アウトレイジ 最終章

テーマ:

もう公開が終わってしまうので慌てて行きました。

日本の二大勢力だった関東山王会と関西花菱会の巨大抗争後

韓国に渡った元大友組組長・大友は、日韓を牛耳るフィクサー張会長の下で

市川ら手下を従え、済州島の歓楽街を裏で仕切っている。

ある日、買った女が気に入らないと日本のヤクザからクレームが入る。

クレームの主は花菱会直参幹部・花田だったが、女を殴ったことで逆に大友から

脅されて大金を請求される。

花田は側近たちに後始末を任せ、ひとり日本に帰国する。

後始末を任された側近が張会長の若い衆を殺害してしまい

激怒した大友は日本に戻ろうとするが・・・・・              <映画紹介サイトより>

 

 

北野作品としては珍しくシリーズ化した『アウトレイジ』

前2作を観ていないと楽しみが半減してしまうので前作も来ている方が良い!!

 

花菱の会長が2代目に代わっている(神山繁さんが亡くなられたからか?)が

娘婿が跡目を取ると言う形で上手く話が繋がっている。

ココからの裏切りによる次々の事件は『仁義なき戦い』を彷彿させる。

今の時代では劇中ほどドンパチは出来なくなっているが

その分、映画と言う娯楽を感じさせて事件の経過を感じさせません。

もう公開は終わりますがシリーズを観ている方はレンタルで観て損はないと思います。

 

西野役の西田敏行さんと中田役の塩見三省さんが

前作から見ると激ヤセしていて凄く心配になった。(´・ω・`)

 

AD