2006-08-18

本を読んで処理をしよう

テーマ:

 読み止しの本が溜まって。

 どれを読んだのか。

 どれを読んでいないのか。

 よくわからなくなってきた。

 手当たり次第に読むもんだから。

 無秩序だわ。

西尾 維新
ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言遣い

 をやっと読了。

 9ヶ月くらい放置してた。

 内容があやふやになってた。

 思い出そうとして。

 第一作目から思い出した。

 おかげで。

 疲れた。

 この作品で戯言シリーズは終わってしまったけれど。

 今後の西尾維新氏からも注目が離せないだろう。

 あぁー。

 面白すぎる。


 他にも。

 ファウストVol.6 SIDE-A、Bともに読み止し。

 ニンギョウがニンギョウにいたっては、見つからない。

西尾 維新
ニンギョウがニンギョウ

 うふふー。

 物忘れが激しいのか。

 失せものが多い。


 気になる気になる気になる。

 途中まで読んでたんだもん。

 だって気にならないはずがないんだもん。

 ぐぉぉぉぉー。


 今日現在出てきたもの。

 好きな絵本一冊。

 小説「メメント」

 「ハムレット」

 「火星年代記」

 「氷菓」

 フランス語の辞書


 ・・・・・・

 ・・・・・・

 ・・・・・・


 ないね。

 ないんだ。

 たぶん、今日はお出かけしてるんだ。

 そうだよ。


 忙しいんだよ。


 うっし。


 またあとで。


 とりあえず。 見つけた本でも読もう。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-11-07

フリージア

テーマ:
 どうも。
 スパーキーです。

 最近買った。


 すっごくおもしろいです。
 何がおもしろいって?
 なにもかも!
 突拍子も無い設定や。
 ありえない主人公。
 ヒロシすげー!
 ものすごく強く。
 ものすごく弱い主人公。
 叶ヒロシのビジネスストーリー。
 ただし仕事は“敵討ち”と言う名の”人殺し”。
 松本次郎さんの作品はこの『フリージア』で初めて読みました。
 まず画がもんのすごく気持ち悪い。
 でも。
 すごく引き込まれる。
 巧いです。
 ストーリーは壊滅的?
 に好き。
 ああすげぇよ松本次郎。
 他の漫画も揃えたくなった!
 金が湯水のごとく減ってゆく。。。

 あ。
 時給が上がりました!
 いえぇーい!フリーダム!

 冬服買わなきゃ。

 もう、わけわんないね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-07

『リレキショ』  中村航

テーマ:
 どうも。
 スパーキーです。

 久しぶりに、本を一冊読み終えました。
 最近の不満は。忙しくて本も読めなきゃあ。音楽も聴けないし。映画も見れないことでした。
 みんな結構。平気でサボるツケが。なんか。スパっちに回ってくるんですよ。まじ勘弁。
 あ~ひゃ~☆

 この本。『リレキショ』で中村航さんの本を初めて読みました。非常に読みやすく。いい本です。いい本が、読みやすい本だとは限りませんが。すっきりとした後味の残る作風です。飲み物でたとえるなら。ファンタ。嘘。あれ甘すぎです。ダイエットペプシツイスト。あたりで。どうかお願いします。
 この作品。どうやら、第39回文藝賞受賞作の模様です。ふ~ん。スパっち、あんまり賞とった作品とか読まないんですが。むしろ、避けて読んでるんですが。これはいいです。第38回の作品よりいいです。アレはねぇ・・・・・・。
 この『リレキショ』ちょっとした知り合いが、読んでて。けっこう似ている作家が好きなんで。読んでみたんです。
 主人公の自己の空白。ではないですね。ゼリーみたいな感じ。それより、もっとフワフワ感有ですかねぇ。原色。ヴィヴィッド。ロケットランチャー。あ。語呂がいい。名前がポイントですね。村上春樹の主人公はたいてい匿名。西尾維新の主人公は愛称。佐藤友哉の主人公は壊れてる。ここいらを混ぜて。それに、数種類の物資を混合し。綺麗に等分したものの、ひとつ。といった感じです。いい具合に壊れてもいなきゃあ。とんじゃってもない。
 どっちでもいいけど。デザインがすき。カバーをはずした表紙。かわいい。
 著者近影ちょい恐いですがね。かわいい系ですかね。ぷぷぷ。

