↓パコにメール送信はコチラ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-10-21 18:27:36

虫退治の味方、シジュウカラ招待のためバードハウスを!

テーマ:庭モノ制作・DIY

お、、お久しぶりです。更新したいしたいと思いつつ、気が付けばもう一月以上経ってしまって
おりました。

忙しかったと言えばそうかもしれませんが、なんだろう、ちょっと今回はボンヤリしちゃっていましたね。心配して下さった方、申し訳ございません。
(ちなみに、例の仕事はまだ終わっていません…というか、話がストップしています。もうそろそろ再開らしいので、次回記事で今度こそ??終わった報告が出来るといいのですが)

京都の話を書きたいのですが、まだちゃんとネタが纏まっていなくてズルズルと…
と言う訳で、先に纏まっているこちらのお話。

写真を撮ったと思ったんですがちょっと見当たらなかったので、今回はとりあえず絵で。
最近、庭によくシジュウカラが来ます。今までも来ていたのかもしれませんが、涼しくなってきて窓を開ける機会が増えたからか「ツィピー ツィピー」と鳴き声がよく聞こえます。
そして、窓のすぐ外で何やら延々囀っていたり、葉についた虫を捕ったりしてるんですよね。

可愛らしい姿に興味を持ち、ちょこっと調べてみると…「都市生態系の高次捕食者」「生態系の指標」「繁殖期に食葉性昆虫を大量に消費」とありました。

 

小難しいので砕いて書くと、

「シジュウカラが居る近辺は自然が豊かで色んな生き物が沢山おり、ヒナを育てる時期には葉につくイモムシなどをたっぷり食べてくれる」

といった具合でしょうか。

 

その数、一羽につき実に年間 約12万匹!

 

そんな大食漢の小鳥たちにはぜひ、我が家で虫退治をしてほしい!

ごはんになる奴らはそりゃもう大量におります。

 

秋から冬にかけて巣穴となる場所を物色し、春に営巣するとの事なので
今のうちにバードハウスを設置してみることにしました。

 

材料は過去に色々作った物の余り木材…端材のさらに端材です。

丁度良さそうなサイズの板をかき集めてきました。

出入り口の穴は2.5~3㎝ほど。これ以上大きいと別の鳥が巣にしちゃう事も。
巣入りスズメとかでも可愛いかもしれませんが…

今回の目的は庭のパトロール隊を呼び寄せる事。スズメは左程…というか樹についている虫はほとんど捕ってくれませんから不向きです。

ドリルで穴をあけて小刀で削って開けました。

 

あり合わせなので板の厚さとかバラバラ、組み方も適当ですが…まあ住人(予定)には特に不便も無く住み心地には関係ないでしょう。

雨が流れて降りこまないよう天板を斜めにし、開閉できるように蝶番をつけました。

ちょっと隙間が出来ちゃうな。。このサイズの隙間はさすがに塞いでおかないと。

割りばしを組んで、欄間の透かしっぽくしてみましょう。

装着するとこんな感じ。
ついでに拾って来た枝で足場も組んでみました。

 

出来ました~。
材料費50円そこそこ、超適当なシジュウカラハウスです。

 

底は通気性が良い方がよいらしいので、鉢底ネットをしっかり取り付けました。

シジュウカラは巣材に苔や動物の毛を利用するらしいので、このアミ目なら何の問題もないでしょう。

後ろ側。当然ですが、寄せ集め感満載ですねw

 

 

近頃雨が多いので、(来春には関係ないかもですが)庇を大き目に取りました。

天板が結構広いので、屋根の上にひまわりの種を置いておけそうです。

 

 

記事をねちねち書いていたら、たまたま庭にターゲットが来ていたので慌てて写真を撮りました。

正面から見るとネクタイがよく見えますね。
カラーリングがちょっと色味のある文鳥のようで可愛らしいです。

 

ちなみに、シジュウカラ…四十雀と書きますが、ゴジュウカラ(五十雀)という尾っぽの短い、青い小鳥もいたりします。これがまた可愛らしい。

 

誰か気に入って住んでくれるかな?
来春が楽しみですね!

