2010-12-18 11:00:00

ツイスト(Twist )いろいろ

テーマ:アンティーク豆知識

ツイスト(Twist)とは、17世紀後半から用いられるようになった挽き物細工のことです。


バーリーシュガーツイスト(Barley sugar twist)の由来は

バーリー(大麦)の糖分から作られたねじり飴といわれています。


ただし、このツイストについては様々な意匠があり、なかなか分類が難しいようです。


パンカーダのブログ

バーリーシュガー・ターン(Barley sugar turned):ねじ上げたロープのような螺旋状の意匠。

パンカーダのブログ



バーリー・ツイスト(Barley twist): 刈り取った大麦などをひねり束ねた意匠。


パンカーダのブログ



ダブル・ツイスト(Double twist):バーリーツイストを2重に綾掛けにひねった意匠。


パンカーダのブログ



ツイスト・ターン(Twist turned):螺旋が細めで緩やかな意匠。


パンカーダのブログ


プレイン・ツイスト(Plain twist):螺旋が細かく、短めな意匠。


パンカーダのブログ


等々、かなり入り乱れているようです。


詳しく調べれば、少しずつ意匠が違っているのかもしれませんが、

アンティーク家具業界でも、明確に分けられているようではないみたいですね。


店頭には、ツイストレッグを持つアイテムが数多くございます。


見比べてみるのも、楽しみの一つ。

キャンペーンも始りましたので、ぜひご来店の上、自分好みのツイストを探してみてください。


by T

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

東京の高級アンティーク家具店パンカーダさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