2015-06-21 09:00:00

初夏のスタイリング特集:つややかなテーブルに花咲く薔薇の笑顔

テーマ:Tea For Two

****************************************
パンカーダ 初夏のスタイリング特集
"TEA FOR TWO with Small Antique Table"
ティータイムを彩るアンティーク家具
****************************************

~つややかなテーブルに花咲く薔薇の笑顔~


甘めのサンドウィッチ、フルーツと紅茶。




優雅なお愉しみがつまったいつもと違うティータイムは、高さのあるテーブルセッティングで思い切りゴージャスに作り込んで。




つややかなテーブルの向こう側の笑顔は、薔薇のあでやかさをそのまま写し込んで輝いているよう。




アンティークがくれた、暮らしの中の優雅なブレイクタイムはいつまでも続いてほしい魅力に溢れています。





****今日のお茶会のメニュー****




サイドテーブル


稀有な無垢ウォールナットの天板と足元のカーヴィングが秀逸なサイドテーブル。手頃な大きさは様々な用途に対応できる。もちろん二人のティータイムにぴったり。










サロンチェア


こぶりで優美な曲線をもつサロンチェア。バルーンバックに納められたアカンサスのモチーフが華やかで、テーブルにセットしても存在感がある。










ブックケース


ウォールナットの杢目が美しいブックケース。本来は本のための収納家具だが、食器棚としてもおすすめできる。











*クランベリーシェード


クランベリーの色のようだということから、赤のシェードはクランベリーシェードとよばれる。このシェードはフロストのかかったサテン地のようなガラスで、エッジのみクランベリーカラーが入ったタイプ。










*ウェリントンチャイナ


製作会社は「James Herbert Cope」。スタッフォード州、ロントンにあった1887年創業の陶器会社で、1941年に閉鎖されるまで高級陶器を多く製造した。











*ケーキスタンド


テーブルセッティングに立体感と華やかさを加えてくれるケーキスタンド。ケーキだけではなく、このようにサンドウィッチやフルーツを飾っても絵になる便利アイテム。










*クリームチーズサンドウィッチ


クリームチーズに蜂蜜を混ぜたものを、レーズン入りパンに挟んだサンドウィッチ。クリームチーズときゅうりのものはアフタヌーンティの定番だが、こちらのライプはたまに甘いものが欲しくなったときに最適のレシピ。








*クランベリーシェード・ケーキスタンドは販売中ですがサイト未掲載です。詳しくはお問い合わせください。

by N


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-14 10:00:00

初夏のスタイリング特集:夢のひかりに照らされたクリーム色の豊かで濃厚な時間

テーマ:Tea For Two

****************************************
パンカーダ 初夏のスタイリング特集
"TEA FOR TWO with Small Antique Table"
ティータイムを彩るアンティーク家具
****************************************

~夢のひかりに照らされたクリーム色の豊かで濃厚な時間~


時にはデミタスカップでエスプレッソ。




ヴァセリングラスが放つ不思議な光をうけたマホガニーの輝きは、燭光にも似た温かな質感に満ちているよう。




ジャスミン色のデミタスカップを掌にしつつアンティークのカーヴィングボックスからビスケットをつまんで。




濃厚なひとときは、時を超えた出逢いとなって、空気の手触りまでも上質なものにしてくれます。




****今日のお茶会のメニュー****



ティルトップテーブル

天板が立ってコンパクトになるティルトップテーブル。本格的なダイニングではなく、朝食やティータイムなどに使われた。天板周囲の彫と、足元の彫刻が呼応した、小さいながらも優雅なテーブル。










サロンチェア


ダークマホガニーの古艶が美しいサロンチェア。背中のピアスドカーヴィング(透かし彫り)が見事で、重厚感がありながらも軽やかな印象をもつ英国アンティークチェアの逸品。










ブロンズテーブルランプ


フランスのテーブルランプは山羊がモチーフとなっており、ずっしりとした重みとアンピール様式の格調高い意匠が魅力。黒い布シェードの内側は赤のライナーがお約束。











デスクスタンド


紳士のデスクにはお馴染みのデスクスタンド。インクウェル(インク壺)、スタンプ入れ、ペントレイ、懐中時計掛けがセットになったスタンドは、ハンティングがモチーフとなっており今にも動き出しそうな躍動感に満ちている。










ヴァセリングラス


主に19世紀初頭から製作された、微量のウランが混ざっているヴァセリングラスはウランガラスともいい、
紫外線をあてると黄緑色に発光し、独特の風合いをもつ。現代では再現不可能と言われる不思議な輝きは、多くのコレクターを魅了している。