 

 

 

***ランキング参加中↓応援ポチお願いします↓***********************↓*******
ブログランキング・にほんブログ村へ   カエデノハ ‐バラの家造り‐
にほんブログ村                       人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-11 08:00:00

真鍮製スプーンの黒ずみを何とかする

テーマ:日常

これまた結構前の話ですが、京都話より先に記事アップ。

食器・銀器類、色々お気に入りを集めては使っている私ですが、これもお気に入りの一つ。
柄の部分が枝葉の形になっているカトラリーで、「リーフ」ティースプーンとケーキフォークをそれぞれ5本ずつ、いつでも使えるようにダイニングテーブルの上のゴブレットに挿して置いてあります。
これが1年半くらい前からどんどんと曇ってきてしまいました。

写真だと判りづらいのですが、黒ずみや白いモヤ掛かった曇りが皿状の中心部を主にかなりの範囲で広がっています。
不思議と柄の部分は何も劣化が見えません。
やはり口に含み、茶やコーヒーの中に沈み、食べた物がこびり付いて硫化しやすく、洗った際に水滴が溜まりやすい部分だからでしょうね。

材質は、多分真鍮じゃないかな~。。
ステンレスならまずこんなに曇ったりしないし、値段的にシルバーなんてイイ物では無かったはずですが…アンタ銀メッキか!って言うくらい黒ずみます。

(シルバーならもっと早い速度で全身がとんでもなく黒々しますが)

 

一度、銀磨きクロスで磨いてみた事がありましたが、結構頑張って擦ったにも拘らずあまり黒ズミが取れなかったのと、その時はそこまで変色も酷く無く、左程気にならなかった事もあり、そのまま放置。
気付けばこんなに黒く白くなっていました。

 

 

で「これはイカンいい加減で何とかしないと」と
黒ずみ、白曇りを除去する方法を調べてみた所、出てきたのが

 

・ステンレスボウルにアルミホイルを敷き、その上にスプーンを並べて

 重曹を溶かした熱湯をスプーンが浸かるよう注ぎ込み、一晩置く

と言う方法。

「ぴっかぴかになります!」と書いてあったので、ワクワクしながら早速実行!

 

結果…全然変わりませんでしたw 確かにまあ、すこ~~し黒ずみが薄くなったかな?位。

 

・熱湯に酢を溶かして漬け、すぐに洗い流す
 

…これもまた変わらない、というか、余計に漬けた部分の色が変わってしまったような…?

もしかして、どちらもシルバーの対処法で真鍮には合わないのでは??


うーん最後の手段
表面を研磨剤みたいなもので擦るのは、一時的にキレイになっても、その後余計に劣化しやすくなりそうであまりやりたくはなかったのですが…仕方ない。
銅・真鍮専用の磨きクロスを買ってきました。

以前試したのは銀用で、多分粒子が細かい?せいか、力を込めて磨いても効果はイマイチでしたが、今度は真鍮専用のもの…これならイケるはず。


ティースプーンの黒ズミ白モヤ、これを付け根の方からゴシゴシ…


つるん ピカーン!!
はやっ!

即効で滑らかな鏡面出現。超綺麗になります。流石専用クロス!
 

 

 

てなわけで、仕事の合間に気分転換兼ねてキュッキュと磨く。

 


あんなに曇っていたのが嘘のよう。
一日かけて10本、鏡面の輝きが蘇りました。

 

 

うんうん、何だかんだ遠回りして苦労したけれど、綺麗になって良かった。

 

 

この手の物で磨こうと思うなら、クロスのほか、金属みがき「ピカール」も手の一つ。

あれを使ってもピッカピカになると思います。

食器に使うには心配…かもしれませんが、磨いた後は中性洗剤でよく洗えば大丈夫。
あまり強く擦りすぎると、メッキ製品の場合メッキ部分が剥がれすぎて下地が出ちゃう事もあるようなので、力加減はお気を付け下さいね。

 

ちなみにこのカトラリー達、使い始めは特に何の変化も無かったのに、ある時を境にいきなり黒ずんで来た理由を思い返してみましたが…
……ひょっとして、何も考えず食洗機に入れてしまったからかも…w
(買った時、食洗機×って書いてなかったものですから~~)

 

暦はもう秋、お客様とお茶する機会も増える季節。
ピカピカのカトラリーでまた気分よくお茶が出来そうです。


 

 

***ランキング参加中↓応援ポチお願いします↓***********************↓*******
ブログランキング・にほんブログ村へ   カエデノハ ‐バラの家造り‐
にほんブログ村                       人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-09-08 17:01:58

絵日記漫画-パコ家「サボテンお手つき」

テーマ:絵日記漫画-パコ家

残暑まだまだ厳しい折、皆様いかがお過ごしですか?

