はと麦で肌美人

テーマ:

はと麦と聞くと、何を想像しますか??

はと麦茶?はと麦化粧品とか・・・?


実ははと麦は 漢方薬としても処方されるものの一つ

「ヨクイニン」です。


薬局でもヨクイニン入りの錠剤など売ってるのですが

飲んでる人でも成分「ヨクイニン」の正体が「はと麦」

とわかる人は少ないかも。


とっても肌に良いので

アトピーでお悩みの方、いぼができやすい方などには

もちろんオススメ。


そして 美肌効果を狙う方にも本当にオススメです。


ちなみに私ははと麦をお米に混ぜて炊いたり、

スープに混ぜたり、おぜんざいもはと麦ぜんざいだったり・・・と

はと麦を食べてとるように心がけています。


試してませんが・・・はと麦を毎日3ヶ月くらい食べ続けると

本当に肌がつるつるになるとかキラキラ


これから紫外線の気になる季節。

3ヶ月食べ続けて肌改善計画実践してみようかな・・・。




AD

東京アジア体験

テーマ:

今日は急に思いついて、

前から行こうと思っていた新大久保にお出かけ。


新宿駅からたった一駅だし我が家からは

意外と近い。


新大久保に降りても初めての場所で

ふらふら歩いていると・・・


んん!!( ̄□ ̄;)!! くさいっ!


久しぶりに嗅いだなつかしい匂い。(笑)


においのモトは

漢方を煎じてる匂い・・・。

臭いけど懐かしい。(って変体っぽいかしら)

上海医薬大学在学中は毎日この匂いが漂うキャンパスに

通っておりましたが、慣れそうで慣れない匂い。笑。


でもさすが新大久保!

韓国人も多いと聞くけど中国の人も多いし

こういう匂いが漂ってくるのも

また面白さですね(^-^)


そして日曜の昼下がり、

韓国の食材を見たり、台湾、中国の食材を見たりと

アジアの香り漂う魅力的不思議な街で

充実した時間を過ごしました。


旅行に行くのも楽しいですが

東京にいながらもアジアな時間も

楽しいもの。


ちょっと新発見だったな~!


今日は久しぶりに韓国のコーン茶飲みました


AD

漢方ってお堅いイメージ?

テーマ:

よく、漢方っていうと何だかお堅いイメージがある。

と言われます。


同様になぜか?中国茶も同じイメージらしいと

いうことをよく耳にします。


漢字だから?

うーん、違うかな。


多分、おおよその内容はわかるけど詳しくはよくわからない。


中国茶はすごく数が多いらしい・・・

漢方もややこしそう・・・

なんだかよくはわからないからということなのかしら?


私の中国茶講座ではもともと漢方や薬膳の知識を総合的にミックスして

お話することが多いので、生徒さんは皆すごーく熱心

質問もいっぱいいただき先生冥利につきる一時♪


やっぱり皆カラダのことになると耳の傾け方が違うんだなあ~

そして、メモを走らせる速さも はやい、早い!

そりゃ、健康でいたいもんね。興味あるの当たり前?


とにかく、漢方というとなんだかお堅いかもしれませんが、

本当に難しく考えることはありません。

基本は「養生」です。


中国で生活していた頃は、中国人たちは皆自然に漢方を取り入れる

生活をしているので、当然私も気がついたら自然に取り入れてたことが

多かったです


そもそも「漢方」 という漢字自体が中国から来た言葉ではないのですよ(^-^) 


中国では「中医学」  と言われています。

中国で言葉が通じないから 「漢方薬局店」 と漢字で書いても

通じにくいのでご注意を


「漢方」という言葉は日本人がつけた言葉です。


また、日本で有名な漢方薬 、例えば 葛根湯とか・・・。

日本の場合は、薬局など手軽に葛根湯など入手できますが、

実は本場中国には見当たりません・・・・。


葛根湯のような、日本で売っている薬というのは既に配合が決まっている

タイプの薬なのですが、中国国内ではその人を診てお薬を処方する

煎じ薬が主流なので中国人からすると出来合いもんの薬飲んで効くのか?

と不思議がられます・・・(笑)


同じ漢方なのに少しスタイルが違うのもおもしろいでしょ?


