2011-11-07 11:00:00

英国自生のセシルオーク

テーマ:木材についての豆知識

コモンオークと並び、イギリスに自生する二大樹種とされるセシルオーク。


パンカーダのブログ


セシルオークのほうが古くからイギリスに自生しています。


パンカーダのブログ


セシルオーク(Sessile oak)は、学名クエルクス・ペトラエア・マツッシュカ・リーブレイン。

ペトラエアとは、「岩石」という意味、この樹は水はけのよい岩の多い場所に

好んで生育することにちなんでいるそうです。


痩せて乾燥した土壌でもよく育ちます。


イギリスを代表する樹ながら、鉄鋼石から鉄を得る際の木炭の原料として

優れていたことから、木炭にするために伐採され、

セシルオークの森は一七世紀には丸裸になってしまったことも。


コモンオークほど多くはありませんが、純林またはコモンオークや

ターキーオークと混成林として植林されています。


パンカーダのブログ


生長は遅く、120-200年かけて樹高30-43mほどになります。

寿命はコモンオークほど長くありません。


コモンオークに似ているセシルオークですが、

堅牢さ、耐朽性はコモンオークのほうが優れています。


家具のほか、建具、建築材、船舶材などにも用いられます。


イギリスの誇る世界的なウイスキーもオークからできており、

オークが文化を形成する土台であったことがよくわかります。


by T

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