あったまるお茶

テーマ:

table


ここのところ東京の冷え込みはかなり厳しい・・・・。


さすがに今まで冷えを感じなかった私も

下半身がつめた~~いです。


外出先から帰ってきて、すぐにお湯を沸かして・・・

一杯のお茶であったまって ほっとしてから

やっと動く気になります。


簡単なので韓国の

「ゆず茶」 は寒いときの定番。


スーパーでもゆず茶という名前でビンに入って

売っていますよ~~♪

お友達が来たときのおもてなしにもお勧めです。


あとは ルピシアさんで売っている

「白桃烏龍茶」も寒い時の私の定番茶です。


着香茶なのですが・・それはそれで楽しめますよ音譜










AD

7月の中国茶サロン

テーマ:

    7月ジャスミン3種

        黄色い花 ジャスミン茶 黄色い花

         (茉莉花茶)



7月の中国茶サロンはリクエストの多かったジャスミン茶をテーマに。


ジャスミン茶の香りに癒され、さっぱりしているせいか

女性から圧倒的支持が多いように思う。


先日取材を受けた時に、

はじめて飲んだ中国茶はなんですか?


と聞かれて考えてみたら

私の中国茶は確かジャスミンにはじまったような・・。


食が大好きな両親に育てられた私は、小さいときから

両親と一緒によく神戸、元町中華街へ食事にでかけていたっけ。

その時、必ず出てきたお茶がジャスミン茶お茶


まだ幼かった私はフツーのお茶のほうが何倍もおいしいと思ったもので

小さい声で「これ・・・嫌い・・・お水がいい・・・」なんて言って


「ばかも~~~~ん!!!中華にはジャスミンって決まってるメラメラ!」


とグルメな父を怒らせたような気がする。笑。

  もうこんなことおとーさんも忘れてるだろうな・・・


だからジャスミンは昔嫌いだったはず(///∇//)


でも、好みも変わるのか大人になったのか

中国に住み始め、まだまだお茶初心者だった

私がいちばんここちよかったのも実は ジャスミン茶 。


だからかしら・・

なんだかジャスミンには不思議な縁を感じるわ~目


毎年決まってゴールデンウイークが終わったころから

8月頃までジャスミン茶を飲みまくる時期がある。

今年もその嗜好は変わらずなので、

自宅で作る冷茶も外で買い求める

ペットボトルもジャスミンが続く日々。


ジャスミンは白いお花。漢字で書くと

  

  茉莉花=ジャスミン


になります。


もともとは緑茶で原料の緑茶にジャスミンの花を混ぜて香りをつけたものが

ジャスミン茶となります。


原料に白蘭で香りのベースをつけて

ジャスミンの香りをつけます。

朝、つぼみの時にジャスミンのお花を摘んで、夜になるとお花が開いてくるので

その頃に原料と混ぜ混ぜして数時間おくのです。

↓ 途中熱を発散させるためかき混ぜ、また積み上げ・・・

ジャスミンのお花を取り除きます。

乾燥(乾燥の後、更に香りを高めるために花を加えて花を取り出します)


となります。乾燥の段階で香りを確認して、足りなければ香りつけの作業に

戻ることも。 ちなみに高級なジャスミン茶は香りづけの回数が多いです。

とても極端な例ですが低級のものだと 高級ジャスミンの香りづけに

使った花を用いて香りをつけることもあったりします。




ジャスミン特級

特級なのになぜか?評判はいまいち。


ジャスミン小龍珠

コロコロジャスミンとか真珠花茶とかいろんな名前で売られている。

香りが高く、味もしっかり目にでるバランスが良いジャスミン茶。


ジャスミン銀匂

こちらは白い新芽の部分が多いお茶。

真っ直ぐ針のような形をしていると茉莉銀針として

売られている。

今月の皆さんの評判は

1位 茉莉銀匂
2位 茉莉小龍珠

3位 特級 茉莉花茶


でした(^-^) 1位の軽い~~ふわ~~り

上品な味のジャスミンのとりこになった方が

多かったです。


3位の特級のジャスミンと値段変わらないんですけど

なぜか みんなに 「フツーのジャスミン茶の味」

といわれていた 特級ものなのに。ぐっすん。



そして今月の軽食は豚肉ときゅうりのピリカラ炒め物。


7月サロン料理アップ


なんていう名前の料理ですか???と聞かれたけど

中国で食べていたような味を思い出し再現しているので

すいません~~(*゚.゚)ゞ


きゅうりはカラダの熱をとる働きがある上、

豚肉は夏ばてにも効果的!