 もう、わけわかんないね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-24

梁石日

テーマ:
 どうも。
 スパーキーです。

 去年『血と骨』って映画ありましたよね。






 この原作者の梁石日(ヤンソギル)さんの本は、おもしろいです。

 全部読んだわけではないんですが。スパっちが梁石日さんの本で特に好きなのは、『Z』と『タクシードライバー―一匹狼の歌』です。




 『Z』は、戦後に暗躍した伝説の暗殺者“Z”を現代まで追う話です。主人公が、“Z”を戦後から追うのではなく、途中から彼は“Z”をしるのですが。ハードボイルドです。スパっちこの本気持ち悪いと思いました。影響されやすいんです。フィクションなんですけど、リアルすぎる。恐い。怖い。
 すごく気持ち悪くなると同時に、のめりこんで読んじゃいます。




 『タクシードライバー~』は、著者もタクシードライバー経験者だったこともあり。実態に基づいたルポルタージュです。これがおもしろいんです!タクシーの意外な実態。目から鱗。比較的読みやすい本だと思います。どきどき。

 ところで、『血と骨』の主人公の名前の漢字の読みがわかりません。“金俊平”なんて読むの?

 もう、わけわかんないね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-22

『ツナミックス』  海野つなみ

テーマ:
 どうも。
 スパーキーです。




 スパっち本読むの大好き。漫画も大好きです。
 ここ3年間くらい、いいなぁと思いつづけてる漫画家さんがいます。それは、海野つなみさん。自分の中で、漫画家さんでも作家さんでも年々読みつづける作品のある人と。あるときからふと、読みつづけなくなっちゃう人って居ますよね。海野さんは、その中でまだ残ってるんで。スパっちの独断ランキングでは上位です。残留派です。
 海野さんはホントいい。なんだろ、安定してると思う。昔、某少女漫画雑誌を読んでて。たまに読みきりとか載っててけっこういいとは思ってたけど。約9年?くらいブランクあったんだけど。ある日、書店で単行本見つけてからはまっちゃいました。
 彼女の作品は、独特の雰囲気があると思う。話の構成とか、ギャグのネタとかツボ。おもしろい。“(笑)”が彼女の作中に多いことは有名です。誘い笑いに、つられ笑いしちゃいます。嘘ですが。海野さんは関西出身ということで、笑いにテンポがあるね。
 『ツナミックス』のなかでは、一番は『世界の終わりに君を想う』だなぁ。こういうのけっこう好き。なんか、愛を感じる......。『リフォーム父さん』もいい。父さん器用でおもしろいね。いいな。こんな部屋住んでみたいね。羨ましいよ。

 もう、わけわかんないね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-19

『バラが咲いた』  ジョージ朝倉

テーマ:
 どうも。
 スパーキーです。

 昨日に引き続き、ジョージさん紹介。




 “ジョージ朝倉初期傑作選”と銘打たれた。本作『バラが咲いた』は、ジョージさんお得意の少女的恋話が中心です。

 表題作『バラが咲いた』。『星空で目がくらむ』。『星の名前』。『PUNKY CAKE JUNKIE(パンキー・ケーキ・ジャンキー)』。『青色的少年(アオイロショウネン)』。5編です。

 スパっちはこの中では『星空で目がくらむ』が一番すき。ノスタルジック☆ジョージさんは、大人になりきれない女の人と大人になりたい女の子が上手いと思う。

 清々しいほどのバカと切なく淡い恋とか。絶妙☆

 今までの不遇さの穴埋めのような。デラックスの大判での出版。清々しいくらいあざといな!

