きなこ と ぱなっち

きなこ母と娘ぱなっちの楽しい毎日です。


テーマ:

年末だか年始にMaleficentをテレビで観て、
エンディング・ソングに感銘を受けた。
感銘を受けたというのはオーバーで、「ほぅ、ディズニー・ソングをこう処理することもできるんだな」と。
ちなみに、本当は、これ

そのとき同時に思ったのが、「あれ?眠れる森の美女ってシンデレラと同じ??」

答えは、別です。
シンデレラの、あのディズニーランドでお馴染みの曲を探すのはとても大変だったのだけれど、
そうそう、これこれ。これだよね。

それ以来、ディズニーのお姫様ソングにはまってしまい、
お風呂YouTubeプレイ・リストは、「Disney Romantic Songs」で検索。
ディズニーの曲というのは、『Saving Mr. Banks ‐ ウォルト・ディズニーの約束』を観た人はご存知の通り、
盛り上げるべく入念に作られている。
『Frozen』かなにかの製作ドキュメントを観たことがあるのだけれど、
本当にあの通り、二人の作曲者が、尽力して、意図して、心に残るよう曲を作り上げていた。
なので、ディズニーの曲でつまらない曲はないのだけれど、
その中で、最近のわたしのお気に入りが、アラジン。
もう、ピーボ・ブライソン凄い。この人、アニメの『美女と野獣』のエンディングも歌っているのだけれど、どっちも泣かせるーーー。
ピーボの右に出る、ディズニー歌手いません。ピーボ最高。
で、ピーボには遥かに劣るのですが、アラジン本人の歌う「ホール・ニュー・ワールド」が良くてねー。
こんなこと言われたら、お城の外に出たことのなかったジャスミン姫でなくても、惚れちゃう。
「Don't you dare close your eyes!」 (何があっても目を閉じるなよ!)
「Hold your breath it gets better.」(見てて、これからもっと凄いことが起こるから)

ここで、一口英会話。
この「Hold your breath」という口語表現ですが、
通常は、Don't hold your breath と否定形で使われ、
意味は「あんまり期待しない方がいいよ。」ということなんですって。
said in order to tell someone that an event is not likely to happen
Impossible and improbable
- Cambridge English Dictionary

ということで、否定形でないので、「期待してていいよ。」という意味ですが、(ちなみに、そういう意味でこういうことはないようです)
先に言っている「目を閉じるな」というフレーズに合わせて、「見てて」と訳しました。


そういうわけで、この映画観たいなーと思っていました。
考えてみれば、ディズニー映画を観始めたのは、ぱなっちが産まれてから。
それ以前のディズニーは、知っていてもまともに観たことなし。
故ロビン・ウィリアム様がジニーなことだし、外れなはずないだろうと。
すると、タイミング良く、テレビで放映!
良かったです。ジニー、素晴らしい。
これ、3Dだったのかなー?
ディズニーは、お姫様が強いんだよね。
お姫様が自分で人生を切り開いて行く。
最後には、王子様に選ばれるのではなくて、わたしが(結婚相手を)選ぶの!と、
「I choose you.」
これって、Pokémonの台詞かと思っていたら、アラジンなんじゃん!!

最後の最後まで、ジニーはいい魔法使いでした。
陽気で忠誠心の強い魔法使いでした。
ジニーに合掌するも良し、
ジャスミン姫に同調するも良し、
アラジンに惚れるも良し。

ディズニー映画に間違いなし。


ところで、わたしの一番のお気に入り、ディズニー・ソングは、
Be Our Guest
古き良きハリウッドのミュージカルを観ているみたい。

 


テーマ:

 

 

 

グレイテスト・ショーマン

 

 

今年の映画は、ミュージカルで開けて、

ミュージカルで〆ました。

 

(ちなみに今年の舞台は、パントで開けてパントで〆ました。)

 

La La Land は、素人っぽいのが良いと書きましたが、

この映画は、バリバリの玄人。

全てが、パーフェクト。

 

La La Land は、シーンごとにワン・ショットで撮っていますが、

こちらは、カットごとに何度も撮影したんだろうなーーと、

映像テクニック満載。

そういう今どきの映像がお好みでない方には、向きません。

 

ヒュー・ジャックマンは、

元々地元オーストラリアでは、舞台でミュージカルを演じていたそう。

歌って踊って、その上ウルヴァリンですから、

向かうところ敵なし。

凄過ぎっ!