夏においしい1品です。


中華のエッセンスとして花椒をいれたので

レストラン風のお味になるのかも。



7月サロン料理セット


デザートは みんな大好き!

 LOVEドキドキ LOVEドキドキマンゴープリンキスマーク



7月サロンマンゴープリン



いつも軽食かデザートのどちらかなのですが

来月はお休みをちょうだいするので

8月分も楽しんでいただきました(^-^) 


マンゴープリン。

自分で作り出したら外で買えなくなってしまうくらい

おいし~~~~~~アップですよ。







AD

6月の中国茶

テーマ:


今年の梅雨は何処へ?の6月ですね。


今月の中国茶は引き続き 緑茶を愉しんでいただくことに。


中国のお茶=烏龍茶


という認識がまだまだ高い私達ですが、実は実は

中国の人の7-8割が緑茶を愛飲。


そして 中国茶の生産の中でも生産量が多いのは

烏龍茶でもなくプーアール茶でもなく・・・緑茶がトップ。


中国語も・・・・・叫びな状態、

もちろん中国の文化も・・・叫び・・・知らない知らない


当然ながら 中国茶も・・・・叫び知らない私だった11年前。


当時大好きだったのは ジャスミン茶。


よく中国に住み始めた頃 好きなお茶が ジャスミン茶だと言っては

上海の知人に ジャスミン??? 


え? 


ジャスミンがすきなの??叫び


っと 笑われた記憶が記憶のワンシーンとして

鮮明に残ってます。



中国緑茶のおいしさがわかるようになってから

もうどれくらい経ったかな。

いやいや・・わかってると思っているだけで

まだまだかな???笑。




中国の緑茶と日本の緑茶は共に同じ緑茶。

もちろん もともとは同じ1枚の葉

双方とも緑茶に違いはありませんが、

最初に蒸してしまう日本緑茶と

炒る・焙ることが多い中国緑茶では仕上がった味の特徴が

変わってきます。


今月は2種類皆さんに愉しんでいただきました。


太平猴魁(たいへいほうかい)


たいへいほうかい



中国、安徽省黄山市が産地。


大きな大きな茶葉が特徴的。


1915年 パナマ万博で金賞を受賞したお茶です。

蘭の香りがするとよく言われますが、

蘭の香りがわかる人が

どれだけいるのかしら?なんて思ってしまいます。


緑茶といえば 龍井茶あたりが有名ですが

私の好きな緑茶BEST5に入るイチオシのお茶なのですビックリマーク 




得雨活茶


雨得





茶器で有名な景徳鎮ですが

こっそり(でもないか・・・笑)

お茶も作られています。


ほとんど日本で流通していないお茶で

人民大会堂などで国内外の国賓のお客様などに

お出しするためのお茶といわれているので

話のネタに皆さんにも飲んでいただこうと思いまして

ご用意しました(^-^) 


無農薬の有機緑茶だそうですが

太平猴魁の後に出したのがマズかったかしら・・・。

皆さんの反応は


苦っ!!!


という方多数。


ちなみに少数派ですが おいしいラブラブといった方もいらっしゃいましたよ。


今月の軽食は


「シンガポール風ビーフン」


singapore ビーフン


上海にいた頃、大好きだったメニューの一つです。


なぜ?シンガポールビーフンはカレー味なのかは

不明・・・。誰か知ってたら教えてくださ~~い。


シンガポールビーフンというと

必ずカレー味のもの。


日本人ってカレー味が大好きですよね。


上海にいた頃よく食べていたのは、

遠い(近いけど)日本を思い出していたのかな。笑


日本にいる今、上海にいた頃を思い出し

適当に再現してみたら 簡単!簡単!


