。

おいおい!私が決めていいのかよ?!と思ったんだが、先生の言い方が「誘導尋問」っぽい(^_^;。先生、局麻、したくないんだね。わかったよ。

「先生、ラミナリア入れるのと局麻しないで採取するのと、どっちが痛い?」と聞いた。看護婦さんに超うけ。「○○さん、それ、凄い比較ですよぉ。」と。だって、痛さには強い私でも究極の痛さといえば、あれ(=ラミナリア)と脊髄液採取(←30数年前、Q大病院でやりました。)だもん。

「そりゃ、ラミナリアの方が全然痛いよ」

「なら、局麻、しません。」って事で、1発穿刺。TM先生に信頼をおいてるから出来る事だなぁ。これ。

確かに針を刺した時は「ズン」ときた。そりゃそうだ。でもそれだけ。あとは全くどうもなく、あっという間に終った。

採取した羊水を見せてもらった。自分の体の中にあるものだが「きれいだなぁ」と感動した。


で、あとはのん気な患者をやった。

その日の夕方と次の日の朝にTM先生とH先生から診察をしてもらったが、いずれも子供は元気に動いていたし、エコーで見る限りの異常もなかった。

「検査の結果待ちだね」。退院時のTM先生の言葉。

それから1週間。長かった。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。