 もう、わけわかんないね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-18

ジョージ朝倉  『溺れるナイフ』

テーマ:
 どうも。
 スパーキーです。

 今日は書店でジョージ朝倉の『溺れるナイフ』買いました。



著者: ジョージ朝倉
タイトル: 溺れるナイフ 1 (1)

 ジョージさん最高☆夏芽ちゃんかわいいし。コウちゃんもかわいい。ノスタルジックな気分になります。
 ジョージさんは、登場人物の一人語りによる心理描写が秀逸です。ふきだしに入ってない台詞。笑いのツボもいい。シリアスもギャグも。

 バカ話もすきだし。女の子女の子した感じの、恋愛話もすき。けっこう、胸キュン☆です。

 今回の『溺れるナイフ』もやられた。やっぱ。すきです。

 もう、わけわかんないね。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-18

西尾維新 『ネコソギラジカル (上) 十三階段』

テーマ:


著者: 西尾 維新
タイトル: ネコソギラジカル (上) 十三階段

 どうも。
 スパーキーです。

 西尾維新の『ネコソギラジカル』読みました。
 “猫削ぎラジ狩る”かと思ったら。“根こそぎラジカル”なんですねぇ。あはは。猫好きなもんで。
 “いーちゃん”すきです。すっぱり切り捨ててるようで、一番優しいよね。西尾氏のキャラは全員魅力的です。圧倒的な畳みかけるような文体も。“戯言シリーズ”で一番すきなのは、零崎人識ですね。西尾氏の作品全体では。『零崎双識の人間試験』の零崎双識が一番すきです。
 キャラの名前もおもしろい!本の題名もいい。分厚くて読み始めるときには、躊躇しちゃいそうだけど。わぁっと一日で読めちゃう。すごいや☆読書で一日潰れちゃいます。
 “戯言シリーズ最終楽章”ということで。あんまり読みたくなかったです。本当は。だって、終わっちゃうんだもん☆発売してすぐに買って。温存していたんですが。ついに耐えられなくなって読んじゃったってところです。ううう。

 おもしろいよーーー!!!ちくしょう。おもしろい。一回読んだだけで。おもしろい。面影真心が気になる。紅蓮の炎で焼かれたんじゃあないの?

 竹さんのイラストも絶品☆

 もう、わけわかんないね。



著者: 西尾 維新
タイトル: 零崎双識の人間試験
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-13

安部公房 『砂の女』

テーマ:
 どうも。
 すぱーきーです。

 安部公房の『砂の女』をば、読みました。
 なんつーか、そこはかとなくエロい...。かな...?ううぅ~ん。なんでだろ?それはね、スパっちがエロいからだよ(はぁと)というわけではなく。エロいというのもおこがましいくらい、滲み出してるなんかがある。官能的っていうよりもっと、生々しくグロい感じ。むむむ。主人公も、卑猥な人物っぽく感じちゃいました。性欲ってより、肉欲?の表現のほうが合いそう。意味は同じなんだけどね。ニュアンス的にやっぱり、肉欲!
 あと、恐い恐すぎるわ。極限状態の心理戦です。常軌を逸した生活や心情の描写は秀逸でした。ヘタなホラーなんか比べものになんないくらいの恐ろしさがありました。ぎぃ~やぁ~。

 初安部公房作品でした。作品自体はたのしめたんですが。いかんせん、文体が難しかったです。スパっちが阿呆なのがわるいんですがね。ごめんなさい。

 もう、わけわかんないね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-12

葉桜の季節に君を想うということ 歌野晶午

テーマ:
 どうも。
 すぱーきーです。

 この本。


著者: 歌野 晶午
タイトル: 葉桜の季節に君を想うということ

 すごく売れましたよね。スパっちもだいぶ前ですが読みました。なかなかおもしろいお話でした。読み進んでいくと、脳ミソぐるりんって反転しますよね。思い込みっておもしろい!大反転するお話は大好き。エンターテインメント性があっていいと思う。歌野晶午さんの本はあんまり読んだことないですね。



著者: 歌野 晶午
タイトル: Rommy―越境者の夢

 こっちは、スパっちはびみょ~でした。先がすぐによめちゃってたのしめなかったなぁ。ストーリー自体はいいし、手法は『葉桜~』に共通するものがあるかも...。原点?うまく表現できないけど。むむむ。

 まぁ、ひと言あるとしたら『葉桜~』の題名が長くてなかなか憶えられないよ~。阿呆でごめんなさい。

 もう、わけわかんないね。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。