焼きそばやうどんやパスタもいいけど

夏は シンガポールビーフンもお勧めです。


カレー粉買って是非是非お試しを~~音譜





AD

5月の中国茶

テーマ:

      5月の中国茶 

柏餅緑牡丹


この時期に大好きな緑牡丹と柏餅。


緑茶がおいしい春から夏にかけて本当によく飲むお茶です(^-^) 

自宅サロンで皆さんにガラスのコップで召し上がりつつ・・・

お茶の時間を過ごしていただきました。


この柏餅のもちもち感に感動する生徒さんたち。

かなり!庶民的な自宅近くの某店で

購入するのですがここのお店の利点は朝早くから開店していること。


10時半のサロン開始時間前、9時半ごろ自転車で

ちゃりちゃりちゃり~~~っっと

買いにいくとちょうど出来たてが

店頭に並ぶ頃。

やっぱりできたてはおいしいよね!


皆さんあまりのおいしさに

帰り道で既に購入される方多数。


おいしいものって誰かに知ってもらいたくて

ついついおしゃべりになってしまいます。


緑牡丹は今流行の工藝茶の中でも一番最初に作られた工藝茶。

黄山毛峰をベースに一つ一つ糸で縛られ

中国の国花の牡丹の形をしています。


↓左上:開いた茶葉 右下:淹れる前の茶葉


緑牡丹


グラスの中でゆらゆら揺れる姿は

本当に綺麗な円形でまるでマリモのよう。


牡丹の花もダイナミックで力強そうで

なんか凛としていて大好きなお花。


何度となく淹れて・・・飲んでいますが

毎度毎度あきもせずうっとりです♪


そして春茶の続々到着の中でも特別なのが

茶科所龍井茶


2007大仏龍井


産地はもちろん 浙江省杭州市

中国農業科学院茶葉研究所直轄の茶畑・製茶工場で育てられ製茶された

茶葉は2007年3月12日摘みのものが手に入りました。

不思議と同じ畑でとれても摘み取る日によって味が違うのが

また中国茶の楽しみのひとつです♪


色・味・香・形のすべてが素晴らしいと評価される龍井ですが

驚くほど清楚で上品なお味に生徒さんをはじめ私までうっとり。

本当においしかったドキドキ

また、緑茶の中でもいちば~~ん摘み取りが早いと

言われている 鳥牛早 も一緒にいただきました。

新茶と過ごすお茶の時間は本当に幸せラブラブ





自宅サロンにて準備中・テーブルは未完成のワンショット。

テーブルコーディネート中どの茶器にしようかなと考えてるところです。

毎回恒例の軽食、今月は野菜春巻き。


春キャベツたっぷりの塩味の春巻きが皆さんにはとても

珍しいらしく、好評でした。


最近、中国茶サロンの日に同じレシピを

夕飯に並べてくれる生徒さんも多くなっている様子。

嬉しいです。


春巻き




3月の中国茶サロン

テーマ:



バラプーアール 菊ぷーあーる


薔薇プーアール茶 & 菊プーアール茶


プーアル茶が飲みにくい場合の 人気のブレンド2種類です。

薔薇:ビタミンCが豊富で プーアール茶とあわせると究極の美容茶の出来上がり!

菊:お肌によし!血圧をさげる等々の効能もありつつ、お口がさっぱりします


ちょっと肌寒い今日、自宅サロン にて3月の中国茶講座を行いました。


今日は先月に引き続きプーアール茶をテーマに。



ぷーあーる3種類


本日のお茶3種類

・遠年七子青餅塊茶 プーアール生茶10年もの

・棗香老散茶 プーアール熟茶

・小沱茶 プーアール熟茶


お茶菓子は


茶菓子

・南京落花

・梅昆布ゼリー

・チーズおかき わさび風味


この1年ほど、中国国内は空前のプーアール茶ブーム

今までプーアール茶というと生産地の雲南省や香港あたりでしか

好んで飲まれていなかったのです。


もともと、ジャスミン茶がだ~~いすきな北京市民も

緑茶がだ~~いすきな上海市民も、

プーアール茶を好んで飲むようになったというから

驚きです。


先日、中国からいらした尊敬する某先生の

特別講義の演題タイトルもプーアール茶でしたもの(^-^) 