*スポード ロイヤルジャスミン オータム


ロイヤルジャスミンとは、1750~60年代の英国のクリーム色をした陶器を再現した、スポードの陶肌の名前。1932年から使われている。画像の柄は「オータム」シリーズ。1934年12月4日に意匠登録されているもの。*サイト未掲載










*ロータス ビスケット


Lotus社は、お菓子王国ベルギーのレンベーケで1932年に設立された80年以上の歴史を持つ大手菓子メーカー。代表商品であるオリジナルキャラメルビスケットは、深いキャラメルの味とシナモンの香りが素晴らしく、コーヒー・紅茶に良く合うビスケットとして世界中で愛されている。ベルギーではコーヒーに沿えられることが多く、コーヒーカップの脇にこれを見つけた時は小さな至福。






*サイト未掲載のお品物はお問い合わせください。

(TEL:03-5701-7380 11-19時 水曜定休)


by N

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-06-07 10:00:00

初夏のスタイリング特集:オークの森で心まで温まる甘いひとときを

テーマ:Tea For Two

****************************************
パンカーダ 初夏のスタイリング特集
"TEA FOR TWO with Small Antique Table"
****************************************
~オークの森で心まで温まる甘いひとときを~


本を片手に、ぽつりぽつりと話しながら
なんとなく一緒に過ごす二人のティータイム。


ロシアンティーの由来など想像しながら
こってりとしたショートブレッドをつまんで。




精霊が宿る木、オークで出来た家具とともに過ごす時間は
なにか大きなものに護られている安心感で満たされています。





****今日のお茶会のメニュー*****




アーツアンドクラフツブックケース

「用の美」を体現したかのような端正なブックケース。本棚のみならず食器棚としてもおすすめ。












ツイストチェア

ツイストの正式名は「大麦のねじりん棒のお菓子」を意味するバーリーシュガーツイスト。アンティークならではのデザインはいつまでも傍に置きたくなる安心感に溢れている。










ヴィクトリアンラウンドテーブル


オークならではの杢目が迫力ある円形テーブル。二人でも、三人でも囲める許容力に富んだサイズ感も魅力。











*ポートメリオン・トーテム


彫刻家のヘンリー・ムーアや画家のグラハム・サザーランドに絵画や彫刻を学んだSusan Williams Ellis/スーザン・ウィリアムス・エリスが夫ユアンと二人で、1953年に北ウェールズのポートメリオンヴィレッジに開いた工房兼ショップが始まりのポートメリオン。画像は1963年に発表されたトーテムシリーズ。その画期的なデザインで評判となる。現在はもう生産されていない、コレクタブルアイテム。








*ウォーカーズ


1898年創業スコットランド随一のショートブレッドメーカー。赤いタータンチェックのパッケージはあまりにも有名。バターたっぷり、さくさくした歯ごたえは至福のひととき。幸せな気分を壊さないよう、カロリーは忘れること。









*ロシアンティー

ロシア人にとって主に"ロシアンティー"とは、サモワール(ロシア独特の湯沸かし器)でいれた紅茶を、ジャムや蜂蜜、砂糖を「舐めながら」飲むスタイルのことを指す。 そして英国でロシアンティーとは、レモンティーのこと。19世紀末、ビクトリア女王がロシア王室に嫁いだ孫娘に会いに行った際、レモンを浮かべた紅茶を振るまわれたのがその由来。そして日本では、紅茶にジャムをいれたものが「ロシアンティー」となっている。





by N

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-05-31 09:00:00

初夏のスタイリング特集:香ばしい豆で彩る大人の設え

テーマ:Tea For Two

****************************************
パンカーダ 初夏のスタイリング特集
"TEA FOR TWO with Small Antique Table"
ティータイムを彩るアンティーク家具
****************************************

~香ばしい豆で彩る大人の設え~


紅茶もいいけど、たまには二人でコーヒー・ブレイク。



タルトのかりっとした食感が、濃厚なコーヒーでさらに際立って。




マニッシュな雰囲気を漂わせるサロンチェアを主役にした設えは大人の知的な会話を愉しむ絶好の舞台。





香ばしいコーヒーの香りにつつまれて、100年を超えた深い古艶がゆらめいています。





****今日のお茶会のメニュー*****




フラップトップテーブル


使わない時は、天板を立てておけるテーブル。エッジのブラックが全体を上手く引き締めて、程よいアクセントとなっている。












サロンチェア


背中まで柔らかく支えてくれるサロンチェア。少し大きめの座面と背中のクッションが、寛ぎを約束してくれる。












*デミルーンサイドキャビネット


最高のクオリティをもつヴィクトリアンの逸品。宝石のような杢目と格調高い意匠の素晴らしさは筆舌に尽くしがたい。(サイト未掲載)