今回は、社交ダンスも軽々とクリア。

お相手のミシェル・ウイリアムズっていう女優さんは、ダンサーなのでしょうか?

 

ジャックマン氏は、凄いんだろうなーとは、思っていましたが、

それより楽しみだったのが、ザック・エフロン。

期待にたがわず、活き活きと歌って踊ってくれました。

High School Musicalを卒業して以来、方向性に困っていたようで、

数々のコメディに出演していますが、

やっぱりこの人は、歌って踊ってが似合う。

ジャックマンより露出度は格段に低いですが、

最後は、ジャックマンから仕事を受け渡されて、

本当に嬉しそうに表舞台へ立ちました。

歌もダンスも、当然ジャックマンより上手いです。

ゼンデイヤとのダンスは、ジャックマンさんには無理だったでしょうね。

 

ヒュー・ジャックマン ファンはもとより、

ザック・エフロンの復活を待ち望んでいたファン必見の映画です。

 

お話は、

 

 

 

 

 

SING/シング [Blu-ray] SING/シング [Blu-ray]
2,037円
Amazon

 

を足して、2.5で割った感じ。

特に、シングが良く似てる。

 

これら、全部私のお気に入り。

(ところで、シングは、アニメと馬鹿にすることなかれ、凄く良い映画です。コアラの動きと、ゴリラの歌に注目。あー、、、吹替ちゃってるのか。。。観てびっくりの人が歌っているんだけど。是非、字幕でどうぞ。)

 

オフィシャルサイトでストーリーが書いてあるので、遠慮なく書きますが、

バーナムが連れて回るオペラ歌手の、オペラ歌手ならぬ風貌、

ポップ・シンガーのような歌いっぷり(曲がポップなんだよね)が鼻につく以外は、

素晴らしい映画です。

ストーリーもびっくりや悲しいがなく(結構ありきたりということでもある)、

レイティングも驚きのPG (ペアレンタル・ガイダンス)。

家族全員で楽しめます。

 

 

 

 

The Greatest Showman

 

Year 2017, my adventure of films opened with musical and closed with musical.

(My adventure of theatres opened with Panto and closed with Panto, BTW)

 

I wrote that Dance in La La Land was not brilliantly good, but that was rather good to me.

But, this film all dancers are professional, everything was perfect.

 

La La Land, they shot all of those musical sequences in one shot,

On the other hand this film, I can imagine they shot cut by cut with cutting edge filming technique, not whole sequence, and then edited the best bits.

If you don’t like the film like Sherlock Holmes, this film is not yours.

 

Hugh Jackman used to play musical in the theatre in his home country Australia.

He can sing, dance and moreover is Wolverine.

There is no man beyond him. He is truly greatest.

This time he performed social dance effortlessly.

I wonder his partner Michelle Williams is a professional dancer.

 

I had no doubt Mr. Jackman was the greatest,

But I was more looking forward to seeing Zac Efron. 

He did not disappoint my expectations. He looked very happy to sing and dance. 

And I was very happy to see him singing and dancing.

After graduated from ”High School Musical”, he seemed not to know what to do and tried several comedy films but none of them were very successful.

He is surely singer and dancer and musical is his thing after all.

He tried not stealing the spotlight nor standing before Jackman,

At the ending he got handed over the Cane from Jackman and went into the front stage excitedly.

Needless to say, Zac is better dancer and singer than Jackman.

Jackman wouldn’t be able to fulfil the dance with Zendaya.

 

It is must-see-film, not only for Hugh Jackman fan but those who being waiting for the revival of Zac Efron.

 

Storyline is like

 

The Elephant Man + The Prestige +  Sing )  ÷ 2.5

 

Especially Sing’s storyline is similar.

 

All those films above are my favourites.

(BTW, you shouldn’t despise SING. It is very good film. Koala’s motion and Gorilla’s singing are brilliant!)

 

The only thing averted me was the opera singer.

I wasn’t very impressed by her non opera singer like looks and her singing like a pop star (because song was pop, not opera) .

Apart from that, it was brilliant film.

There were no twist or sadness in story (in another word, it’s very familiar story).

Film rating is surprised “PG”.

It’s a family film I highly recomended.