中国国民が今なぜ?プーアール茶を好んで飲んでいるか。

それは 健康のため が大多数の理由だそうです。

どうやら政府もプーアール茶を飲むように推奨しているとかと

いう話もちらほら。


プーアール茶の主な効能としては


血圧を下げる、ダイエット(油を落とす)、コレストロールを下げる。

また新しく消化を助けるための効能も日本・ヨーロッパなどの

実験でも実証されたそうです。


中国茶の中でも ちょっととらえにくいプーアール茶。

お味も独特、香りも独特。ということで敬遠している人も

好き嫌いが多いのもこのお茶の特徴。


今日も3種類飲んでいただき、

生茶と熟茶タイプを混ぜました。

古来からある製法が生茶。比較的新しい製法が熟茶にあたります。

今日の人気は棗香老散茶でした。


「プーアール茶は飲める骨董品」


といわれていますが、ワインと同じように思っていただければ

わかりやすいかな。ワインと同じように年数があります。

5年もの・・・10年もの・・・などなど。


熟成されればされるほどまろやかさや風味が増しますワイン


プーアール茶はとてもとても1回では語りきれないので

またこの続きはゆっくりとお茶


そしていつものお楽しみの軽食ランチ。


肉団子

「中華風 肉団子」 


とりひき肉と豚ひき肉を半々に混ぜて作りました。

ひじきと寒天があまっていたので使うことに。

いったん肉だねを揚げてから 味付け。


おいしそうに食べていただけるだけで

嬉しい(^-^)ラブラブ


 










今月の中国茶

テーマ:

今月の中国茶: プーアール茶 

   ・宮廷プーアール茶

   ・孟海プーアール茶

    ・双西版納プーアール茶


      2月のお茶


今月の自宅サロンではプーアール茶の飲み比べを3種類いたしました。


香りたか~い他の中国茶と違い、熟成型のプーアルは良さをわかっていただくのが難しい。

今回は五感も大事にして・・・イメージ一新作戦!ということで・・・

二胡や中国琴のBGMもお休みしJAZZに。。。


焼肉屋にJAZZがかかっているような環境作り・・・??笑。


これに出会ってからプーアール茶のイメージが変わってしまった

「宮廷プーアール茶」は私の一押しっ。

あまーくて とっても飲みやすいのですよ。


もともと冷え性でこの時期に便秘になる人は

冷えからきているこもと多いのですが

間違って冷え性の人が下剤を飲むと逆効果になることもありますので

薬を飲むときには慎重になりましょうね。


整腸作用も高く、カラダを温める効果の高い

プーアール茶はこういった悩みを抱える女性には特にお勧めです。


孟海プーアール茶も飲みやすくて人気でしたが

今月の飲み比べ一番人気はやはり宮廷プーーアールが圧勝。

皆さんがプーアール茶といえば・・・のお味の

シーサンバンナプーアール茶はなんと0票!・・・・ひえっ!わかりやすい・・・


ひとりでなく何名かで色んなお茶を飲み比べると色んな意見が出て面白い。

自分の好きなお茶にたどり着くのは魅力的な時間そのもの。


2月茶菓子   マンゴー

お茶菓子は同じものが揃わなかったので日によってまちまちに。

ココナッツタルト&くるみ、えびせんの組み合わせ。

芒果(マンゴー) ケーキ%くるみの組合わせの2種類を用意。


そして・・・皆さんお楽しみいただいている軽食は



nenngao  ねんがお2



    旧正月 春節にかかせない  「年がお 炒め」


上段が「ねんがお」の炒める前で下が炒めた後。


今年の旧正月は2月18日(日)が元旦。

この時期には中国内でも ねんがおがたくさん売られているでしょうね。

私も横浜中華街に行って買ってきました(^-^) 


中華街の和菓子屋さんに 生ねんがおを売っている

珍しいお店があるんですよ!

