次々と霧の中から次々と浮かび上がってくる参加者の姿・・・。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』
互いにあいさつを交わし、新しい仲間を紹介したりしている。


ゴール地点では、前回の熊本サイクリングでご一緒していただいたMさんが、
ご夫婦でサポートとして参加されていたので、ご挨拶を・・・。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』
神戸に来られる予定があるとのこと、私たちが、全力でサポートさせていただきます。

そんな中・・・
以前から「まめとそらまめ」さんのブログを拝見して、

『いつか私も乗ってみたい・・・』と思っていたキュートなロードバイク

『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

ついに念願かなって・・・奥さまとともに『チェレ坊と俺シリーズ』に・・・うれちぃ。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

めったに使わない(笑)下ハンです・・・。

まめさん、ありがとうございました。

『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

Facebookで交流させていただいているKさんも、私たちが上ってくる時、声をかけていただき
ご挨拶が出来ました。


どこかの国の煙幕攻撃かと思えるほど霧につつまれたゴール地点では、
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

そこかしこで・・・
ラピュタ名物「自転車投げ選手権」が・・・。(汗)
投げる人なんていないけど、投げてしまうほどの勢いが・・・。(笑)
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   

まめさんが、作る「まめねこ」を初めて実際に拝見し・・・
その可愛さに奥さまともども見入っておりました。

すると何やら歓声が!!


『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

ツールの山岳ゴールを思わせるスプリントで・・・
2台のロードバイクと・・・ありゃ、なんじゃこの自転車は・・・。
ロードバイクを抑えて、見事にゴールぅ!!

カッコよすぎる!!
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』  

北九州市小倉南区のベーカリーカフェdipのグループのみなさんでした。

http://www.bc-dip.jp/about/
しかし、この自転車で・・・この坂で・・・この脚力・・・
やっぱり凄いッ!!


力を使い果たしたはずだなのだが・・・
ここでも・・・まさかの「自転車投げ選手権」が(驚)

『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

みんなが、カメラを構えてベストショットを狙ってました。
口々に「もう少し持ち上げて」とか「あと1枚お願いします」とか言って引き伸ばしまくり・・・
私も・・・「こちらにお顔をお願いします」とか言っちゃってましたけど・・・。
腕も足もプルプルしておられました。(笑)
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』  『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

それぞれが・・・
錆びたガードレールの向こうの白い霧のキャンバスに雄大なラピュタの絶景をイメージしつつ(笑)
語り合ってます。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

私たちもブログなどでお顔を拝見しながらも、お名前を存じ上げず・・・
ご挨拶できなかった方も沢山いて申し訳ないことをしました。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

まだまだ参加者が錆びたガードレールをめざし上ってきます。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

そんな中に・・・
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

前回、サイクリングで一緒に走ってくれたTさんや、
facebookのclub DE ROSAで交流させていただいているKさんともお目にかかることが出来ました。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

そして・・・『なっ、自転車って楽しいだろ』というドヤ顔の私。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

ここで、あの自転車から・・・参加者へ驚きのプレゼントが・・・。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

ふたが開けられた瞬間、歓声が上がる。
「まめねこパンだぁ!!」
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

まめねこたちとまめねこパン。。。
ラピュタでみんなと食べるまめねこパン・・・格別の味でした。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

まだまだ霧の中から現れる参加者。
ガージレールに並べられた参加者のみんなの愛車。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』
KさんのDE ROSA・・・バーテープ、タイヤ、サドルのカラーコーディネートが、大人カッコいい感じ。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

Sさんも加わり、3人のデローザ乗りと・・・予備軍の私。(笑)
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

斜面に置かれた愛車の数々・・・
さながら展示会の様相。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

この時点で集った人たちは、40人を超えていた。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

世話人のFさんが記念撮影を・・・。
私を熊本に引き寄せた藤原さんと平川さん・・・黒子に徹しておられたが、
誰よりもみんなと走りたかったと思います。

みんなが、口々に言ってた「ありがとう。」は、お二人に対してだと私は、思います。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

そして・・・dipのオーナーさん・・・
神戸から来たと聞くと私たちに沢山まめねこパンくださいました。
ありがとうございました。これが、翌日の阿蘇アタックの補給食になったのです。

私たちも遠くから来た・・・ということで皆さんの前でご挨拶。
そして・・・
キュートでカッコいいキャノンボール綾祢さんの『ラピュタは、驚きの白さ』という名言で

締めくくられたのでした・・・。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

記念写真を撮り終えた後も・・・霧の中から参加者が。

あっ、ブログやFacebookで私がいつも「凄いなぁ」と思っている
ちょびさん登場ッ!!

『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』


不安定な天候にもかかわらず・・・集まった自転車仲間。
みんなラピュタが好きで自転車が好き・・・。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』



ラピュタの道に、みんなで自転車で集まりたい!
そんな思いで、日時だけを設定した集合サイクリングです
2012年と同じように、2013年6月2日の正午にラピュタの道で会いましょう!
この集合サイクリングに主催者は存在しません。このFacebookイベントも、

参加者のコミュニケーションをはかる以上の機能と責任を持ちません。

この集合サイクリングへの参加は、すべて参加者ひとりひとりの自己責任と
なります。各自が安全に気を配って、自由なルートで楽しめることを望みます。


この呼びかけに集った自転車仲間・・・。
みんな最高だよ。



お昼の場所を聞き・・・
私たちは、ひと足先にラピュタをあとにした。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

ミルクロードは、霧につつまれて・・・
ライトとテールランプをつけ慎重に進む。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

それでも霧がはれると、そこには見覚えのある緑の絨毯・・・。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

阿蘇の外輪山をなぞるように走り・・・
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』   『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

雨にも遭わずに・・・
昼食場所の「はな阿蘇美」を目指す。

『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

美味しいバイキング・・・
食べることと話すことに夢中で、これまた写真撮るのを忘れる。(汗)
カッコいいビアンキ乗りのHさんともお話しできた。



そして・・・
一旦ホテルに戻り
平川さん、藤原さん、松岡さんと「七笑」さんで夕食を・・・。
飲み・・・美味しいお料理を食べ・・・語り・・・笑・・・。

この席で翌日のサイクリングのおすすめのルートを教えてもらった。


私が、熊本・・・阿蘇のことをこんなに好きになったのは、
その素晴らしい景色だけではなく、自転車が楽しいということを
発信してくれた大切な友人がいるから・・・。
『月が射す夜は、GIGIOとともに・・・』

「ありがとう。大切な自転車の仲間」




霧につつまれたラピュタに集った笑顔の自転車仲間。
私たちの熊本遠征は、出だし好調・・・。
翌日の阿蘇山サイクリングでは、さらなる感動が。
写真の整理が追いつきません。
可愛い坊やをポチットクリックして、応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ 夫婦サイクリストへ
にほんブログ村

AD

コメント(4)