 


テーマ:

前の映画に関連して、監禁の映画

 

Room

 

たぶん、監禁というと、大抵の人はこの映画を思い出すことと思います。

が、わたしには Brigsby Bear とこの映画とは、まったくの別物です。

 

この映画のストーリーを読んだとき、

オーストリアのじじぃのあのおぞましい事件を元にした映画と直ぐに分かったので、

観るのをためらっていたのですが、

観てみたら、かなり感情移入できてしまった映画でした。

 

何度も言っているのですが、わたしの映画の評価はどれだけ感情移入できるかにかかっているので、

酷い話ではありますが、良い映画です。

 

この先、ずいぶん前に友人に宛てて英語で書いたレヴューの和訳です。

 

 

パワフルな映画。

自分とぱなっちをみているかのようだった。

 

別に監禁されていたわけではないけれど、

ずーーと、ぱなっちと二人っきりだったから。

他に誰もいなかったから。

 

冒頭でジャック(息子)がベッドから出て、

「おはよう、箪笥さん。おはよう、椅子さん。おはよう、お風呂さん。」

と言うのだけれど、

これがまるでわたし。

ぱなっちが生まれる前、フラットで一人暮らしをしていた。

友達は沢山いたし、ものすごく幸せだった。

けれど、夜は一人ぼっち。

毎晩寝る前に一つ一つの部屋に「おやすみ。」と言ってドアを閉めてからベッドに入るのが習慣だった。

なんでそんなことをしていたのか分からなかったけど、

今は分かった。

誰かに実際に「おやすみ。」って言いたかったんだと思う。

この習性をぱなっちに押し付けるつもりはなかったのだけれど、

ぱなっちは、いまだに「おやすみ。」は面と向かって言うものだと捉えているふしがある。

わたしがお風呂に入っていたりすると、

お風呂のドアを開けてまで、「おやすみ。また明日ね。」と言ってから寝る。

 

ずっと一つのベッドで寝ていたのも、同じ。

「部屋」から脱出した後も、ジャックはマー(お母さん)にべったり。

バレエのレッスン中「新しいフラットに引っ越したの!」と、

脈略なく叫んでみんなをびっくりさせたぱなっち。

自分のベッドを初めて持てて、ものすごく嬉しかったと思う。

でも、毎朝わたしのベッドに来て、しばらく一緒にゴロゴロするのが日課だった。

 

マーは、テレビ番組の取材を受けることに同意します。

インタビュアーは問います。

「ジャックを病院かどこかに置き去りにしようとは思いませんでしたか?そうしていたら、ジャックは普通の生活ができたのでは?」

この問いが打撃となり、マーは自殺を図ります。

ジャックが異変に勘付き、お風呂場で倒れているマーを発見します。

この質問が女性インタビュアーから発せられたことが信じられない。

わたしはぱなちを妊娠中も産んでからもずっと幸せだった。(幸せだったと思っている。)

ぱなっちがわたしの元に来てくれたことは、幸せをもたらしてくれただけでなく、

レゾンデーテル -生きる目的を与えてくれた。

マーがここまで頑張れたのは、ジャックがいたからこそ。

 

おばあちゃんは、娘と孫が無事に戻って来てくれたことに感謝をしたけれど、

おじいちゃんの方は複雑な思い。

ジャックの存在 - レイプの結果生まれた子供、に向き合うことができないから。

昔から良く言われる通り、

女はレイプされてできてしまった子供でも愛することができるけれども、

男は自分がレイプした女が生んだ子供を愛することができない。

おじいちゃんは、悲しいかな去っていきます。

(おじいちゃんとおばあちゃんは既に離婚していたので。)

 

病院から戻ってきて、マーはジャックに言います。

「また助けてくれて、ありがとうね。」

わたしもぱなっちに何度助けてもらったことか。

ぱなっちはわたしに生きる理由を与えてくれたのです。

 

最後にジャックは、もう一度あの「部屋」が見たいと言います。

あの部屋がジャックの全てだったから。

新しい世界に踏み出すために。

警官に付き添われて、マーとジャックは「部屋」に戻ります。

ジャックは「部屋」を見回して、

「なんだか違う感じがするね、ドアが閉まっていないと。」と言います。

そして、家具一つ一つに「さよなら。」を言います。

 

ここでわたしは慟哭したのでした。

 

 

It was powerful film.

It so reminds me of me and Panatchi.

 

I wasn’t captivated, but had been only me and Panatchi no others.

The beginning of film Jack (the boy) got out from bed and saying

“Good morning wardrobe, good morning chair, good morning bath….”

This is so me.

