2016-10-06 11:00:00

バチェラーズ・チェストとは

テーマ:アンティーク豆知識

Bachelor /バチェラーとは英語で未婚男性、独身男性のこと。
語源は古いフランス語の「若い騎士」からきているといいます。

 

 

バチェラーに関しては、例えばこんな言葉があります。


「バチェラーズ・パーティ/Bachelor's Party」
結婚式前夜、独身最後の夜をたのしむパーティのこと。
(・・・内容は言わずもがな、ですが・・・)

 

 

「バチェラーズ・ジャム/Bachelor's Jam」
強い蒸留酒と少しの氷砂糖を密封ビンにいれ、フルーツを漬け込むお酒のこと。
(手間いらず、ですね♪)

 


そして、「バチェラーズ・チェスト/Bachelor's Chest」。

 

小型のチェスト・オブ・ドロワーズの一種で、英国では17世紀後半からみられるようになりました。一般的には天板下にスライドして収納できる拡張天板をもち、そのうえで書き物をしたり、服を整えたりするのに使用したようです。

 

「未婚男性のチェスト」というだけに、何でも手元でさっとすませてしまおう、という感じだったのでしょうか。


素材はマホガニーやウォールナットが多く、一部にオーク材もみられます。足元はバンフット、もしくはブラケットフットが多いようです。

 

こちらはV&A所蔵のもの。
1700-1730年製造、ウォールナット。天板が手前に開いて大きくなるタイプのようです。

 

 

こちらは18世紀のチッペンデールスタイル、バチェラーズチェスト。
素材はマホガニー、ブラケットフット。

 

 

 

 

 

後年には天板が手前から後ろにぱかっと開いて、そのままドレッサーになるようなタイプも出てきたようです。


パンカーダにも、エドワーディアンのバチェラーズ・チェストがございます。

 

 

 

 

美しいウォールナット、そして足元はお約束のブラケットフット。

 

 

現代の独身貴族のみなさま、おそばに置いてみてはいかがでしょうか?

 

 

by N

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