私はと言いますと前回唐突に更新した通り、仕事関係で京都に行ってまいりました。
色々とネタがあるのでそれをマンガにしたいのですが、とりあえずその前にこのお話。

 

 

 

 

 

 

20倍に拡大してもなお、1ミリにも満たないうす~いトゲが見えるかどうかレベル…

恐らく、刺さった後に気付かずカートを持ったり、その後パンパンと払ったりした時に

長さのあったトゲが折れ落ち、トゲ先の0.0数ミリが残っていたんだと思います。

 

トゲの感じはこれと似たようなもの。
触った時は痛くも無くフカフカしていて、ちょっと触り心地が良いんですよね。
(そして後で泣きを見る)

 

ではどうすれば良いか…
まあ、触ってしまったらその場で丁寧に、刺さった方向を違えず抜く くらいでしょうね。。
下手にガムテープやコロコロで剥がそうとすると、余計に棘が刺さって折れて面倒になります。

 

サボテン、毛の細かいのはとくに可愛らしいのですが、こういう事もあるので油断出来ません。。

 

 

 

 

京都から帰宅し、翌日は丸一日と半ほどグッタリ。
その後すぐにマンガ描きかけていたのですが、催促wのお電話が入ったのでしばし仕事に掛かっていました。今現在も進行中です。

 

…まだ、例のプロジェクトが終わっていません。

 

いつまで修正やらやらされるんでしょうね~~~。

しかも、修正かけて再提出後、それをさらに180度違う方向にまた修正…とか多いです。

 

もうね、本当、ここまでズルズルと引き伸ばし、予算も追加するくらいなら
何故最初からその予算と期限を提示しなかったのか。

そうすればもっと格段にイイ物が出せたハズなんですが。

 

まー今更言っても仕方のない事なので、今出来上がってきているものを時間ある限り直して

少しでも完成度を高めるしかありませんね。

 

てなわけで、もう暫く仕事がーシゴトガーと煩く呻いているかもしれません。すみません。

後ちょっとだとは思うのですが、、はてさて、いつまで掛かるやら。

 

 

 

 

***ランキング参加中↓応援ポチお願いします↓***********************↓*******
ブログランキング・にほんブログ村へ   カエデノハ ‐バラの家造り‐
にほんブログ村                       人気ブログランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2016-09-03 08:38:48

いざ京都へ

テーマ:日常
{E98241E0-BE6B-4DC9-BF96-FDFC7A2DE6D9}

本当はちゃんと記事作るつもりだったんですが、ぜんっぜん時間が取れず・・・
今羽田で搭乗待ちしている間にささっと。


終わる終わる詐欺のように、例の仕事が直前まで手直し色々あり、他の事が出来ませんでした。
まだやっとるんかーい!

京都は懇意にしている作家さんの祝賀パーティー出席のため行くので、明日の午後には戻るとんぼ返りなのです。

せっかくの京都、もっとゆっくりしたかった、、w


というワケでちょっと行って参ります。
帰宅したらマンガネタあげますw



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-08-16 17:25:18

手慣らしからの、カラー麻紐deウエストバッグ

テーマ:ナチュラルガーデン 麻紐バッグ

皆様お久しぶりです♪ お元気でいらっしゃいますか?