Before Panatchi was born, I was alone in the flat.

I had lots of friends and was happy, but alone at night.

Every night I said “Good night” to each room and closed the door to go to bed.

I didn’t know why I did that, but I know now, I wanted somebody to actually say “Good night”.

I didn’t mean to insist this attitude to Panatchi, but she still says “Good night” to me face to face.

If I’m in the bath room, she opens the door and say “Good night, see you tomorrow.”

 

We’d been sleeping in one bed, that’s another thing.

After escaped from the Room, Jack was still so attached to Ma (mum) .

Panatchi said “We moved in the new flat!” out of the context in the middle of ballet lesson.

I’m sure she was so happy to have her own bed.

But she came to my bed almost every morning and had a  little snuggle – that was our morning ritual.

 

Ma agreed to have an interview with TV programme (?).

An interviewer asked “Didn’t you think leave Jack at the hospital or somewhere, so that he can have a normal life?”

This question devastated her and she tried suicide.

Jack noticed something wrong and found Ma was unconscious in the bathroom.

I can’t believe this question came out from a female interviewer.

I had been always happy (I think I was) during pregnancy and after gave birth Panatchi.

But having Panatchi gave me not only happiness, but “raison d’être” – purpose to live.

Jack is the reason she could sustain so long.

 

Grandma was happy to see safe return of her daughter and grandson.

But Grandpa had mixed emotion.

He can’t come to terms with Jack’s existence – the child from rape.

It’s always saying,

The women can love the child even if the result from rape,

But men can’t love the child from the woman he raped.

Grandpa can’t see Jack’s face strait.

Sadly grandpa left (grandma and grandpa were already divorced.)

 

After come back from the hospital, Ma said to Jack

“Thank you for saving me again.”

I don’t know how many times Panatchi saving me.

She gave me the reason to live.

 

At the end Jack said he wanted to see the room once again.

Because that was the whole world to him.

He now started to adapt new outer world.

Police escorted Jack and Ma to the room.

Jack look around the room and said it looked different without door shut.

And said goodbye to each of the furniture.

Then I cried so hard.

 

 

 


テーマ:

ものすごく不思議な映画を観た。

 

Brigsby Bear 

 
冒頭は首を傾げる程に変。
でも、がまんして見続けるうちに、どんどんのめり込んで、
最後は泣いちゃった。
 
Frank  <-- あぁ、これ、いい映画だったのに、レヴュー書き忘れてる。
Son of Rambow

を足して、200を掛けた感じ。
 
ストーリーは、赤ちゃんのときに誘拐されて、
偽の両親に育てられていたジェームズが25年を経て助け出される。
偽の両親はジェームズが外に出ないように、
色々嘘で固めて、生活をしていた。
そとの世界を知らないジェームズのたった一つの楽しみは、週一で届くヴィデオ、『Brigsby Bear』。
実はこのヴィデオは、偽父が作成していた、偽のテレビ番組。
救出され、偽の両親が逮捕されてしまったことにより、
ジェームズは、世界の全てであったこの番組が見られなくなってしまった!
 
が、現代社会にポンっと投げ出されたことにより、
今や映画は素人でも作れる時代であることを知り、
続編が届かないなら、自分で作ればいいということに気づくジェームズ。
運よくか運悪くか妹に連れられて行ったパーティで、映画オタクと知り合う。
紆余曲折を経て、みんなの協力を得て、無事『Brigsby Bear 映画版』の作成が終了し、
過去の自分にさよならでき、前向きに生活できるようになった。
めでたし、めでたし。
 
と、読んだだけだと、なんじゃこれ?な映画。
でも、騙されたと思って観て下さい。
もそのごく良いB級映画だから。
 
まず、全ての人がいい人。
悪い人が誰もいない。
誘拐犯ですら、誘拐したことは悪いことに変わりはないのだけれど、
人間としては、いい人。
(お父さんは、びっくり仰天のルーク・スカイウォーカーですよ!)
パーティで知り合った少年たち、
変なおっさんに対して悪いことするんじゃないかと、ハラハラして観ていたのだけれど、
確かに薬盛られたりしたけど、でも、みーーんないい子達だった。
 