日持ちはしませんが 日持ちがするものより とってもおいしいので

お勧めです。


もしご興味ある方は行って買ってみてくださいね。


横浜中華街 関帝廟通り 天長門(横浜大世界)前にある

   「田中家」 

横浜市中区山下町136番地 電話045-681-4314


恐らく春節を過ぎると売ってないかもしれないので

食べたい!という方はお急ぎを。。


↑写真じゃ~炒めて色が黒くなってわかりにくいですが

珍しい 中国野菜「金針菜」も入れて栄養も満点!



金針菜

百合科のかんぞうの一種の花のつぼみ。
金針菜はほうれん草の20倍の鉄分を含む増血野菜
としても知られています。


ねんがお炒めは白菜、白ねぎ、きくらげ、豚肉、まいたけ、金針菜と一緒に

炒めて鶏がらスープ、オイスターソース、しょうゆ、塩コショウで味を調え、

最後にとろみをつけて出来上がり!


ごはんがすすむと好評でしたよ!

ねんがおが見つからないときには 韓国のトックで代用できるかも。













中国紅茶

テーマ:

暖冬ですが・・・寒い時にはカラダをあっためる紅茶が最適!

今月は中国紅茶の飲み比べをいたしましたコーヒー




中国紅茶



今月は3種類。写真↑左から


●九曲紅梅(きゅうきょくこうばい)

●祁門(きーまん)

●正山小種(らぷさんすーちょん


毎月必ず聞く「どれがおいしい?」

アンケートでは想像はしていましたが

●九曲紅梅

●祁門


に分かれました。

やはり強烈特徴的な香りの正山小種(らぷさんすーちょん)は

誰も手をあげてくれない・・・・(笑)


そうそう・・・

香りが「正露丸」そっくりなんですもの・・・・(-.-")


しょうがないといえば しょうがないような・・・。


思わず、自宅薬箱にある正露丸を取り出して

本当にそっくりか?嗅ぎ比べまでしてしまいました(*v.v)。


なんとかおいしさを分かっていただこうと

ヨーロッパで人気のミルクと砂糖を足していただき

香りと味をやわらげ飲んでいただくと

ようやく少数ですが いけるかも・・・とのコメントを

いただき ほっ!


1月中国茶花

お紅茶=イギリスのイメージですが

お茶のふるさとは中国雲南省。

もちろん紅茶の発祥も中国なんですよ!


日本ではあまり人気がない中国紅茶ですが

ヨーロッパでは人気です♪


ちなみに祁門紅茶は毎年イギリス女王陛下の

お誕生日に欠かせないお茶と

言われています。

(お誕生日には祁門紅茶で乾杯するのです)


1月中国茶てーぶる


個人的には九曲紅梅に1票!

中国緑茶といえばの「龍井茶」の龍井と

同じ茶葉で作られている紅茶です。

ちょっとダージリンを思わせる香りと軽い飲みで

苦味も渋みもないお味がストレートで飲むには

好みのお茶ですコーヒー


たまには中国紅茶はいかがですか??





11月の中国茶 料理編

テーマ:

家常豆腐テーブル


最近生徒さんがとっても楽しみにしているのは

お茶?それともお茶請け?はたまた 一品料理?

という状態かしら・・・(笑)

ついつい皆さんが喜ぶのでお出ししてしまいます。


今月、お茶と一緒にパイナップルケーキを召し上がっていただいた後、

軽いランチに家常豆腐とごはんをお出ししました♪


家常豆腐アップ


家常豆腐といえば上海のいわゆる定番

家庭料理です。厚揚げ、きくらげ、豚肉、ねぎ(わけぎ)などを

中華といえば・・・のにんにくとしょうがベースに

豆板醤、テンメン醤などで味つけました。


最近はcookdoシリーズでもおなじみの

家常豆腐ですが、使わなくっても

簡単にできてごはんがススムススム!

おすすめですよ~~~ラーメン


いつも思うのですが中国茶だけでなく、一緒にお出しする

お料理やお茶菓子、茶器の選び方・・・テーブルコーティネートなど

トータルでできるようにお出しできるようになると

また楽しみが広がるのです。


私の知っていることなら惜しみなく

ご伝授しなければ!

