1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-02-15 23:38:50

感動とは

テーマ:ブログ
昨日、理事長と伴野先生と患者様に満足して頂けるには、当院に来て良かったと思って頂けるにはどうしたらよいのか?の会をやりました。

これって答えがないんですよね。
人によって感動するポイントは違うし、本当に難しいです。

私、答えのない議題を考えるの苦手なんです。
ハッキリしたい性格が邪魔をします。


で、考えている中でふと思い出したことがあったんです。

以前当院に勤めていた先生のお話です。

その先生は当時、当院に勤めるのと並行してボランティアで学生時代の研修先にもよく通っていた先生だったんです。


何故給料が発生しない所にわざわざ行くのか聞いたことがあります。


その元研修先のクリニックはなかなかハードな勤務環境で、勤務医の定着率も悪いらしいんです。でもそれでも先生がボランティアに行く理由は理事長の、考え方に惚れ込んでしまったからだそうです。

そのクリニックは身体障害者の方を受け入れるクリニックである日、身体障害者の車椅子に乗った息子さんとお母様が来院したそうなんですね。

息子さんの治療が終わって、お母様の治療の番が回ってきた時に、院長先生は息子さんを外に連れて、散歩に行くように命じたそうです。

何故それを命じたのか?

理由は母親からしたら、毎日四六時中息子さんことを考えた生活で、きっと自分自身の治療中も、息子さんのことが気がかりなはず。

自分の治療くらいは少しでもリラックスして欲しい。
そして息子さんも散歩に出かければ良い気分転換になるだろうと思ってお願いしたそうなんです。


毎日忙しいクリニックで研修医の先生を外で遊ばせる余裕はないはずです。

それでも院長先生は治療のことだけを考えるのではなく、母子のバックグラウンドを思っての思いだったのでしょう。

だから、その先生はどんなことがあっても院長先生のことを尊敬し、ボランティアに行き続けていたんです。

そして、その患者様もきっと感動し、一生そのクリニックに通い続けるんだろうなと私は思いました。

患者様の満足度を上げるということは、目先の治療や経営ばかりに目を向けず、患者様のことを、深く考え、オーダーメイドな行動をすることなのかもしれません。





AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-02-15 23:10:14

広島タビ最後の夜

テーマ:ブログ
最終日の夜は理事長夫妻お勧めの「むろか」というお店で広島スタッフの皆さんと食事をしました
{5F4B8264-4D3A-48FE-99E1-BF24F013D95C:01}

{325C0C6D-E933-438D-BFB4-53D51D171EE2:01}



{1D3900C4-A3F8-41D9-B9ED-4B1BA02413A3:01}

{811A6DBB-07DC-4559-B8F9-BE349C3F75A3:01}

{E8EFAD58-7EA1-4277-B16B-243D1F3EEDCC:01}

{82C3C96F-B4E0-4AC2-A5B8-173DAA9F5EC9:01}

{F265695F-0487-4075-8CCC-2571D45FC118:01}

こんなに食べてアワビも食べて3000円のコース。

圧倒的コスパ!広島すごい。

{08BDE8A5-B675-4DF6-8C5B-95862FFDBCB5:01}

お刺身の飾りにカープ帽子のプチトマト。
広島の愛がすごいです。


広島オープンに伴い、広島在住の衛生士さんが入社されたんですね。

その方にこのタビで初めてお会いしたんです。
この食事会でもご一緒させて頂きました。

吉田さんという方なのですが、吉田さんは衛生士歴が10年の私より年上のベテラン衛生士さんです。

一般的な歯科クリニックと違い当院は矯正業務が多いし、東京から出向しているスタッフは20代の吉田さんと比べるとキャリアも浅いスタッフばかりなので、慣れるのが大変だろうなぁって思ってたんです。

なのでこの会で「慣れなくて大変じゃないですか?ストレスは溜まりませんか?」と質問したんですけど、

「こんなに素晴らしいスタッフの皆さんと、働けて本当嬉しいです」

と言って頂きました。

私、そんなことを言って頂ける吉田さんは凄い!と思うんです。

自分より年下のスタッフに囲まれて、今までの職場とはまったくやり方も環境も違うはずです。

私が吉田さんだっら今までのキャリアというプライドが邪魔をしてかなりやりにくいと思うんです。


でも吉田さんは違う。
当院で働けて嬉しいと言ってくださる。

きっと東京スタッフが任期が終了して広島を去る時がきてもそういう風に思って下さる人がいれば大丈夫!と嬉しくなりました。


森田さんも
「私達が去っても、今回出会った広島スタッフさんがいれば大丈夫だと思えるんです」
と言っていました。

うん。大丈夫。
でも大丈夫なのは森田さん達出向スタッフが必死で頑張って築いたからこその結果。

出向スタッフの皆さん本当にありがとう。
任期終了まで頑張って。応援してます。


嬉しい気持ちもお腹も満腹の広島タビでした。









AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-02-14 23:09:48

広島タビその3 広島原爆資料館

テーマ:ブログ
3日目は広島スタッフは仕事があった為、日中に伊藤さんと原爆ドームと資料館に行きました。


資料館には過去の歴史、被曝した方々の遺品、
そして去年来日したオバマ元大統領が折った折り鶴や映像が展示されていました。


遺品の中には、とある母親が被曝し亡くなった息子の爪と指の皮を戦時先に父親に形見として送った現物なども見ることができました。


戦時中の物が不足している時代で、何とか息子の形見を送り届けたいと強く思った結果の爪と皮膚だったのでしょう。

保管されているそれは黒くなり、とても生々しいものでした。
でもどんなに生々しいものだったとしても、母親からしたら息子が生き、苦しみもがきながら亡くなった証として残したかったのかもしれません。