今回の事件の捜査官が証拠隠匿(ジェームズに肩入れしちゃったから)で危なくなったときも、
同僚捜査官はお咎めなしで見逃してくれた。
 
ジェームズを嫌っていた妹も分かってくれたし、
両親も「そんなにやりたいなら。」と分かってれた。
 
誰もが心のどこかにunfinished buisinessってものがあるんだよね。
それにどうやって決着を着けるのか。
大抵の人は、やり残していることに決着を着けずに暮らしているけれど、
ジェームズの様に決着の着け方が見つけられたら、とっても幸せ。
ということで、観ているこちらも幸せになれた。
 
寒い冬にほっこりしたい人にお薦めする映画です。
 
 
 
 

テーマ:

 

 

画像1

 

 

美女と野獣を観ました。

実写版です。
アニメとどっちがいいかと訊かれると、わたしはアニメ版ですね。

アニメ版がどれだけ完成されていたのかを確認するために
今回人間でリメイクしたんじゃないかと思えるくらいです。

ま、元のアニメもディズニーなので、
わざわざストーリー(せりふ)や曲を新しく作成する必要はないわけで。
それを考えても、元の映画の完成度の高さが分かります。

でも、付け足されている要素もいくつかありまして、
プリンスとベルちゃんの幼少の頃のエピソードが加えられています。
どちらもお母さんを早くに亡くしているのですね。
原作本を読んだことがないので、この部分、本当はどうなのか知りません。

歌は、みんな上手です。
アニメ版にひけをとりません。
ですが、、、ダンスがなーー。
アニメの完成度が高すぎるので仕方ないとはいえ、もうちょっとなんとかならなかったものか。
特に、ベルちゃんと野獣のダンス(上のシーン)は、わたしは不満です。
大好きな、“Be Our Guest” も、今一つでしたね。
ユアン・マクレガー、良くがんばったけどね。
ってか、CGの問題か。

ま、とは言え、
ベルちゃんの "The Sound of Music" モーメントや
ルミエールの "Singin' in the Rain" モーメントや、
それに続く、“Be Our Guest” 終盤の超現代風ダンス(どの映画からなのか思い出せない)など、
他のお馴染み映画を観てないとついてこれないぞー、なオタッキーな部分は楽しいです。

ユアン・マクレガーと言えば、
スコッテッィシュ・アクセント以外の英語(この場合フレンチ)も喋れるのね、とびっくり。

その相棒、時計のコグスワースに奥さんがいたのにびっくり。しかも村人の嫌な女!
でもさー、この人達、何十年も呪いにかけられていたのよね?奥さんいたとしても死んでるんじゃ?
奥さん死んでないにしても、旦那が宮殿で働いていて、ずーーっと帰ってこなくて、なんで、探しに行かなかったの?
しかも、その宮殿は忘れ去られているって、やっぱりもう奥さんが死んでるくらい長いこと放置されていたんじゃ?
と、思っていたら、ぱなっちの解説。
呪いをかけた魔女は、村のはずれに住んでいるアガサだったのですが、
同時に村にもこの宮殿や王子のことを忘れ去るよう、呪いをかけたのだそう。
そして、その場で時間も止まったというかタイム・ループに入ったのだそう。 
ほー、ほー。やはり、ネイティヴの解説は分かりやすいですね。
その他、ポット夫人の旦那さんは、村の陶工だそうですよ。
映画冒頭で、ベルちゃんに、「何を忘れたのか忘れちゃった。」と言っているそうです。
まだ観ていない人、注意して観てくださいね。

「女のくせに本なんか読んで!」って、ベルちゃん村人からいじめられて、いったいいつの時代の話よ!

ガストンがあまりにもガストンそっくりで、びっくり。

ガストンのお付の者(Lefou - おばかさんという意味。でも、La Cage au Folle という映画はゲイのお話でしたね)がゲイなのに、びっくり(ディズニーとしては快挙!)。

王子があまりにもいけてないのに、びっくり!

古いフランス映画では、ガストンと王子は同一アクター(ジャン・マレー)が演じていたので、
これもそうなのだとばっかり思ってました。
そりゃそうだ。ディズニー・アニメを実写化しただけなので、
別に大元のフランス映画を踏襲しなくてもいいのよね。

ちなみにですが、パリのディズニーランドは、

わたしが行った2007年は、眠れる森の美女城でなくて、美女と野獣城でした。

ディズニー・キャラクターに会えるコーナーで、ベルちゃんに会えるとウキウキ並んだら、

迎えてくれたのが野獣で、ちょっとがっかりしました。詳しくは、こちら ―→


ってことで、わたし、この王子はいけてないと思ったんだけど、どう?

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。