*コーヒー


コーヒー豆を焙煎し砕いた粉末からつくられる飲料。英国では1650年にオックスフォードに最初のコーヒーハウスが開業した。当時は男性客のみが対象で、客同士が様々な議論を戦わせることが多く、英国民主主義の揺り籠となったという説もある。










*タルト


古代ローマ時代のトールタ/tortaというお菓子に由来。
ジャムやクリームはそのままでは食べづらいため、「食べられる器」として開発されたと言われている。











*シュガートング


角砂糖をつまむトング。細工がこったものも多く、
コレクターズアイテムにもなっている。











*デミルーンサイドキャビネットの詳細はお問い合わせください。

TEL:03-5701-7380 11-19時 水曜定休



by N

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-05-24 09:00:00

初夏のスタイリング特集:お気に召すままのティータイム

テーマ:Tea For Two

****************************************
パンカーダ 初夏のスタイリング特集
"TEA FOR TWO with Small Antique Table"
ティータイムを彩るアンティーク家具
****************************************

~お気に召すままのティータイム~


お茶会の強い味方は、サザーランドテーブル。




ぱたぱたと広げたテーブルの上にレースを掛けて、薔薇を飾れば
エレガントなティーパーティの始まりです。



今日はフランスのシャンデリアのもと、
ディンブラとイングリッシュローズの香りに包まれて。





貴女のお好きな場所で、二人のティーパーティを愉しんでみませんか?





***今日のお茶会のメニュー***



サザーランドテーブル


ヴィクトリア女王の親友であり女官長であったサザーランド公爵夫人が考案したといわれる折り畳み式のテーブル。根本的にはゲートレッグテーブルであるが、よりクオリティが高く、畳んだ時に薄くなるのが特徴。朝食やお茶などの際に、好きな場所にセッティングして使用された。







サロンチェア


ローズウッドの杢目が芸術的なバルーンバックのサロンチェア。ゆったりした座面、凝ったカーヴィング、バランスの良い挽き物の脚が格調高さを感じさせる最高級品。









シャンデリア


凝ったシェイプのプリズムがゆらめくフランスアンティークのシャンデリア。エレガントなフォルムはフランスならではの美しさ。











*ロイヤルコペンハーゲン


1775年創業、デンマーク王室御用達の世界的に有名な陶磁器メーカー。古くから日本の古伊万里染付の影響を強く受け、手描きによるコバルトブルーの絵柄が特徴。画像は1780年に絵柄が発表されたブルーフラワー。裏面にはペインターのサインが入っており、買い足すときは同じペインターのものをオーダーしたい。








*アップルパイ


最近はアメリカタイプのどっしり厚いものではなく、薄いパイ生地にリンゴやアーモンドなどをトッピングし、さっくり焼き上げたタイプが人気。









*ディンブラ


セイロンティーの一種で、標高1200m以上の産地でとれるハイ・グロウン・ティーの一種。バラのようなアロマがあり、渋みが強い。アップルパイなどフルーツを使ったお菓子との相性が抜群。一杯目はストレートで、二杯目はミルクティーで楽しむのがおすすめ。







*イングリッシュローズ


オールドローズからはクラシカルな花の形と華やかな香り、モダンローズからは鮮やかで多彩な色を受け継ぐイングリッシュ・ローズ。今回のお茶会には名花・グラミスキャッスルを添えて。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-05-17 10:00:00

初夏のスタイリング特集:飴色のウォールナットを包むダージリンの香り

テーマ:Tea For Two

****************************************
パンカーダ 初夏のスタイリング特集
"TEA FOR TWO with Small Antique Table"

ティータイムを彩るアンティーク家具
****************************************


~飴色のウォールナットを包むダージリンの香り~



大人のお茶の時間は、甘い物ばかりとは限りません。



特色あるチーズやドライフルーツとともにいただくのは香り高いダージリン。




100年を経た飴色のウォールナットの家具を包み込み
いつまでもずっと話していたくなるような寛ぎに誘ってくれます。




一味違うティータイムはいかがでしょうか。





****今日のお茶会のメニュー*****




シェイプドドオーバルテーブル


140年を超えた歳月を潜ませた、アンティークテーブル。見事としかいいようのない細工とコンディションは、傍にあるだけで悦びをもたらしてくれる。











サロンチェア


しなやかなフォルムと、バックの彫りが凝っているサロンチェア。テーブルにセッティングしたときに見える部分が特に見事なのが嬉しいポイント。












クィーンアンビューローブックケース


書き物机と書棚が一体となった家具だが、仕上げの良さからサロンのショーケースとしてもおすすめできる。























*ダージリン


インドのダージリン地方で生産される紅茶の総称。世界の三大紅茶のひとつであり、特に香りがよく、紅茶のシャンパンともよばれるブラックは、ソフトタイプのチーズと相性がよい。