資料館の中でとある70代くらいのボランティアの男性が当時の説明をしてくれました。


その当時の現状、どんなに壮絶なことだったのかを詳しく教えて下さいました。

その中で私の心に残ったエピソードがあります。

街が被曝し、見るもの全てが無残に崩壊し、人々はこれからどうしたら良いのか途方にくれていた。
そんな状況のたった3日後に広島電鉄が路面電車を再開したそうです。

お金がない人には乗車賃は受け取らなくてよい。
困っている人は無償で乗せなさいと運転手に会社は命じたそうです。

人々はどんなに無残でも広島電鉄の再開を知り、生きる希望を持ち続けた。

だからこそ、今の時代、他の都道府県が路面電車をどんどん廃止しても広島は路面電車を今も尚愛している。地盤の関係で地下鉄が作りにくいのもあるけれど、今だに路面電車を残しているのはそういう思いがあるから。

時に路面電車の経営が困難になっても他の県が廃止した中古車両を買い取り広島で再利用し走り続けている。

広島の路面電車の数々をみて欲しい。きっと沢山の種類があり統一感がまったくないのに気づくはず。
それは広島の人々がこの地を愛し、復興の証として残したいという強い経緯があるからなんですと教えて下さいました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-13 01:18:54

広島タビ その2

テーマ:ブログ
広島到着の翌日に厳島神社へ行きました。

ガイドは森田さん。
森田さんは3回目の厳島神社だそうです。
12月に広島来たばっかりなのに3回目とか言っちゃって完全プロですね。

{9B1D462B-02B4-4B1B-B8C5-8EDCB8DB6E30:01}
↑フェリーに乗ってー


{04C674D2-2423-4498-97AA-8AC139FA2416:01}
あっ見えてきた!

{C8286708-58D3-49CD-81FA-8BD4A87E888A:01}
到着!
{06BF4CF5-AE24-4512-A981-D8D110FF0420:01}
揚げもみじ饅頭食べてー
広島の人はもみじ饅頭を略してモミマンと言うらしい。
それ本当?

{4BDB0A47-178C-4D4C-BFD6-D43E46F89805:01}
生牡蠣食べてー
{07814963-8A88-4D4E-B4B6-C1ED70B896AE:01}
名物穴子丼美味ー!

{0F14DF27-2BC7-4351-9809-A19FA1CE3507:01}
モミマン作ってるとこ見学してー

{E9890701-AC8C-4913-8C62-0C8A0526276F:01}

また牡蠣食べてー。



厳島神社着く前から食倒れ。
広島美味しいものありすぎて困る。


{98684C7C-589F-405E-B54C-DEE822D61842:01}

鹿だらけ

{578CE227-0E01-482D-B7BA-00DFDAF0E744:01}

{5D1FD5A6-404E-4155-8113-A2A974118B4F:01}

{9FA72F8C-0AE9-42BF-8E33-B825BBD8F90E:01}


厳島神社は本当に壮大で神々しい。



{45987577-1983-47E3-92A3-13C1C2AC12FA:01}

食品サンプルをガン見の鹿。

{D11BAE24-D97B-486A-9578-ACA78732AE02:01}


で、また牡蠣食べて。  


{7397820E-22DA-4BB7-8D5F-83ABE2B4DEBB:01}

{64D8EABB-6FFF-49B8-9EC1-4F2749417E21:01}

で、戻って夕食にお好み焼き食べてー。



わたし、このタビで3キロ太りました。
やだ、そういうの本当に困る。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-02-13 00:13:02

広島タビ

テーマ:ブログ
先日、伊藤さんと広島院の視察に行ってきました(とか言っちゃって完全に遊び。むしろ広島スタッフの仕事の邪魔をしに行きました)


{6AE48145-96FE-4C04-9A2C-B0551C8289DD:01}

↑深夜12時広島駅着。

ドドンとどデカイビルがお出迎え。

…よく見ると
{516847A4-90FA-4778-BAD3-D1C43F8CFAB4:01}

おおー!
当院の看板があるではないか!


{28BDF82E-4E67-490A-9690-68C3DE30B470:01}

駅改札には違う看板も発見!   

東京からビックな先輩2人が来訪するんだから、広島スタッフ全員で改札前で出迎えるようにと伝えたのに、いたのは森田さん1人でした。


みんな眠いからパスしたそうです。
私の権力なんてそんなもん。悲しい。

「なんで皆いないの!!?」
っと森田さんに八つ当たりしたら、

「夜中の12時過ぎに集まるわけないです!みんな寝てますよ!!」
って食い気味に逆怒でした。

「…ですよね。何か本当すんません」って謝りました。


宿泊先は森田さん宅。
お掃除ビューティクイーン宅は広島でもチリ埃一つない部屋でした。
にもかかわらず、さんざん食い散らかして帰りました。
迷惑な先輩でごめんよ。
そりゃスタッフも出迎えないはずですよね。


12月にオープンしてから、広島スタッフは、本当に大変だったと思います。

きっとノイローゼ寸前だろうから、慰めようとやる気満々で来訪したのですが、どうやら想像以上に広島は住みやすいらしく、日高さんにいたってはあと、3年は住みたいって言ってました。


いや、任期は6ヶ月でしょ?3年は困るよ。本当がてんてこ舞いだよ。勘弁してよ。


でも予想に反してみんな楽しんでいるようでホッとしました。

私もちょっと住みたくなりました。
               


                                         その2に続く



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。