TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
yoshinoのブログ

ひきこもりかけぶろぐ
2008-01-25 23:25:49

アニメ・ゲーム舞台探訪【時をかける少女編4】

テーマ:【舞台探訪・時をかける少女】

みなさんこんばんわ!

なんだか久しぶりな気がします。アニメ・ゲーム舞台探訪。

今日は時をかける少女編のラストです。

最後に紹介するのは、映画でもラストを飾ったグラウンドです。



ここで真琴たちはよく3人だけの野球をしましたね。
最後は5人に増えましたがw


場所は中野区の哲学堂公園。

行く途中にこんなものを発見。
なんとかホビーセンターってところの駐車場にありました。
何て名前だっけな・・、カトーホビーセンターだっけ?
まぁいいか。



すいません、日が暮れたあとなんで暗いです。
しかも後ろがテニスコートになってて、おかげで黄色っぽく照らし出されてしまってます・・。



同じ場所でも夏と冬とではまったく違いますね。
もうちょっと後ろから撮ればよかったかな?

でも隣で高校のテニス部の練習があってたものでw
何回もやり直すのはためらわれました。



いつもの3人が使ってた出入り口。
しかし・・・・
見たとこ閉まってるっぽい。

使用できる日とそうでない日があるのかな?

今日は中からの写真が撮れませんでした。

せっかく来たのになぁ。



おそらく千昭がこのへんに立ってバッターやってたはず。
こんな視点だったんですね。

アニメの舞台に行ってみたときの楽しみといったら、

まるで作品の世界に入ったような気分が味わえるというのがおもしろいところですが。

その登場人物と同じところに立ってみたり、
またそこから見える景色を見て、あのキャラクターが見た景色はこんなだったんだと。
想いをはせることも、また楽しみの一つ。


今回はちょっと消化不良です><

目的の半分ぐらい達成できませんでした・・。

一応今回で時かけ編は終わりですが、、

また暇を見て行きたいですね。

また次からは違う作品の舞台を訪ねていきます。


ではまた数時間後に!
今度は夕方の秋葉原での出来事でも更新したいと思います。

時をかける少女 アニメ版/筒井 康隆
¥1,260
Amazon.co.jp

AD
いいね!(0)  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2008-01-24 05:00:58

アニメ・ゲーム舞台探訪【時をかける少女編3】

テーマ:【舞台探訪・時をかける少女】

どうもこんばんわ!昨日はやっと都内にも雪が降りましたね。
待ちわびましたよw 東京で雪が積もるのは2年ぶりですってねぇ。


ていうか更新が遅くなってしまってすいません。
他でちょっと忙しかったもので・・。


では、今日のアニメ・ゲーム舞台探訪いきます!

さあ!今日も時かけです! 毎度毎度すみませんww
時かけは次回まで続きますw 明後日から他の作品もやるので^^;

ここは上野の東京国立博物館。
時かけでは魔女おばさんが勤めているところですね。

ここは私けっこう行くので、映画見たときすぐわかりましたよw


季節が正反対ですねwww
映画では、博物館との距離がかなり近く写ってます。



寒そう(((>д<;)))


ベンチの形と、後ろの木の形で、ここがモデルだとわかりますね。
って、、いくらなんでもハト多すぎだろう( ̄□ ̄;)


真琴はタイムリープのことを相談しに、魔女おばさんの勤め先へやってきます。


ちょっと斜めになっちゃったw
そうそう、ここ国立博物館は館内撮影OKなんですよ。
それにカメラには【ミュージアムモード】とかついてるしw

文化財の保存上、光を当ててはいけないところなどはちゃんと撮影禁止のマークがあるのでわかりやすいです。


ちょっと惜しいか・・。
実はこれに限ってはキャプ画を持っていってなかったんですよね。
まぁ雰囲気は伝わるし、いいか。



この先には魔女おばさんの仕事場がある?

ていうか魔女おばさんてここの学芸員なのかな。
国立博物館の学芸員ってだけでけっこうなエリートですよ。

博物館ってのは元々、原則として一人学芸員が居ればいいという決まりだから、
倍率がとんでもなく高いんだけど・・・・。
しかもある程度の修復を任されているみたいだし。

只者じゃないな・・・・さすが魔女おばさん。



多分ここで合ってると思います。
展示物がところどころ違いますが、
博物館の常設展示ってのは定期的に代えるものですから、
時かけスタッフがここを撮影した時の展示が上のような感じだったのでしょう。


となりに展示されているのは玄奘三蔵像ですね。
昨日私が行ったときはありませんでした。

保管されているのか、それとも個人蔵ということだから一時的に返してるのかも。


玄奘三蔵像があるということはここは2階の日本美術の仏教美術のエリアということがわかります。
ということで場所を特定してみると、千昭が探している絵は↑このあたりに掛けられていたはずです。

昨日行った時点では、ここは十六羅漢図と涅槃図が主に展示されていました。



細かいところに差異はありますが、他に似た場所が無いので、おそらくここがモデルでしょう。



千昭が真琴に、未来に帰れなくなったと明かすシーン。
ここは1階です。
イスの位置が違いますね。
この位置だとキャラクターをうまく配置できない為に、ずらしたんでしょうね。



今日は写真ばっかり撮ってあまりゆっくり見れなかったです。
しかも常設展しか見れなかったし・・。
特別展の【近衛家1000年の名宝】見たかったなぁ。

それに、確かいま長野県と山梨県出土の縄文土器と
多摩地域の縄文土器とを比較展示する特集もやってるみたいで。

私は九州の大学でしたからね、九州といったら北部九州地方の弥生土器文化が有名ですよね。
だから私の専門も弥生とかでしたから、逆に関東や甲信の縄文土器はあまり見ないので興味ありますね。



そうそう、次来るときはこっちも見なきゃねw
科学博物館のほうでは、今【大ロボット博】をやってるみたいw
【からくりからアニメ、最新ロボットまで】だってwww
これは行くしかない^^


科学博物館のほうは、割と子供向けなものが多くて面白いですよね。
通常展示のほうも、いろんな動物のはく製とか骨とかあって面白いし、

何より世界史系の特別展も多く催されるから好きですね。

エジプト展とかナスカ展とか。

そういや2月からまた科学博物館でナスカ展のアンコール展示やるみたいですね。

元々これは全国数箇所の博物館を巡回していましたが、やっと戻ってきたんですね。

これからペルーに返す前に、好評だったから期間限定でまた展示させてくれるように頼んだのでしょうか。

何にしても楽しみですw

うんwやっぱ博物館っていいなぁww一日中いても飽きないよw

うんwなんか最後のほうは時かけよりも博物館について語ってしまってるw

ま、いいかw



明日は池袋と新宿に行ってきます。

舞台探訪時かけ編もおそらく明日で最後です。

ここまでお付き合いくださりありがとうございました^^
ってwこういう言葉は最後に言わないといけないですねww

ま、いいかw

ではまた('-^*)/

AD
いいね!(0)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2008-01-22 02:50:25

アニメ・ゲーム舞台探訪【時をかける少女編2】

テーマ:【舞台探訪・時をかける少女】

すーぐそこーにあぶらむしー(o*゜∇゜)o♪
すーぐそこーのしんいちろーの頭にあぶらむしーo(゜∇゜*o)♪

こんばんわ!true tearsいいっすねやっぱりww
俺もおんぶしながら耳元で言われてみたい(///∇//)


まぁそれはさておきw今日も行ってきましたよ時かけの舞台に!


なんだかビミョウに違う気もしますが、この位置で他に後ろの建物が突き出てくる場所は無かったので。
イメージ的にはこんな感じでしょう。



そう!今日はあの河川敷です!


場所は北千住駅から徒歩15分くらいの荒川沿いの河川敷です。

映画では子供たちが石を投げたりして遊んでいますが、


実際は水かさがけっこうあってイメージがちょっと違います。




今は冬なので映画の中のように青々とした草は生えてません。

それと、土手から川岸まで、実際は20メートルくらい距離があります。

なので、真琴のように、助走をつけて飛ぶということもほとんど無理です。
せっかく助走つけても間の20メートルを走っているうちに勢いがなくなります。

やってみたかったんだけどなぁ・・・・w 水には入らないけど^^; 寸止めな感じで。





いちおう上のシーンをイメージして撮ってみたんですがww
すいませんw足場が悪すぎてブレまくってます(((( ;°Д°))))

ていうか物理的に無理ですwかなり引きで撮ってるし、
これ撮るんなら後ろの建物とかから望遠でやるしかない。

この写真はいくらかマシです。

すいません、ほんとは夕焼けのシーンを撮りたかったんですが。

天気が曇りで。 全然それっぽい雰囲気が無いですね。
さっき天気予報見たら明日は晴れとか言ってるしww明日行けばよかったかなw

せっかく丁度いい時間を見計らって家を出たのに・・・。




どうですか?これはけっこうちゃんと撮れたのではないかと思うんですが・・。

ここのシーン好きですね。最後のほうの、千昭が消えたところのシーン。

全体的にこの河川敷はけっこういろいろと手を加えてますね。
まったく同じというシーンは無いかも。

この写真にしたって左の車道が橋に合流しないし、建物がそのまま変更されてたり、

でも一番大きいのは、先ほども書きましたが、
土手と川岸との距離です。

実際は間に野球のグラウンドがあったりとかしてなかなか川までたどり着けないんですが、

それでは真琴が助走をつけて跳べない。
土手を少し高く設定して、川との距離を大幅に縮めて、勢いをつけて跳べるようにしてあげたんですね。


あと、微妙に対岸との距離も近くなってます。

要するに余計なものを端折って、画面に入れやすくしたんでしょうね。

あくまで背景は脇役ってことですね^^



でも雰囲気は味わえたかも。

それにすごい現象見たしwwwこの写真は次回w


明日もまた別の時かけの舞台行ってきます。
次は室内なので安心ですw

ではまた明日ってことで!


そうそう、この河川敷は晴れるとこんないい表情を見せてくれるんです。



これは今からちょうど1年ぐらい前に撮った写真です。

河川敷側じゃなくて橋側から撮ってます。

この頃はまだ時かけを知らなくて、純粋に綺麗だなぁと思って撮ったんですよ。

これをデジカメで撮れてたら・・・・、時かけのアングルで撮れてたら・・・・。

たらればを言っても仕方がないですが、

この時の河川敷はそれはもう綺麗で、

この写真の後は夕暮れになって、

晴れていたので空がすごい鮮明に赤く染まって・・・・。

綺麗だったなぁ。


次はそんな時にまた撮りたいな。

うん、これはまた撮り直しの必要がありますね。

とりあえず明日は違うところ行きます。

ではまた!

時をかける少女 オリジナル・サウンドトラック
¥2,375
Amazon.co.jp

AD
いいね!(0)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。