家族単位・現在数 2 → 3

たまたまアメーバブログで読んでみたい方のものがあった。

で、ついで自分も登録。

身近にあった「不育」の事を書き、「棚ボタ」のような妊娠の事を書き、そして「出産」と「育児」につてを書いてゆくブログとなってゆくようだ。


テーマ:

普通の妊娠日記に移行するつもりはないのですが、昨日「病院に行ってきます」と書いたので、行って来た報告を書きますm(__)m。


11週3日です。

極めて順調で、流産の確率もさらに小さくなってもうほとんど大丈夫でしょう、とはっちゃんに太鼓判をいただきました。

急な出血に注意を払うくらいらしいですが、今のところそういう兆候もないので気楽にしていていいよ、と言っていただきましたが、やっぱり「もしも・・・」を考える私。

はっちゃんと「仕方ないですよネェ」とうなずき合いました。

患者の気持ちを推し量ってくれるはっちゃん。

本当はお子の対面まで診て頂きたい気持ちです。

でも、私の今のような気持ちになる人が一人でも多くあるように、はっちゃんには活躍していただきたいと思っています。


エコーで会って来ましたが、成長してくれていていました。

今回のお子は私の腹の中の居心地はご満足いただいているようです。何かご要望を出していただけるといいのですけどね(^^ゞ。もこもこ動いていました。

さすがに11週にもなると2Dエコーでも体の形を素人でもはっきり見ることが出来ます。(産婦人科によっては3D、4Dの立体エコーのところもあるらしいです。医療器具の進化とコンピュータの進化の結晶ですね(^_^;)


でも、私自身がまだ私の事、私の体内の事として実感出来ずにいるようなところがあります。

「様々な事でマイノリティだった自分がマジョリティに入る」という事実にピンと来ていないせいだと思います。

「マジョリティ」と書きながら「今のところはね…」と思っている自分がいます。

ナナメに見ているわけでもなく、すねているわけでもありません。

悪い事は起きないのが一番いいのですが、どこか頭の隅に「不安・恐怖・覚悟」がいます。

それが「いい・悪い」という風には考えず、こいつらをうまくなだめながらもずっと付き合っていくことになるんだろう、という風に考えています。


生命の神秘。60兆の細胞。

あらためて凄い過程で自分も生まれてきたんだと思っている昨今です。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

相変わらず、「吐きそうだけど吐かない」つわりと眠気と何もしないのになぜか疲れてしまう毎日で、PANDAな旦那と母に頼りっきりの毎日です。

ブログを見てくださっている皆さんから、本当に暖かいお言葉と励ましをいただいて、素直に嬉しく思っています。本当にありがとうございます。


ところで。

「妊婦」の端くれになったので、そういう関連の雑誌を買ってみました。

「初めてのたまごクラブ」ってやつです。

昔は「福武書店」と言ってた、大学模試とか通信教育とかでお世話になった出版社が出してる。世の中もすっかり変わったわ、と思いました。

私が買ったのは別冊というか、妊娠初期の人対象にいろいろな記事が載ってる本で、かまびすしいCMがあっている本は毎月15日だったかな、月刊で出るやつです。


実はお外に行くのを控えているので、PANDAな旦那にお願いして買ってきてもらいました。

旦那さん、本屋大好き人間ですが、さすがに恥ずかしかったらしくいつも行く大きな本屋ではなく駅北口側にある商店街の中の小さな本屋さんで、「職業的無表情」を使って(←旦那、法律屋なのでそういう技が出来ます(^。^;))レジに本を出したらしいですが、かなり恥ずかしかった様で。


そんなこんなで手元にきた本ですが、さすが元福武。雑誌の形式がかつてお世話になった「大学案内」や「企業案内」雑誌のように、通販会社のカタログ請求ハガキが巻末にごそっと付いてました。なつかしくて笑えました。

内容はてんこ盛りです。産婦人科初心者対象に「産婦人科ABC」が細かく詳しく。エコーの見方まで書いてあります。日常の生活や体の事Q&A、病院の選び方、下着やマタニティ用の洋服のいろいろについて、そして、初期妊娠の方が読むので流産についてのコーナーもあります。東大の先生が書いてます。

私としては「おいおい、それだけかよ」と内容に突っ込みたくなりますが、初心者対象にはきちんとしたものかもしれません。


しかし。

読んでいて、クラクラしました。

こういう雑誌には当然「おたよりコーナー」があるのですけど、

世の中の人は妊娠って事にこんなにヒラヒラでウキウキでフワフワなんだっていう事実が。

妊婦さんと旦那さんはもちろんお身内・ご親族もハッピーハッピー。ハートが飛びまくりの毎日なんですね。

「妊娠は簡単。妊娠したら当然出産する。当たり前のように子供は生まれてくる」。

このブログの最初にも書いてますけど、世間はまだまだそう思っているようです。

不育と向き合い、幸いに今回は恵まれ、でも今も悩みながら通院している私には「「ヒラヒラ・ウキウキ・フワフワ」が大きな壁に思えます。


明日、2週間ぶりにはっちゃんの診察です。

2週間空くのは怖かったですけど、明日が診察だと思うと、また、怖いですね。

そろそろ、はっちゃんともお別れなので、真剣に、K応産科に戻るか、Sセンターの産科でお世話になるのかを考えねばなりません。

考える事がてんこ盛りです。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここの編集を立ち上げずにメールチェックだけをすると、数々の暖かいコメントをいただいていて、本当にお一つお一つに手を合わせています。

ここで、9/8以降、コメントを頂いた方へ、お返事を。


☆じっけん君さま☆ コメントありがとう。「不妊」という言葉はよく聞かれるけど、「不育」という言葉はまだまだ知られていないのですよ。赤ちゃんを授かってもお腹でうまく育ってくれない。その事実は本当に過酷です。知ってもらえてよかった。


