コルカのアカテタマリン

テーマ:
前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。

とはいえ、戻ってこられるかどうかは辞めた状況により変わってきます。



結婚や、遠方への引っ越しにより辞めることになったり、あるいはまた、出産、育児を理由とした辞職であった際は、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。


こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。



多様な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート看護師として出戻り就職をする人も少なくないのです。



最近では男性も増えていますが、女性が看護師として働いた場合、他職種と比較して高いお給料をもらえます。


それが理由なのかはわかりませんが、着飾った人が多く見受けられます。ですが、とにかく忙しいです。
勤務先によりますが、休みがとりにくい職場もあって、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まりつづけていると聞くことがあります。



収入面も重要ですが、休みとのバランスのとれたところではたらくのが最もいいと思います。治療の補助や患者の各種ケアなど、看護師の業務は多岐に渡り、仕事上での必要性や重要度は大変高く、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。
入院施設のある病院でしたら当然、夜間も稼働していますから、24時間切れ目なく看護師もいる必要があります。その為に、どこの病院でも日勤、夜勤と交代で勤務することになっています。

夜勤のある仕事ではどうしても、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、上手くコントロールしないと充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。入院できるような大きい病院の看護師の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。
そうなると、看護師生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。

あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、考慮され、それを活かせる場所で働けるようになるはずです。そうなるとつまり、夜勤をぜひ希望したいということなら、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。
就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、できること、得意なこと、希望することなどは明瞭に伝わるように話すと良いです。私の仕事は病院事務です。


クラスの男子に寝取られるまんがはこちら
普通は仕事中に看護師さんとの接点はないのですが、毎日お忙しそうにしていますね。特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードでしょう。ですが、予想よりも臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に自分のコドモと供に参加している看護師さんがすさまじく目立つんです。
先生方も笑顔で、アットホームな雰囲気でした。


さまざまな働き方ができる看護師なのですが、それでも、殆どの人は医療機関で働いているわけです。ですが実のところ、病院という職場以外の場所においても、いくつも看護師の手を必要としている職場はあり、具体的には、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。



こうした職場で看護師として活躍する人も多いですし、人気が高くて中々採用されないようなこともあります。つまり看護師であれば、病院ではなくてもはたらく場所も多いですから、人生において重要なターニングポイントである結婚や出産といった際にその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。看護師の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きなちがいがありますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。子育て中の人には、コドモを昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。そしてまた、外来勤務では夜勤がないのはもとより、大体は週末祝日が休めるという点が嬉しいところです。

勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院によるワケですが、人気の医師のところなどでは、大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。身につけたいスキルについても病院や、診療科によってもちがいます。現実は、看護師が出てくるドラマとは程遠いです。普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、決められた労働時間以外の業務もあったりして仕方なく残業することも日常茶飯事です。
しかし、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって笑顔で患者さんやご家族とは接しています。

つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしても打って変わって笑顔になるのです。時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。


数年ほど、看護師として働いているのですが、気がついたことと言えば、看護師は喫煙率がすごく高く、またアルコールを飲む習慣を持つ人の割合も高いです。喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、少しずつ看護師の世界でも喫煙する人は減ってきたみたいですが、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。
そして、飲み会などでみかける、看護師たちの酔っ払い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。あまりにも普段からストレスをため込んでいるからだと、自分でもわかりますので、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。


年々志望者の増える看護師ですが、この職業につくためには、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。それから、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく看護師という肩書きを得ます。この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率(低いほど難易度が高い試験ということになります)9割前後をキープしているということで、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学徒にとっては、そう難度の高いものではないということです。さて、看護師を養成するための機関といいますと専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと多様なことを身につけることができる看護大学や学部の人気が高まっているみたいです。
AD