ライブドア社の新社長に、ライブドアグループのプロダクトで「まとも」と言われる、「弥生」の平松庚三氏が就いた。

平松氏は、弥生をインテュイット社から、MBOで独立させた人物であり、その「弥生」の株をライブドアに譲渡した人物である。

今後、切り売りが予想されるライブドア社にとって、企業譲渡のプロの社長就任は、何とも皮肉である。


しばらくは、ライブドア及び堀江氏バッシング報道のが繰り返されることだろうが、この事件は逮捕容疑だけでは疑惑が小さい。

証券取引法違反容疑が別件であるとの報道もあるが、その推移を見守りたい。


ところで、拙ブログでは幾度か記している通り、この騒動には隠されたシナリオが用意されているように思えてならない・・・

そのシナリオは、堀江氏が逮捕され、ライブドア社が解体・切り売りされるまでを織込んでいるはずである。

そして、その動きに呼応する形で、ライブドア社の株式は昨年末に根拠なく高騰していた・・・。


私が別のシナリオの存在を感じるのは、野口英昭氏の自殺と称される事件からである。

自殺したと称されるエイチエス証券の野口英昭氏であるが、堀江氏の錬金術に協力した程度のことで自殺するとは考え難い。

そして、ライブドア関係者が野口氏の口を塞いだとする説にも、無理がある。

既に検察の取調べが開始され、1日で自白するような内容のことを守秘する為に、人命を奪う決断を下すとはとても思えない。


野口氏の自殺と称されるものは・・・

ライブドア社に家宅捜索が入り、ライブドア株が一気に紙屑化する過程で、野口氏に資金を預けた側からのプレッシャーと見るのが一番自然である。

そしてそれは結果として、野口氏が媒介したであろう、堀江氏も知らないライブドア社解体のシナリオを描いた側からのトカゲの尻尾きりになったと考えられる。


野口氏は堀江氏の知恵袋であったと言われる。

その野口氏が、ライブドアを離れそしてライブドアを結果的に利用する側に回った。

このように考えると、今回の騒動は、報道されているものとまったく異なる地平を見せる。


ライブドア社の存在意義は、巨大なアングラマネーのロンダリング機能だったのではないか?


そして、検察の内偵を察知し、先手を打ってライブドアそのものを解体に向かわせ、全てを知る野口氏の口を巨額損失への埋め合わせという形で奪ったのではなかろうか?


このように考えると、今回の騒動で最も理解しがたい部分、つまり、エイチエス証券系の投資事業組合を、直接関係のないライブドアが実質支配できた背景も理解しやすい。

野口氏は、錬金術のブラックボックスとして堀江氏に自社系の投資事業組合を差し出した。

そして、この時から、ライブドア社は堀江氏の知らないシナリオを描くことになる。


もしかしたら、野口氏にしてみれば投資事業組合を差し出す相手は、堀江氏でなくても良かったのかもしれない。

しかし、堀江氏は禁断の果実に飛びついた。

その時点で堀江氏に非合法と言う認識があったのか定かではない。

私は、危険ではあるがギリギリ合法の範囲内と堀江氏は思ったと想像している。


それは、ニッポン放送株買収の時に堀江氏が見せた狡賢さに通じる。

東京証券取引所に事前に電話し、時間外の大量取得が合法であるという確認を行っていると堀江氏は述べていた。

これも、野口氏の描くシナリオであれば、大丈夫という安心感があったとのではないか?


そして、このシナリオには、もう1人キーマンがいる。

小泉首相に、ライブドア社の家宅捜索のgoサインを進言した人物である。


このシナリオは、小泉首相の側近がいなければ成立しない。

その人物は小泉首相に、その後発生する逆風を低く見積もって進言したはずである。

そう、ライブドア社に家宅捜索が入らなければ、ライブドア社の株は紙屑にはならない。

紙屑にならなければ、野口氏のトカゲの尻尾切りも上手くいかない・・・

その人物は最初から登場していたのではないだろうが、ライブドアの家宅捜索には必要であった。



ライブドア株は年末までの高騰とは一変し、一気に紙屑化が進む。

180円前後が、一つのヤマと見られているが、どうなのだろう?

そして早くも外資が買収に名乗りを上げている・・・


ライブドア本体には、残念ながら遺すべき事業が見当たらない

(ポータルサイトと無料のブログ?程度か?)

残るのは、フジテレビからせしめた和解金の残りくらいである。


一方で、グループ企業には「弥生」や「キューズネット」など、切り売りの商品になる完全子会社がいくつかある。

さらに、「セシール」や「ダイナシティ」、「ライブドアオート」など最近買収した上場企業株も切り売りの商品になろう・・・

早くて6ヶ月後には、ライブドアは跡形も無くなっている可能性がある・・・




rank2

うん!納得!!という人も、イマイチだったとい人も「ポチ」っと・・・





***** 以下、PR *****

書籍やCD・DVDをネットで購入するなら・・・

セブンイレブンでいつでも受け取れるのは、意外と便利です
セブン-イレブン受取りで手数料無料!セブンアンドワイ

AD