会社決算終了、第四期スタート

テーマ:

半年ぶりとなります

ミカコフです((φ(-ω-)

 

 

 

 

やーっと

第三期決算が終わりました(;^ω^)

 

 

介護事業をしている影響で

決算が毎度ギリギリになってしまって・・・

 

 

 

 

 

 

というのも

 

 

介護事業ってふた月遅れという

罠があるんです。

 

 

 

 

 

 

例えば決算月の9月に提供した介護サービス。

 

 

国に請求が出来るのが10月初旬で

実際に入金があるのが11月下旬。

 

 

そうなると

決算に入れなければならない9月の提供分の明細が

 

 

なっかなか上がってこないわけです。

 

 

審査が通ったのが合計いくら?

 

そのうち

いくらが実際の売上で

いくらが加算金(つまり売上に入らない仮受金)になるのか

 

ギリギリまで調べようとしてたって

どうしようも出来ない。

 

 

 

 

 

 

さらに今年は飲食業と物販業もスタートした年。

 

 

仕入れたものの開封せずに決算日を迎えたものは

棚卸に計上しなければならないんですね。

 

 

そんなわけで

せっせと内訳と個数を調べて

 

いくら分なのか計算( ..)φ

 

 

飲食の売上・物販の売上も

消費税率が変わる影響で細かく分けて仕訳しないとならないんで

 

 

レジ履歴から細かく分けて

1日1日打ち込んでいきました。

 

 

 

 

 

 

・・・が!

 

 

日々きちんとやっているようでも

あとから色んな制約を思い出し

 

「これはこっちから出したことになってないとマズイんですー!」

 

だの

 

「ここにあった入金のうち一部仮受金だったはずだから

1年分の明細すべて出して項目別に計算し直し!」

 

だの

 

もうラストスパートはてんやわんや(´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

なんとか法人税の支払い期日の前々日に

すべて終えることが出来まして

 

 

気持ちが第四期に切り替わったところであります。

 

 

 

 

 

 

 

年末はどこもそうでしょうが

年末調整やら年末年始のシフト調整やらで

 

 

師走らしさ爆発!

 

 

最近では突発的に対応しなければならない

予想外の仕事が舞い込むことが多くなってきたし

 

 

週間業務スケジュールも

予定通りこなすことがかなり困難で

 

 

睡眠時間を削って賄う毎日です。

 

 

 

 

 

 

これからも

こんな不器用なわたくしですが・・・(゚_゚i)

 

 

誰かのためになるなら

どこまでも猪突猛進に進んでいくことだけは

 

相変わらず変わりません。

 

 

自分から進んでコミュニケーションが取れない

思いのほか受身の社長ですが

 

 

スタッフの皆さんには

どうか私の不器用さ・がむしゃらさをカバーしていただけるよう

これからもよろしくお願いしたい

 

 

ということと

 

 

小さな会社がこうして第四期迎えられたのは

 

今でもこうして私といっしょに会社を運営してくれる

みんながいるからであって

深く感謝申し上げたい

 

 

ということを(うまく直には伝えられないから)

ここにこっそり書いておこうと思います(笑)

 

 

 

 

 

 

利用者さんより地域の皆さまより

何より第一に私は

 

いっしょに日々頑張ってくれる

スタッフのみんなに感謝したいんです。

 

 

超高齢化に突入するこの日本がこうしていられるのは

紛れもなくシニアな日本をケアしようと

その道を選択してくれたみんながいるからだ

 

あなたがたは日本の宝なんだ

 

と言いたい。

 

 

だからこそ

辛かろうがある月が赤字になろうが

別な形でカバーして

 

 

介護職が3Kだなんて言われないように

最大限待遇を考えて

他社に見せ付けられるぐらいに良く変えていきたいと思っています。

 

 

それは創業当時から会社の目的として

この会社が存在する意味として

 

変わっていない目標であります。

 

 

誰かが変えなきゃ何も変わらない。

 

 

 

 

 

 

ボランティアみたいな時給800円で

体にメンタルに鞭打つ介護をやらせるような業界では

 

人がいなくなるよ―

 

少なくとも能力のある人間はいなくなりますよ。

 

 

 

 

 

 

安賃金で疲れきって愛想も出せないような人だけが

なんとなく義理やボランティアの精神だけを頼みに

この業界を細々と支えるような暗い未来が見えませんか。

 

 

そうしたら先々どうなるか想像してみましょうよ。

 

高齢化が加速するこの先の日本がどうなりますか

自分の親が将来どんな介護を受けますか

 

 

 

 

 

だから私はこの暗い介護業界を変えるべく

この業種で会社を起こすことに決めました。

 

 

もちろん、医師になる夢破れたから

別な方法で医療にアプローチしたいという

個人的な夢もあるけれどそれはさて置き―

 

 

介護で会社をやっていこうと決めた

2つの理由のうち1つは

 

能力ある人間が業界を去らないように

彼らの生活水準を上げるためのモデル会社になること

 

にほかなりません。

 

 

 

 

 

 

もう1つの理由は

長くなってしまうのでまた今度。

 

 

 

 

 

 

それでは、第四期も邁進あるのみ。

 

 

若きパワーあふれる当社を

どうぞ見守ってください。

 

そしていっしょに頑張る仲間を

いつでも歓迎します。

 

 

 

さ、これを機にたまにはブログも

書く事にしましょうかね(;^ω^)

 

最近はもっぱらSNSばっかりでした。

 

あしからず。

 

 

 

 

 

 

撮影協力

カメラマン : @k.yuzuru003

 

 

 

 

☆.+*:゚+。.MIKACOFU @ SNS.+*:゚+。.☆



follow me ♡

 

 

 

 

AD