オッサンナースが走る!男30代から看護師への転職!!

男30代で新米看護師。ナースマン…。いや、オッサンナースです。看護学校時代の苦難の日々もあり、ドロドロした看護師やドクターとの人間関係もあり、患者さんとの爆笑エピソードもあり…。早く、一人前の看護師になるために、日々頑張っている独身男看護師の奮闘記です。


テーマ:

僕の職場は外科だけれど、内科の患者さんもたまに入院してくる。


毎度のアルコール依存、60代の患者さん。


病名はアルコールの飲みすぎの食欲不振。


しかも、救急車でご来院。


・・・おきまりの生活保護だ(ーー;)


食欲不振なので点滴をして、少しずつ食事が食べれるようになり、トイレにもひとりで行けるようになった。



ある日の夜、その患者さんの病室に認知症のおじいちゃんの患者さんが病室を間違えて入ってきた。


患者さんは激怒!


こちらが


『あの患者さんは認知症だから、なんとかご容赦頂けませんか?』


そう言っても、


『家族を呼べ!』


『師長を呼べ!』


僕たちが病室に行くたびにどなりまくる。


それが3日間続いたので、さすがに師長さんに相談した。


師長さんが対策を手配している間に、その患者さんは勝手に荷物をまとめて自主退院していた・・・・・・(ーー;)


生活保護なので治療費の踏み倒しはないし、病気がそうさせているから仕方ない面もあるけどあまりにも非常識。


彼は、うちの病院にはもう二度と入院はできないだろう。



聞くところによると、生活保護をもらって1週間も経たないうちに、生活費を全部酒代に費やしていたらしい。


本来ならアルコール依存を治す専門病院に入院し治療しないといけないのに、その必要性を理解できず、定期受診もせず、調子が悪くなると救急車で受診、良くなると飲酒の繰り返し。


こういう輩に国民の税金を使うのは、僕はどうも解せないし、治療してても虚しくなる。


先日、生活保護を不正に使うと罰則をもうけるという法案が成立しなかったみたいだけれど、これはぜひに通してもらいたいと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(30)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「看護師の仕事」 の記事

テーマ:

同じ病院の看護師さんHさん(病棟は別)が、2ヶ月前に僕の勤務先の病院をやめて、他の大病院に就職した。


この看護師さんが就職した病院は、有名な大きな病院だけれど、看護師仲間での評判はあまり良くなかった。


いわゆる派閥があるとのこと。


要するに、看護師が派閥を作り、それに該当しない看護師は排除する・・・らしい。


それも、あからさまで強烈とのこと・・・・・・・・・。


この派閥に該当せず、大病院を辞めた人を1年間で3人知っている。


Hさんは、それを知っていたのかどうかわからないけれど、退職して2ヶ月で戻ってきた(^_^;)


『やっぱりこの病院で働きたいです!』



僕の勤務先の病院は、派閥とはほとんど縁がない。


仕事自体は、みんな協力しながら和気あいあいとやっていると思う。

(小さなオンナの戦いはあるけど・・・。)


大病院・・・。


特に、大学や専門学校と密着している病院の就職は大変だとよく聞く。


もちろん、派閥が存在するから。



仕事でもかなりのストレスなのに、派閥でストレスなんて、僕には耐えられない(>_<)



僕は、今の勤務先の病院には大いに不満はあるけれど、でも、満足しているところもたくさんある。


一長一短・・・・・・・・・・。


基本は気持ちよく働ける職場。


これが一番!!!。


看護師は売り手市場なので転職はいつでもできるので、(僕はもう無理かも?(^_^;))


自分の満足できる職場を探すのもいいかも。


転職してみないと見えないこともあるので。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ある日知り合いの家で酒盛りをしていた。


僕は飲めないけど、知り合いは(以後Sさん。)は結構酔っぱらっていた。


『ちょっとトイレに行ってくる。』


と部屋を出て数秒後、


ガラガラガラ ドカン!!!


僕はとっさに階段から落ちたと思い、廊下を出て階段の下を見ると、


Sさんが倒れていた。


すぐに近寄ると、呼びかけに反応なく意識もない。


すると、


『ぐおぉぉぉ~!!!』


大きな鼾をかき始めた。


これはやばい、外傷性くも膜下か硬膜外かもしれん。


すぐに救急要請し5分程度で救急車が到着。


救急隊員の方が頭部・頚部を固定して救急車の中へ移動。


ここから搬送先の病院を探し始めたけど、ここからが長い。


頭ということで脳外のある一次救急3件、脳外専門病院1件に連絡したけど、


状態の次にアルコールを飲んでいることを救急隊が告げると、


4病院とも一様に受け入れ拒否。


この間、時間にして15~20分。僕にはとても長く感じた。


救急隊も困り、下道だと1時間かかる2次救急の病院に連絡しなんとか受け入れOK。


高速を利用し30分で病院に到着。


頭部CTを撮り、結果、頭に異常なく身体のほうも骨折はなし。


その後意識を取り戻し、入院することなく帰宅することができた。



ニュースなどで救急車の受け入れ拒否を何度も見てきたけど、


実際にこの身に降りかかってくるとは・・・。


確かに病院は、他の患者対応中だったかもしれない。


またSさんが飲酒していたので救急隊のオーバートリアージと判断し受け入れなかったのかもしれない。


でも、断りの返事を聞くたびに、普段はテレビの取材なんかで救急車は断りませんと言っている病院の対応にがっかりした。



今回、対応して下さった救急隊、受け入れて頂いた病院に感謝です。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。