YOGI-TEA

テーマ:

YOGI-TEA って 知っていますか?


もともと、ヨギ(ヨガの行者)のために、インドの古来からの

伝承医学であるアーユルヴェーダの考えに基づいてブレンドされた

スパイスハーブティーです♪ちなみにアメリカで作られています。

ヨガ人口の多いアメリカですものね~~・・・

はじめて出会ったのはもう1年以上前かな。

いつも通う「ピラティス」のスタジオでコーヒー

ヨガのクラスも多いスタジオではいつもアロマの香りが漂い

セルフサービスですがヨギティーを置いてくれています。


毎回、いろんな味が試せるので

今日はなんだろう・・・なんて楽しみに通っています。


結構おいしくてはまってしまったので、いろんなのを

試しています。


インフルエンザの流行っている(私の周りだけ??)

この季節は免疫力UP!の 「エキナセア」がお勧め。


そして、ここ数年冬に喉をやっつけられる(。>0<。)私は

「ハニーレモンスロートコンフォーロティー」がお気に入りです。

 

たくさん通販もあるようで ヨギティー専門店  もありますよ!


見て買いたい!という人には

「ナチュラルハウス」 さんにおいてありますので

お買い物がてらチェックしてみてくださいね。

AD

久しぶりにヒットクラッカーなお茶系ペットボトルを発見!


抹茶ミルク好きとしては売り場で見たときから絶対!

おいしいはずと即購入。


カフェで飲むような、はたまた自宅で作るような抹茶ミルクの味が

して、ただいまマイブームの1本です。


・・・・小岩井 ミルクと宇治抹茶・・・・・



もともと 「小岩井さん」のシリーズは大好きなものが多い。

クッキーの雪のまきばも大好き! 

小岩井のものは通販もやっててこちら で買えます♪


ペットボトルを発売してくれたKIRINさんにも感謝だわドキドキ

AD

徳島が産地の 「阿波番茶」


阿波番茶


こないだの高松出張で買いたかったのは阿波番茶。


徳島で作られていますが同じ四国だから

置いているだろう・・・ということで

高松三越をきょろきょろ。


ありました・・・ありました・・・・ラブラブ


昨年、高知出張した際には

「碁石茶」を購入したのがキッカケで、

日本で作られている緑茶以外のお茶に

目覚めてしまいました。


中国茶でいうと 後発酵茶である

プーアール茶と同じ後発酵茶の阿波番茶。


同じ後発酵茶でも

随分お味は違うもんだなあ~~~なんて

お勉強になりました。


阿波番茶は独特の酸味があるので

私は冷やして飲んだ方がおいしく頂けました。


毎年7月に一番茶を摘むそうですから

もうそろそろ新茶のシーズンかな。

1度作るところを見てみたいな~~~~。

 

釜茹でしてから木桶に詰めて上に

石を載せて作るそう。


え?釜茹で茶????


漬物とおんなじような作り方にびっくりですが

特徴的な酸味もこういう製法からくる 乳酸菌のような味。


すごいな~~

お茶に限らずですが、最初に作った人ってすごいですよね。


誰が最初に作りかた考えたんだろう・・・


そんなマニアックなことを考えながら

阿波番茶をいただきました。


阿波番茶アップ











AD

韓国 ナッツティー

テーマ:


ナッツティーイメージ


今日のお茶は 韓国のナッツティー。

韓国旅行で買って以来お気に入りのお茶の一つ。

寒くなると 飲みたくなる不思議なお茶。



ナッツティーパッケージ


こういうパッケージのもので中に粉が入っていて・・・

マグに注いで湯を注ぐと・・・




ナッツティーアップ



出来上がり!

韓国語の説明で何を書いてあるのかちんぷんかんぷん・・・

でも絵によると・・・ナッツが4種類。


松の実、ピーナッツ、くるみ?などが入っている模様。

ちょっとだけお砂糖をいれると 中国のピーナッツスープにそっくり(^-^) 



季節の変わり目

テーマ:

お!暖かいかな・・・と思ったらまた冬へ逆戻り・・・。


こういう時は何を着ていってよいのかわからず

寒いのに薄着で出かけたり、暖かいのに着こんでいって

気持ち悪くなったり・・・。


そして「食」や「茶」にも変化が感じられます。


たいてい、そろそろ冷たい飲み物やさっぱりした飲み物が

欲しくなり始めている方も多いのでは?