11月の中国茶

テーマ:

11月の中国茶

11月の中国茶:大紅袍(だいこうほう)


中国福建省の山、武夷山(ぶいざん)の岩地に生える

岩茶のうちの1種。岩から生えてる茶樹なのでミネラル分が

とっても豊富なお茶。味わいはすごく重みがあります。



11月の自宅サロンのお茶は中国の茶農家さんから

譲っていただいた 大紅袍(だいこうほう)。


大紅袍は中国茶のお酒で例えるとロマネコンティと言われる位

値がはるし、貴重品。

少量しか出回っていない。


私は個人的には自分好みの味のお茶でない上、

値段が高いので好んで買うことはないけれど

やはり貴重なものなので生徒さんには是非飲んでいただきたいと

思うお茶のうちのひとつ。


昨年も本当に貴重な大紅袍を皆さんで分けて

飲みましたが・・・

昨年の方がおいしかったかな。


お茶請けは先月皆さんのリクエストをうけて

台湾名産パイナップルケーキ

中国語では鳳梨酥でございますメモ


パイナップルケーキは大好物でいつもどれほど

食べるの???というくらい食べてしまい反省を繰り返しておりますパンチ!

でもおいしいものはやめれません。


台湾のパイナップルケーキもたくさん有名なお店がありますが

定番「新東陽」さんのものや万通さんのものが個人的には

好きかな。

でも研究し尽くしてないのでもっと自分好みのものがあるかしら。。。


さんざん台湾産のと書いてますが・・・

写真の生徒さんにお出ししたものは

上海のパイナップルケーキです・・・(笑)

でもね、結構これおいしーんですよ!

上海出張に行った主人にお願いして買ってきてもらいました。


中国製のパイナップルケーキも結構いけますよ!

皆さんも中国の空港で欲しくなったらこのパッケージ探してみてね!


上海パイナップルケーキ




10月の中国茶

テーマ:

今月の自宅サロンでのお仕事は昨日の中国茶で一通り終了。

あとは自宅外のお仕事お仕事・・・。


10月なので仲秋の名月のお話をして、

皆さんで「鉄羅漢」「黄金桂」を淹れていただき

飲んでいただきました。


鉄羅漢は岩茶の中でもいちばん古いお茶。

どっしりした深みのあるお茶。


そして黄金桂は鉄漢音と同じ里、福建省安渓でとれるお茶です。

とーっても香りが高く、梨やキンモクセイの香りにたとえられることの多いお茶です。

伊藤園さんが黄金桂のペットボトルを出していますがおいしいですよ!


↓写真奥左が鉄羅漢、右側が黄金桂。

2つとも六大分類でいうと烏龍茶の仲間「青茶」に属しますが

色がぜんぜん違いますよね。


秋の中国茶


色の違いは発酵度の違いによるもの。

色が濃いものほど発酵度が高く、どっしりした味わいになります。

また同様に色が濃いほど身体を温める作用が高いです。


毎月、お茶と一緒にお茶菓子を出すのですが

今月は栗の形の甘いお菓子をお茶菓子と共に・・・・


そしてそれ以外にお出しする一品。

一時期、中国系手作りスウイーツにこってお出ししていたのですが、

なぜか最近定番の軽食。

ここ3ヶ月ほど、飲茶系統が続き、今月は中国の家庭料理と新米を添えて・・・


お茶もですが・・・なぜか盛り上がるこのサイドメニュー。

必ず生徒さんに作り方を聞かれますラーメン


今月のは鶏肉とこんにゃくきくらげのピリカラ四川風煮。

ごはんに合うメニューで皆さんその日の晩御飯のおかずにしてくれた

ようで嬉しいです(^ε^)


四川風のおかずでかなりこってりなので、食事には

鉄羅漢の方があうかな。


生徒さんにお持ち帰りようの茶葉を選んでもらったのですが・・・

皆さん甲乙つけがたい模様。でも上手に半々に分かれました。



そろそろどっしりした あったかーい鉄羅漢などもおいしく感じる季節到来ですねお茶