*チーズ


天使のパッケージが愛らしいカプリス・デ・デュー/Caprice des Dieux は、フランス・イユーで作られている熟成ソフトチーズ。カマンベールに似ているが、より味が濃く、クリーミー。名前は「天使のきまぐれ」の意味。











*ドライフルーツ


水分が抜け成分が凝縮し、生で食べるより効率よく栄養を摂ることができる。血行促進して身体を温める作用もあり、チーズとの相性抜群。











*オールドノリタケ


日本陶器(現・ノリタケカンパニーリミテド)が明治期から戦前までに欧米に輸出した陶磁器。繊細な絵付けと高い技術で、現代では蒐集家多し。もちろん英国アンティーク家具にもぴったり。






by N

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-05-12 09:00:00

初夏のスタイリング特集:色鮮やかなフルーツとマホガニーの優しい時間

テーマ:Tea For Two

****************************************
パンカーダ 初夏のスタイリング特集
"TEA FOR TWO with Small Antique Table"

ティータイムを彩るアンティーク家具
****************************************


~色鮮やかなフルーツとマホガニーの優しい時間~





艶やかなマホガニーのテーブルに映り込むルビー色の紅茶。




フレッシュフルーツの色を溶け込ませた鮮やかで美しい液体で
午後の陽射しまでも明るい色に染まりそう。







瑞々しいティータイムは、心にまで潤いを運んでくれるひとときです。




****今日のお茶会のメニュー*****





*オーバルテーブル

ティータイムにぴったりの小さなオーバルテーブル。アンティークならではの存在感のある脚が素晴らしい逸品。












*サロンチェア


すっきりとしたフォルムのサロンチェア。バックスプラットの透かし彫りが美しい。











*サイドテーブル


絵画のような象嵌細工が美しいサイドテーブル。曲線でできた全面が思いがけなく優しい印象を醸し出す。












*ヴィクトリアンタイル


主にヴィクトリア時代に製造された装飾用のタイル。マントルピースに取り付けられたことが多く、柄は多彩にとみ、現代ではコレクターズアイテムとなっている。











*フルーツティー


オレンジとストロベリーをカットし、グラニュー糖を振り掛けて少し置く。後にティーバックとお湯をいれて20-30分おけば、きれいな色のフルーツティの出来上がり。(ホットで飲みたいときは電子レンジで温める)










*ストロベリー


バラ科の多年草。実は食べる部分は果実ではなく、果実は種のようにみえる粒粒のところ。ルイ15世の大好物。











by N

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-05-10 10:00:00

パンカーダ 初夏のスタイリング特集 "Tea for Two"

テーマ:Tea For Two

****************************************
パンカーダ 初夏のスタイリング特集
"TEA FOR TWO with Small Antique Table"
****************************************


「Tea for Two」。



まず思い浮かぶのは、
ジャズのスタンダードナンバーとして愛されてい1925年のヒットソング。


これは、ミュージカル「ノー・ノー・ナネット/No,No,Nanette」の挿入歌でした。

大変評判となり、後にこのミュージカルが映画化された時には
題名が「Tea For Two」となっていたほど。





邦題では「二人でお茶を」。
邦題そのままに、二人の甘い生活を思い描いた歌詞となっています。


実はこの「Tea for Two」は、19世紀英国のある習慣に由来があるようです。


19世紀ヴィクトリア時代の英国では、紳士が淑女を午後のお茶に誘い、
"Tea for two"と注文することが、これからプロポーズするサインだったとか。





「Tea For Two」は、直訳すると「お茶をふたつ」。


それが「二人でお茶を」という、あまーい意味に変わったのは、
そんな古い習慣からきているのかもしれません。





ヴィクトリア時代そのままに、これから始まる二人の暮らしの為に、お茶をいれて。


「黄金の20年代」のアメリカで新生活を夢見る二人のように、お茶をいれて。


お友達同士、ゆっくりおしゃべりを愉しむために、お茶をいれて。




暮らしの中で折々にふと手をとめ、お茶を飲むことは
文章の中の句読点のように、人生を整えてくれるような気がします。



初夏の折、パンカーダには、二人でお茶を飲むのに
ちょうど良いサイズのテーブルが揃いました。


どれもが19世紀ヴィクトリアンの逸品ばかり。






お気に入りのチェアをあわせて、花を飾って、
お茶菓子との組み合わせを楽しんで。


そんなスタイリングをどんどんご紹介してゆきます。



・・・さて、そろそろお茶でもいかがでしょう?


by N







色鮮やかなフルーツとマホガニーの優しい時間








飴色のウォールナットを包むダージリンの香り













お気に召すままのティータイム













香ばしい豆で彩る大人の設え













オークの森で心まで温まる甘いひとときを












夢のひかりに照らされた豊かで濃厚な時間








by N



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)