私も最近はすっきり目のジャスミンなどが

おいしく感じられます。

とはいえ、まだまだ冬の冷えがしっかり残る方は

まだまだ紅茶や烏龍茶がおいしく感じていることと思います。


もうすぐ飲料メーカーさんが新しいペットボトル茶発売の時期。

1年でいちばん新商品がでるので毎年楽しみにしています

今年はなんだろう・・・・わくわく・・・・!


花粉が飛ぶのでマスク姿の方も多くて憂鬱にお過ごしの方も

多いですが、そんな時だからこそ!

おウチで過ごすお茶の時間楽しんでくださいね(^-^) 


ちなみに・・・・うちの息子鼻が詰まって怪しいので

検査を勧められ、結果・・・

5歳にして

スギ花粉でした☆<( ̄□ ̄;)>☆・・・・・・


換気と洗濯が趣味といっても過言ではない私・・・。

控えるべき・・・?控えるべきよね???と思いつつ

電気屋さんで空気清浄機コーナーに初めて足をとめました。


mamalive2  工藝茶:美人魚ちゃん。


草花が新芽も元気に顔を出してくる様子も見られる今日この頃、

春がもっと感じられるのももうすぐね・・・(って暦では春だけどねん)


今日の午後はママリブバルコニーのお茶を春仕様に模様替え。


冬の間はカラダを暖める仕様のお茶などをセレクトしていましたが、

春らしいお茶に今日はチェンジ~してきました(^-^) 

↓サロン内のお茶コーナーです。


mamalive1


花粉に悩まされるこの季節のために

ミントハーブティー、花粉用スペシャルハーブブレンドティーなどもご用意しました。


あとは、いつも人気者の工藝茶、千日紅に負けるべし!っと

「美人魚」と「緑牡丹」を新しくセレクト。


美人魚は名前がなんとも素敵でしょ~~~

お湯の中でゆらゆら揺れるジャスミンの花がマーメイドのよう・・・と

いうことで美人魚となったのよ・・・なんて聞いたんですが

このお茶 中国国内の工藝茶コンテストで入賞したつわものです


緑牡丹は緑茶の工藝茶なので、春らしい味わい~~。

マリモみたいな形になるんですよ。


そろそろ暖かくなり始めたので、ジャスミン茶で喉の渇きを潤したり、

少し暖かい日は緑茶を飲んでバランスをとったりしてみてくださいね。

(緑茶は冷性のお茶です)

花粉症に効くお茶

テーマ:

まだまだ寒いものの チューリップなどお花をみては

春の気配を感じております。


春といえば 花粉。

ドラッグストアでも花粉グッズが置かれ始めていますね。


私の場合は、春の花粉症はなく、秋の花粉症が妊娠を機に勃発!

秋は鼻がもぞもぞ目頭がかゆいです。


OL時代、入社して早々かなりの花粉症の先輩が

目が痒い、鼻がかゆい・・・・薬飲むと仕事に集中できな~~~い!!!!

といって早退しておりましたが、今となれば花粉グッズが年々増えているので

先輩も少しは楽になっているのでは・・・と春になると思い出す私です。

(先輩もこんなことで思い出されているとは知らずですよね、笑)


そういえば・・花粉症に効く お茶としては有名なのが「甜茶」。

しかし!あま~~~い!お茶なので苦手な方も多いかも。

天然の甘さなのですが、「なんとなく太りそうで嫌」というコメントももらったことがあります。(笑)


甜茶といっても実は実は4種類もあるのです。ご注意を~


ユキノシタ科の臘蓮繍球(ロウレンシュウキュウ)、

アカネ科の牛白藤(ギュウハクトウ)、

ブナ科の多穂柯(タスイカ)、

バラ科キイチゴ属の「甜葉懸鈎子(てんようけんこうし)」


この中で花粉症に効果があるといわれているのはバラ科のもののみです。


甜茶をお買い求めの際には バラ科のものか確認すること

お忘れなく~~~~!