そして漢方といえば 独特のに・ほ・い・・・・( ̄ー ̄)

私が上海の中医薬大学に通っていた頃、大学の構内にはいつも

漢方薬を煎じるにおいが蔓延。当時はくさいと思っていたけど

今嗅ぐと懐かしの思い出のにおいになっているかも(笑)


繰り返しますが、漢方の基本は「養生」

基本は病気にならないようにすること。すなわち自然治癒力を高めていくことを

第一に考え

だから、病気にならないように、そしてなったとしても

自分のチカラで治すようにもっていくように働きかけます。


たらたら~~っと書きましたが、また漢方についてはたくさん

書いていきたいと思います。


 1に養生2に養生 3・4がなくて5に養生!


自分の体に耳を傾ける生活を心がけてくださいね


AD

冷え性的漢方生活

テーマ:

今日、東京は木枯らし1号が吹いたらしいです。

ほんと、風がみょ~に寒くてはじめてジャンバーなるものを登場させました。


最近は少し寒くなったので、より漢方生活を心がけて体調を整えている私です。

年中「冷え」をほとんど感じない私ですが、やっぱり寒くなってきたせいか

足あたり・・・やや冷えを少し感じはじめています。(といいつつ家の中で裸足ですが・・・)


もともと冷えのひどい方は「立秋」を過ぎたあたりから要注意ですよ!

とお話していますが、私は普段冷えがないせいか、みなさんよりずっと遅れて

「立冬」あたりから冷えを感じ始めるのが例年通り。


ちなみに立秋も立冬も24節気あるうちの1つ。

立秋が8月7日ごろではじめて秋の気配が感じ始められる頃。

立冬が11月7日ごろではじめて冬の気配が感じ始められる頃。


といわれています。立秋の時なんてまだまだ暑い盛りなのですが

本当に冷え性の方はこの頃から用心してカラダを温めはじめると効果があると思います。

もともと冷え性の方は陰と陽の「陽」が少ないので、冷えを感じているのです。

だからまだ寒くなりはじめる少し前、「立秋」からカラダを温めるように心がけて

「陽」を蓄えておくと、本当に寒い冬が来た時の対策となるというわけです。


私は最近もっぱら体を温める飲み物をたくさんとり、体を温める食べ物をとり・・・で

インフルエンザの注射も終了ずみで冬対策も万全!かな?(笑)


で・でも・・・下火になってもう今年はないでしょう・・・・という

4月を目前にした今年のある日。インフルエンザになった悪夢を思い出します・・・・☆<( ̄□ ̄;)>

今年はなんとかインフルエンザのワクチン効果がありますよう

祈るばかりです・・・・。





気軽に漢方生活

テーマ:

いつの間にか中国に住み、いつの間にか中国語覚えて・・・

いつの間にか中医薬大学へ行き・・・・いつの間にか?中国茶やってて・・・・

続く続く・・・・で

気がつくと「いつの間にか○○していた・・・・」ということが多い私。

(ほんと人間どこでどんなきっかけがころがってるかわかりません)


その時その時は一生懸命その時のことしか考えず、好きに没頭してるのだけど

おかしいものでやっぱり好きでやるものは似通ってる。

どれも「健康・美容」部門かなっと思うのだけど・・・↓↓いかがでしょう?


①上海中医学大学で 推拿師(マッサージ師)の免許をとり・・・

②上海カリーナ美容学校で エステの勉強

③アロマコーディネーター

③中国政府認定の高級茶藝師

④漢方アドバイザー


実はものごころついていちばん最初に思った夢は

「大きくなったらお医者さんになりたい」

と思っていたはずなんですよ・・・・そうそう・・・・そのはず・・・・

はず!ハズ!!!!!!!!☆<( ̄□ ̄;)>☆はあはあはあ・・・・。


でも・・・・(-.-")大きな志は大きなままで終りましたです・・・・・(遠い目・・・)ほい。


今現在は中国茶をメインにお仕事することが多いですが、

常に「お茶で健康ライフ」を実践しつつ、教える生徒さんにもお茶と漢方の結びつき

考え方などを詳しくお話することを心がけています。


漢方はとても複雑でわかりにくいかもしれませんが、

簡単にいうと私の大好きな言葉

「自然にそって生きていれば、おのずと健康は手に入る」

実践することこそが気軽な漢方生活だと思っています。


今は漢方のお勉強に没頭していて、日夜症例検討しつつ・・・・こういう

症状の人にはこのお薬を処方して・・・などできるようになってきました。


元気だけがとりえの私だからこそできるのかもしれませんが、

疲れてる人、悩んでる人、具合が悪い人・・・などのお役にたてるよう

漢方と中国茶でしっかり養生アドバイスして

みんなにパワーを与えれるようになりたいな♪