やわらか初級


トラウトロッドでアジングをしてみた
ラインはエステル
アタリわかる。 掛かる。 バレない。
初心者にはいいもんだなと思う。

いろんなトラウト竿を買ってみる
鱒レンジャーは ないな と思う。






やわらか中級

ティップが硬いロッドに疑問を抱くようになる
やわらかソリッドなアジングロッドで エステル
メバルの突込みに耐えられない ナイロンかな・・・

ある日 マックスで サンラインの スモールゲーム モノ の特価品 ちょいと太めを買う
ピンキーと同じ色やでなと 思う

結構使えるので 細い モノを買う
結構飛ぶので重宝する アタリわかりづらいけど

もっと安くライン買えないかと ラピズムモノ0.3を買ってしまう


アタリもわからず シャくったら釣れるという経験をする

私はアジを掛けて釣るんだ という概念と対決する日々が続く

釣れればいいか・・・と思うようになる


自作竿を作るようになる。 間違ってチタンティップを長くしてしまい 超フニャフニャ竿が出来てしまう






やわらかバカ


他にラインがまともなリールが無く 仕方なく
フニャフニャ自作竿と ラピズムモノで アジングをする

投げて巻くだけで釣れた
投げて落として 巻き初めで釣れてた
投げて落として 置き竿にしてトイレに行き トイレから戻ったら 釣れていた

これは何かあるなと気づく






リーダーもナイロンにする

アタリ全く判らないが 釣れる

他の人が釣れてない時にも 釣れる

釣れたのか釣れてないのか全く感触として伝わってこないのだが
ちょっと重いなあと思ったら やっぱり釣れている




他の釣り場でも通用するのかと 試してみるが 釣れないところもある


特殊なシチュエーションでしか 効果ないのかなあと 考える













それでもやっぱり釣れるwwwwwwwww



世間様と全く違う釣りをしている自分を憂う。

いつか

この釣りがメジャーになればいいのにな・・・・・・。






ある日 あるメーカーが 柔らかロッドを発表する




俺の時代が来たと喜ぶ ←イマココ(笑)






AD

コメント(2)