ちなみに、最近 台湾のお茶 凍頂烏龍茶も花粉に効くといわれていますが

お茶関係者は首をひねる方も多いです。

確かに効く成分が入っているそうなのですが、それをいうと他の台湾のお茶までもが

効くのでは?ということになりそうです。


そうそう!ハーブのネトロ。

これもまた花粉に効くといわれていますが、ひどい花粉症でもないですけど

ネトル茶が好きで、よく飲んでおります。


薄めて飲むボトルの液体タイプがおすすめ~~~


は・そうだ! 今日はブログを書き始めて丸1周年らしいです。


韓国茶  韓国で購入した韓国茶たち・・


皆さんにとって お茶といえば? 

日本茶ですか?紅茶ですか?それとも???中国茶?


それぞれにお気に入りのお茶が存在すると思いますが、

昨年から私のお気に入りに入ったのが 

「韓国茶」 略して 「韓茶」。


そもそも韓国茶との出会いは

昨年夏に姉と二人でソウルへ旅行へ行った時がほとんどはじめて。


韓国へ行ったら絶対に韓国茶の店に行こう!と

思っていたので、ソウル在住の友人には韓国茶が飲める茶館や

販売している店を回りたい旨、事前にリクエスト。


ショッピングの合間合間などで茶館でまったり過ごした時間も

良い思い出~


しかし、どこまででもお茶を追いかける私・・・・( ̄ー ̄) 


韓国のお茶の代表格といえば 「柚子茶」

あとは、五味子茶(オミジチャ)、コーン茶、ユルム茶、人参茶 などなど。


ちなみに

↑の写真に写っているのは、柚子茶と棗茶(なつめ)、ピーナッツティー。

写真のお気に入りの柚子茶は通常のものより高かったのですが、

砂糖を使っておらず、はちみつとあとは天然の甘さという

自然がウリの柚子茶に魅力を感じ、購入。

とってーも寒いこの冬に 大活躍したお茶でした。

甘いから子供も大好きですよ


そしてあまり知られていない五味子茶。

これは現在漢方の薬剤としても使われております。


甘味、酸味、辛味、塩辛味、苦味の5つの味を持っているお茶。

5つの味が楽しめるって?飲む前からまずそうなイメージ?


ところが、実際飲んでみると、個人的な感想ですが酸味が少しある程度で

なんとなーくローズヒップティーとか花っぽい味という気がしました。)


そうそう、効能もたくさんあるのが五味子茶の特徴。


・疲労回復

・咳や喘息、痰
・新陳代謝を活発にする。
・吹き出物の沈静作用。


すごーい万能選手ですね(笑)


お気づきかもしれませんが、韓国茶というのは いわゆる

「茶」ではないものがほとんどです。


ここでワンポイント

いわゆる「茶」とは?どういうもののことでしょう。


一般的に「茶」というと、植物名でいうとカメリアシネンシス

からできたものをさします。同じ葉を使ってどのように製造するかによって

緑茶、紅茶など色んな種類のお茶ができあがります。

原料はみな カメリアシネンシスなのです。


しかし、現在 カメリアシネンシスではないのに○○茶とつける

お茶が多いのが現実です。


例えば麦茶は麦、柿の葉茶は柿の葉、柚子茶は柚子が原料で、

茶とつくのに 茶葉の形状がどこにもないでしょう?


ちょっとややこしかったかな?


さ、話はもとに・・・


韓国でのお茶というと、カラダによさそうな健康茶がほとんど。

漢方に関しても日本より韓国の方が身近に気軽にとりいれているようです。


ちなみに 五味子が入った漢方薬は


小青龍湯、小柴胡湯、四逆散咳加減方  など。「咳」に関連する薬ばかりです。


ここまで読んでいただいた方・・・

きっと 五味子茶 欲しくなったでしょう・・・( `▽´ )


お茶で美と健康を~~~~

が私のコンセプトなので、これからもカラダに良いお茶

ご紹介しなくっちゃね~!