たばこ自販機 未成年者対策で喫煙者カード導入へ  (Yahoo Japan News 毎日新聞)

(引用ここから)

日本たばこ協会」などたばこ業界の3団体は27日、08年中に全国のたばこ自動販売機を成人識別機能付きにすると発表した。未成年者の喫煙防止が狙いで、成人利用者に専用の顔写真付きカードを発行、自販機が識別する。
全国に設置されたすべての自販機が対象で、専用ICカードを自販機の読み取り部分にかざすことで識別。カードはプリペイド方式で、自販機で金額の補充もできるようにする。また、カードをかざしたうえで現金での購入も可能にする。
カードは身分証のコピー、顔写真を協会に郵送して申し込んだ人に限って発行する。消費者には実費以外の費用負担は求めない方針。導入にかかる予算は800億~900億円と見込まれる。
04年度中のたばこ売り上げ約4兆円のうち、その半分を自販機が占める。02年以降、千葉県八日市場市と鹿児島県種子島で順次試験導入しているが、未成年者の喫煙防止に効果が出ているという

(引用ここまで)


煙草にもカード導入の動きがある。

記事を読むと、顔写真付のカードとなるため、将来的には体面販売もこのカードを持っていないと買えないようにする布石なのであろうか?

(自販機だけなら、顔写真は不要)

それにしても、面倒な手続きを踏ませるものである・・・・


ところで、このニュース

私はラジオで聞いたのだが、「日本たばこ協会」という業界団体名に引っ掛かりを覚えた。

(単に、私がこの団体を知らなかっただけ?)

どんな団体なのか、さっそく調べてみた・・・・


社団法人 日本たばこ協会

ホームページによると、87年設立。90年社団法人認可とある。

JTの民営化の時期と重なる。


正会員3社、賛助会員15社なのに会費収入が、年間6.5億円!

事業収入が0.7億円(調査依頼を発注するのは何処?)


う~む・・・

ますます謎が深まるばかりであった・・・・




rank2

うん!納得!!という人も、イマイチだったとい人も「ポチ」っと・・・



AD

コメント(4)