私の方は、、やっと?仕事が終わりまして(多分…あれから何も言ってこないので終わったんでしょう)

気が付けば8月に入っていました。
溜めこんだ色々な事をやったり、友人と約束していた釣りに行ったり、お墓参りに行ったりしています。

いや~、全て終わらせて出掛けるって、本当に身軽で良いモノですね~。

バラはというと、全く世話が出来ていないので当然ですが、現在殆ど花がありません。


今年はテッポウ虫・ネキリ虫被害と諸事情からの水切れで何株も、それも大株が枯れてしまいました。

とはいえ悲観しているわけでは全くなくてですね

一応セーブしていたつもりとは言え「あ、あれイイ!」「これ素敵」「欲しい!」の積み重ねは半端なし。
カオスになった我が庭を頭を冷やして見直し、一度物を減らしてリセットし整理する…いい機会と考えています。

まあ、大分開き直りも入っていますねw


ウッドデッキも気付かないうちに腐食が進み、立ち位置によっては少々ミシミシいったりするので補修、いや、ひょっとしたら全面作り直しするか?
まあ、何をやるにしても秋~冬期になりますが。


カエデノハもブログ記録を始めてから早6年経過、そろそろ色んな意味であちこちのテコ入れが必要そうです。




カラージュード。

前回、久しぶりにバッグ制作でazkingさんの道具入れ用トートを作りました。


間に仕事が入ったのですが、その頃に私のお気に入り和柄ウエストバッグが壊れてしまいました…。
金具やバッグの袋自体に損傷は無かったのですが、合皮の表面がある日を境に突然ボロボロと落ち始め、私が歩いた跡が判るくらい点々と剥がれ落ちて、、お腹にもベッタリと表皮がくっついてたり。
こりゃダメだどうしようもない、捨てるしかない。気に入ってたのに~。


ウォーキングや釣りの時など重宝するのでウエストバッグは大事です。

また気に入れる物を探すかとも思いましたが、ここはひとつ、折角なので作ってみることにしました。

麻紐でウエストバッグです!



今回は体に密着し汗を掻きやすいバッグなので、麻紐編みの部分は表側だけにしようと考えました。お腹など、肌に触れたらチクチクしますしね!
必然的に編む面積も半分になるし、そもそもそんな大きく無くて良いので…この条件なら2~3日です。

完成品はこれ。




大き目のかぶせにはマジックテープを取り付けてあります。

内側にもボタン留めの内蓋がありますが、海や川などの水辺でもたもたと中から何か取り出そうとし、スマホがバッグから滑り落ちる…というのがが怖いので

手軽に開け閉め出来て強力なマジックテープを二重に採用しました。ボタン留めなくてもこれだけでシッカリとかぶせフタが閉まります。

ちょっとジュードの毛クズが絡みますが、ま、それは仕方ない。。





裏側はこう。
ファスナー付きのポケットが欲しかったのですが、いちいち全部作るの面倒だったので100均のナイロンポーチをそのままポケットにするべく裏側に縫い付けました。

開放ポケット、ファスナーポケット、メッシュポケットの3箇所があって便利。




両側の金具、普段はベルトにナスカンを固定しますが、ベルトを着けてショルダーバッグにもなります。
このナスカンとショルダーベルトは捨てる前に和柄ウェストバッグから部品取りしました。

ホントはベルトが茶色だと良かったんですがまあいいか。




製作費は多分500円くらい。

バッグのサイズ、概ね 縦20㎝×横30㎝。
使ってみた感触としてはもう少し大きくても良かったかも?でもあんまり大きいと邪魔かな。
毛クズがもっと服に付くかと思いましたが、裏が布とナイロンなので案外大丈夫でした。


釣りに一度持って行きましたが、やはり邪魔にならないウエストバッグが手元にあると何かと便利!

普段使いでも、スマホをメッシュポケットに入れてヘッドホンで音楽を聴きながら稲毛海浜公園付近の海沿い遊歩道を歩く。
ちょっとウォーキングが楽しくなりましたよ♪




日中、日差しが強く焼けるような暑さの外にはなるべく出たくないので、もう暫くは室内でハンクラや作業計画書など作って過ごそうと思っています。

皆さんも熱中症や脱水症状には本当にお気を付け下さいね。




***ランキング参加中↓応援ポチお願いします↓***********************↓*******
ブログランキング・にほんブログ村へ   カエデノハ ‐バラの家造り‐
にほんブログ村                       人気ブログランキング
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。