さようなら

テーマ:

私がブログや記事を、統一教会に関連した人たちを対象として書き始めたのは2010年です。書いた記事の数は2000を超え、ページ数はその数倍となるでしょう。今、2017年の末となって、韓国の地で、このブログの最後の記事を書こうと思います。

 

この世の中には、神や霊を迷信として否定する思想がたくさんあります。そんな私が霊性に目覚めたのは20歳の頃、早稲田大で政治経済学部にいた時でした。すでに様々な思想や知識に触れていましたが、価値観の根底が変わりました。そこから、人類の救いを求め、認識を霊性の世界に拡大し、科学を含めて真理を求めた時期がありました。でも解決できない疑問の数々がありました。ただ信じるのではなく、私は知りたかったので、疑問を解決できないまま宗教に入信することも避けました。

 

そして21歳の頃、文鮮明先生の教えに触れました。世の中はカルトと見なしていましたが、そこには私が探していた答えがありました。そして、神との体験も始まりました。人が神との関係を取り戻すためには、特定の宗教の道を行く必要がある時期もあります。統一教会の中での教えや実践に、「何か違う」と感じる時、夢や啓示を通して、行くべき道を示されました。渡米したのは1985年、文鮮明先生が収監されていた時期でした。

 

1992年から、文鮮明先生の息子である文顕進会長のもとで仕事をするようになりました。神に対する不変の信仰を持ち、オリンピック選手だった方であり、ハーバードMBAを他の人より短期間で卒業するような方のもとで働くことは、学びと訓練の場でしたが、当時に、2001年から、統一教会の中の問題を知り、統一教会を改革しようとした文顕進会長の苦労を知る事ともなりました。文顕進会長は、父の志を継承し、神の理想の実現、つまり、教派を超えた人類全体の進む道を示しておられるのがわかりましたが、統一教会はすでに教派主義となっていたのみならず、内部にはお金や権力の腐敗が進んでいました。

 

私は自分自身の混乱を人に教えて、神に対する人々の道を閉ざさないために、沈黙を自分の使命としました。また、そのような状況の中で、私自身の信仰は試される事となりました。そんな数年の後にわかったのは、そのような混乱の中でも御自身の理想を成就するために歩まれる神の姿でした。

 

しかし、2009年から、文顕進会長は、統一教会から追い出され、誹謗中傷と数多くの訴訟を受けるようになりました。私は統一教会を出て、文顕進会長に従うことを選びました。文先生に出会う前から人類の救いの道を求めた私の心は変わりませんでした。そして、アフリカの地で、宗教や人種を超えて、人類全体に対する救いの道を開こうとする神を直感しました。

 

そんな中で、私は統一教会の中に留まっている人たちのことを忘れることができませんでしたし、忘れてはならないと思いました。それがこのブログを始めた理由です。統一教会は内部が腐敗していたし、とても評判も悪い団体であり、私自身においてはむしろマイナスになりかねないことを感じてはいても、私が2001年の頃から試練を受けたように、統一教会の多くの人たちが、誤導されるか、あるいは、様々な情報の中で信仰の試練を受けるであろうことを思いました。私は、どんな試練の中にあったとしても、信仰の道はあり、神は共にいることを示したかったのです。ですから、真理とは普遍的なものであったとしても、統一教会の用語を用い、文先生の言葉を頻繁に引用しました。

 

しかし、遅かれ早かれ、人々から批判されるようになることは最初から明らかで、肯定的な注目を受ければ受けるほど、批判が強まるのも当然でした。私は統一教会を肯定しないけれども、有神論を肯定し、神が歴史を通して人類を導いておられることを示そうとしました。そして、統一教会の人の批判を始め、統一教会の分派の人たちの批判、ジャーナリストの人の批判、様々な批判を受けました。統一教会の問題を指摘し、さらに無神論を批判しましたから、当然のことでした。

 

そんな時、私は、そうした人たちのために祈りました。私は人々の神に至る道を祈り、神にゆだねました。私たちは皆、不完全な者たちです。イエス・キリストの言葉と祈りにも示されているように、神に仕える人の道は、どんな宗教の形態を取ったとしても普遍的なものがあるはずです。私は、その普遍性を貫こうとしました。

 

今、こうした2010年から2017年までの努力と結果は、すべて天に捧げて、次の歩みをするべき時を迎えたと感じています。ですから、これが最後の記事となります。読んでくださった方たちに感謝いたします。また、いつかどこかでお会いすることもあるかもしれません。「さようなら」と言っても、神様を中心とした因縁も繋がりも、決して切れることはありません。神の愛と恩恵が皆様と共にありますように。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

It was 2010 when I began writing articles on this blog, primarily for Unification Church members. I wrote over 2000 articles. The number of pages I wrote is probably several times more. It is now the end of 2017. This will be the last article of the series.

