ぐだゆる

ぐだぐだゆるゆる


テーマ:


猿の手について書きま-す

自分で調べたこととか、知ってたことを諸々。

間違ってることとかも書いてしまうかもなので悪しからず-(^ω^)







猿の手っていうのは猿の手のミイラのこと。

持ち主の願い事を3つ叶えてくれるが、持ち主の意にそぐわぬ形で願いが

叶えられてしまうっていうものです。




有名な小説による猿の手は、

老夫婦が3万ポンド欲しいと願ったところ、息子が死に、その保険金として

3万ポンドが得られ、

息子を返して欲しいと願ったところ、ドアがノックされ、死んだはずの息子が立っていた。

息子を安らかに眠らせて欲しいと願ったところ、息子も猿の手も消えた。


ていうお話らしい。

ゆ-かは読んだことないんだけど、猿の手、と検索してみるとこの小説が必ずヒットしてくる。




ちなみにこのお話の猿の手は猿の右手らしくて、

もうひとつ猿の左手もあるらしい。

左手は右手と同じように願いをかなえるが、3つめの願いを叶えた後、

持ち主を殺すらしい。




猿の手は願いは叶えてはくれるが、その願いが大きければ大きいほど

代償は大きく、願いが叶っても結果、喜ばしい結果になることはないっぽい。



代償が大きくても、願いを叶えてくれる、ということに人間は代償という言葉が

かすんでしまうらしい。

人間てのは欲深い生き物だから、努力なしに願いが叶うとなると、

やっぱり揺らぐんだろ-ね。





上に書いた老夫婦の話も、息子は機械に巻き込まれてずたずたに亡くなってしまったらしいし、

帰ってきたという息子も生前のままではなく、亡くなった後の形で戻ってきたのだろうという説が濃い。







ちなみに人間の手と猿の手は骨格が似ているらしいんだけど、

人間の手でも願いは叶えられるんだろうか-。


人間の手はむしろ自分で願いを叶えるためのもの?




ま-とりあえず猿の手ってのは古い家では蔵とかに保管してあったりと、

現在にも本当に存在しているものらしい。

農家とかでは、手ではなく頭を使うって読んだんだけど、

豊作を願ってなのかな?

よく知らないんだけど、コタツに入ってないこともあって、

すげ-寒くなってきた。

怖いわ。







あ、野ブタ。をプロデュースっていうドラマで

猿の手が出てきたみたいなんだけど、

ドラマでの猿の手は、その人が3回願いを叶えられるのではなく、

その猿の手自体が3回願い事を叶えられるっていうものらしい。

普通の猿の手は持った人が3回願い事を叶えることができ、

次の人の手に渡ると、その人もまた3回願い事を叶えることができるはずなんだけどね。




猿の手は作るものではなく作られるものって書き込みされているところがあったんだけど、

どういう意味なんだろ。



猿の手は実在しているけれど、その作り方や、

それに関する文献は小説以外で出てこない。





小説が生み出した怪談であって、

本当に効力を持つものではないのかな。




ううん、よくわからん。







PR
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード