証人喚問を経て、姉歯元建築士による耐震データ偽装は、総研-木村建設ラインを犯人として収束へと向かうこととなろう。

そして、事件再発を防ぐために、構造計算の再計算センター構想が浮上している。


これは、自らの責任を一民間企業に転嫁し、そして役人だけトラブル太りの結果となる。


この様なことを、許してはならない・・・・


この問題の本質は、姉歯元建築士の証人喚問に最初の偽装として登場した「グランドステージ・池上」が握っている。

この物件、姉歯問題が浮上してから、大田区が再検査を実施している。

その再検査では、偽装はないとされた物件である。

その、再検査を受けてヒューザーでは、当初問題なしと住民に説明したが、後日一転する。

この一転を受けて、大田区は自ら発見できなかった偽装を覆い隠すために?ヒューザーが資料提出をしないことに責任を転嫁している。

そして、先日の証人喚問で姉歯氏が偽装を認めた。


このやり取りから明らかなことは、姉歯氏が玄人が見れば明らかになるとした偽装について、見抜く能力を行政も確認検査機関も持っていないという現実である。

しかし、この表現は正しくない・・・

実は、政策として意図的に検査を簡素にしていた疑いがある。

検査よりもマンション供給を、優先させた結果が姉歯氏を生んだ・・・

もっと言えば・・・

姉歯氏の偽装が生まれたのは偶然ではなく、政策的な必然だったとも言える・・・・


少し長くなる・・・

この続きは次回。


rank2

うん!納得!!という人も、イマイチだったとい人も「ポチ」っと・・・





***** 以下、PR *****

楽天が買収する前から、宿泊予約はこのサイト

AD