 

Many ideologies in this world dismiss God and spirits as superstition. It was when I was about 20 years old that I came to recognize spiritual reality. I was studying political science and economics in Waseda University. I was already knowledgeable about various ideas and thoughts in history, but my gaining spiritual awareness changed my fundamental values. Since then, I searched for the path of salvation for humanity. Even though my awareness expanded to the spiritual world, I was seeking to embrace science as well. I still had many questions that I could not solve. I avoiding joining a religion because I could not find answers for my questions there and I wanted to know instead of just believing. 

 

When I was 21 years old, I was introduced to the teaching of Rev. Sun Myung Moon and the Unification Church. It was known as a cult, but I found what I was looking for in their teaching. I began having experiences with God as well. In retrospect, I was one of those who needed to go through a religion in order to restore my relationship with God. If I felt, “Something is wrong,” in the teaching and practice of the Unification Church, I was shown the correctness of the path through dreams and revelations. I came to the United States in 1985 when Rev. Moon was in prison. 

 

From 1992 onward, I started working for Dr. Hyun Jin Moon, who is the third son of Rev. Moon. The experience became one of learning and training, since he was an Olympic athlete and Harvard MBA. From 2001, I came to learn about various problems within the Unification Church and Dr. Hyun Jin Moon’s suffering in trying to reform the  Church. While it was obvious to me that Dr. Hyun Jin Moon was inheriting his Father’s will and was trying to substantiate God’s ideal by showing the path for humanity to go beyond the difference of religion, the Unification Church was already a sectarian organization and was already becoming corrupt due to the misuse of power and money.

 

My response to deal with the situation was to keep silent about what I knew, in order to avoid blocking the path for others to believe in God. After several years’ of trials of faith, I came to realize that God was trying to substantiate His ideal despite human confusions.

 

In 2009, Dr. Hyun Jin Moon was expelled from the Unification Church. He started to receive continuous accusations, character assassinations and lawsuits. I decided to leave the Unification Church and followed Dr. Hyun Jin Moon. My heart, which sought the path of salvation for the entirety of humanity even before I met Rev. Moon, did not change. I can recall one instance while I was in Africa when I deeply felt God’s heart. He is trying to open the path for the salvation of humanity by going beyond religious and racial differences. It was an extremely moving experience for me.  

 

However, I could not forget about those who remained in the Unification Church. I thought I should not forget about them. That was the reason I started this blog. The Unification Church was becoming corrupt inside and was gaining a notorious reputation in society. While I knew that reaching out to Unification Church members might bring difficulty upon me, I was also anticipating the trials of faith that many of them would go through just like I had from 2001 due to being misguided with wrong information. I wanted to show the Church members that there is a path of faith no matter what trials they face, and that God is with them. Therefore, I frequently used Unification Church terminology and referred to Rev. Moon’s words while I wrote, even though truth is something universal.  

 

However, it was obvious from the beginning of my writing that I would receive strong criticism sooner or later as I got more supporters. I did not defend the Unification Church, but I defended theism in general and tried to show that God has been guiding humanity throughout history. I received criticism from Unification Church people, ex-members, and one journalist. It was a natural consequence because I pointed out the problems of the Unification Church and criticized atheism.

 

When I was attacked, I prayed for the attackers. I prayed for a path for them to reach God and I trusted God to guide us all. After all, we are all imperfect. The path of those who try to attend God is something universal regardless of what religious form it takes, as is shown in the words and prayer of Jesus Christ. I tried to follow that universal path. 

 

I am feeling that all the efforts and the results from 2010 to 2017 need to be offered to Heaven now and that I should take a new, next step. Therefore, this is going to be the last article. I am grateful to those who visited this blog and read my articles. We might see each other in the future somewhere. I hope so. Even if I say, “Good-bye for now”, the relationship we made centered on God will not be cut. May God’s love and grace be with you all.