☆まーちゃんさま☆ コメントありがとうね。「また、同じ事になったら…」の不安と戦わなくちゃいけない時もあるけど、落ち込むときは素直に落ち込んだら、また、絶対にはい上がってこれるから。少しずつでも「前へ前へ」。四十路のオバチャン、気持ちはわかるつもりだからね。


☆マジグランマさま☆ コメントありがとうございます。今までヒト様のエコーの写真とか、ヒト様の心音などを診たり聞いたりした事しかなかったので、自分の身の上に起こっている事実がまだ実感として感じられないんです。「生命の神秘」を毎週感じています。具合が悪い日が多いので、なかなかパソコンに向かえなくて。


☆まみマミちゃん☆ コメントありがとう。通院中の先生がブログを見せてもらっている限り、とってもいい先生のようなので、まみマミちゃんにはぜひ!頑張っていただきたい!!と思ってる、四十路のお節介おばちゃんです。九州もんはちょっとやそっとじゃあきらめんよね?!


☆ずび子さま☆ こちらこそ初めましてです。HNは先生のところでお見かけしていました。コメントありがとうございます。ずび子さんは頑張って治療をされてのご懐妊なのですね。私より少し先輩だ(笑)。クリニックの先生のお言葉、私も肝に銘じるようにします。


☆はみぞうさま☆ 初めましてです。コメントありがとうございます。HNは先生のところでよくお見かけしています。先生のところでいつも「お節介おばちゃん」を発揮しているのですが、ここのところ具合の悪さでパソコンに向かえていません。つわりは子供が自己主張をしていると思ってこれからも頑張ります。


☆siawasekazokuさま☆ コメントありがとうございます。ブログに書き込ませていただきましたが、お子さんのお世話で大変な時だし、いらして下さってコメントして下さるなんて、こちらの方が感涙しました。先輩に習って、とにかく、頑張ろうと思っています。


☆Bermuda先生☆ 先生にいらしていただけるなんてほんとに嬉しかったです。コメントありがとうございます。ほとんど毎日のように「おかん」根性を発揮していたのですが、ここのところ、とにかくパソコンに向かえず、気分のいい時には先生のブログだけでも見るようにしてます(でないとついていけなくなるし。)


☆MS-06Sさま☆ コメントありがとうです。実はMS-06Sさんに「もういらしていただけないのではないか」と密かに思っていました。思いがわかるだけに…。でも、コメントしていただけて超嬉しかったです。もう少し気分がよくなって頭が回るようになったら、もっと気の利いたことを書きたいを思っています。


ということで。

なにぶんいつもより頭がまわっていないので、気の利いたことが書けず、つまらないですけど。m(__)m

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

9月になって、「初旬」と言われる時期になっている。

「お盆」と言われる時期から、ここを書いていなかった。

というか「書いてしまうべきかどうか」という事を悩みながら、人のブログにばかりお邪魔していた。


本日、8週3日。

実はそういうことなのである。


ここで、さんざん書いた私の3回の初期流産。

私の中に詰め込まれた「不育」に関する山のような情報と知識。

伴って勉強するようになった「不妊」と、ここ最近は両方の事で大変な思いをされている方も多く、不妊で治療に頑張っている方にも不育の情報がきちんと伝わるといいな、と思いつつ、

自分自身の「タイミング法」を「何事も経験だぁ」とはっちゃんと相談しながらつらつら通院していたら。


4回目。


本日、診察のエコーで初めて、初めてデカイ胎児を見た。

17mm。周期相当だとはっきり言ってもらった。

まさに、生まれて初めての体験だった。

心拍は6週の診察の時から聞かせてもらっていたが、今日はますますはっきりと強く聞こえた。

画面でも素人の私が見て確認出来た。

内診が終ってはっちゃんに「これで流産の確率は3~4%になりましたよ」と言われた。

とりあえず、「魔の8週」を通過できそうだ。


過去3回と一番違う事は「つわり」。

とにかく1日じゅう気持ちが悪い。まだ吐くまではいかないが、指を口に突っ込むと吐くような状況にまではなっているような気がする。

そして、眠い。気がついたら寝ている、短い時間でも長い時間でも熟睡状態。

さらに変なのは「妙なものが異様に欲しくなる」。

日頃はレモンなどの酸っぱいものがなければ絶対に食べないから揚げをそのまま、ばくばく、しかもめ一杯食べないと満足感がない。あとで、苦しむ事になるのにもかかわらず。

その他、急にたこ焼や焼きそばが食べたくなった事もある。

反対に、あんなに好きでよく食べていたチョコレートは見ただけで「ごちそうさま」である。


ようやく、ここに来た。

今から先はまさに「未知の世界」。

最初の妊娠の時に母が買ってくれた妊娠・出産についての本2冊、ようやくいろいろな項目が読める体制に入れた感じがして、先ほど、今まで読んだ事のなかった項目に目を通した。

ついでにいうと、放送大学で「母子の健康科学」という教科をとっていたので、その教科書も参考書だ。

(その科目「○A(90~100点)」を取った。意地だった。)


しかし、不育の流産はトラウマだ。

こういう状況になっても、まだ、頭のどこかで「最悪のパターン」を考えている。

しかも立派な「高齢」。&低容量アスピリン服用のハイリスク。

しかも両下肢麻痺とつけられた身体障害者。


担当の先生は、「診ごたえ充分の」患者だろう。(-_-;)


そういう事で、

半月以上書いていず、ご心配をおかけした方もいらっしゃるかもしれない。

本当に申し訳ありません。m(__)m


パソコンを見るのがつらい時もあり、

また、このまま、ここを「妊娠日記」にする気があまりないので、今後どうするかを熟考します。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。