2012-03-30 11:00:00

ウィリアム&メアリー様式とは

テーマ:アンティーク家具の様式・スタイル

ウィリアム3世と妻メアリー2世の共同統治時代(1689-1702)の様式のこと。

イギリスバロックスタイルの一つです。


パンカーダのブログ


オランダに嫁いだメアリー王女とウィリアム公は1689年2月13日の名誉革命で

王位を継承したことは歴史の授業で習いましたよね。


パンカーダのブログ


オランダ人王であったことが文化に大きな影響をもたらします。


ウィリアム3世はオランダから優れた家具職人を招へいし、

オランダやフランスの技術がイギリスへ伝播しました。


ウィリアム&メアリー様式の特徴は、材質はウォールナットが多く

デザインは女性的で、上流趣味的。


パンカーダのブログ


小ぶりで軽快、オランダの優れたインレイ(象嵌や寄木細工の技術)、

ターニング(挽物加工)やピアズドカーヴィング(透かし彫り)など

それまで以上に高い技術による装飾が施されています。


チェアはスプラット(背板)のピアズドカーヴィングは流麗な曲線を描くパターンに。

座面や背がケーニング(籐)のものも多くみられます。


パンカーダのブログ


テーブルやチェストの脚は、Bell foot(ベルフット)と呼ばれる鐘の形、

また、フランスから亡命したダニエル・マローが活躍した時代でもあります。


パンカーダのブログ


マローはルイ14世スタイルのおおぶりで重厚なデザインをした家具デザイナーです。



パンカーダのブログ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