稼ぐパチンコ脳の作り方・ホルコン・波グラフ攻略理論

ホルコンプロが暴露するホルコン攻略(ホールコンピューター解析)公式サイトです。釘の時代は終わっています。その根拠を知りたくありませんか?ホルコン初心者からホルコン攻略プロまで必見です。ホルコン、波グラフを活用した攻略理論を暴露します。


テーマ:

甘デジと爆裂機


多忙なために過去記事紹介しますね。



サラリーマンが増えはじめ稼動が高くなる

18時過ぎにホールへ。


この時間帯は、夜の放出タイムのために

仕込まれた台が転がっております。



まだ多くのシマがガラガラでしたが、

角台の甘デジに座ります。



グループ台が終了直後のタイミングで

さらに分岐ラインだったので判定時間に500円だけ

打ちます。



波形的にはそろそろ放出周期でしたが

まったく回らなかったので即やめし

CR牙狼の波グラフをチェック。


当りが終了したグループの分岐ラインで

前回の大当たりから差玉ゼロになった台を選択。


最初の千円でよく回りリーチが多発。

次の千円でエンブレムで大当たり。


パチンコ脳をつくるホルコン解析ブログ  ~大当たりの根拠がわかる立ち回り術


パチンコ脳をつくるホルコン解析ブログ  ~大当たりの根拠がわかる立ち回り術

しかし2連で終わりです。

この時間帯はシマ内に客が点在しており、

末番での当り循環です。



帰り際にみてみるとやっと横並構成のひとつのグループに

当りが集中しておりました。



ある程度稼動がよく、グループ設定が高くないと


横並びの当り順番移動はなかなか適合しずらいです。



最初にやめた甘デジの台はというと

なんと4箱も出ておりました!


台選び次第では、爆裂機のCR

甘デジのスーパー海物語 in地中海ほうがより勝てたのでした。


ホルコンによる回りの変化には騙されました。

(というより500円でやめた私の判断ミスでした)


さらにこの甘デジの連動台ですが

昨日から放出周期です。


パチンコ脳をつくるホルコン解析ブログ  ~大当たりの根拠がわかる立ち回り術

2日間で8万円勝てる台。

甘デジも放出力はあります。


新台2日目のCR花の慶次です。

たいして出ておりません。


慶次の角台です。


パチンコ脳をつくるホルコン解析ブログ  ~大当たりの根拠がわかる立ち回り術
2日間で24万円近く負ける台。



何度も言ってますが前の日に大きくハマっても

次の日に出るとは限らない典型的な例です。



まだまだ回収周期の途中かもしれないので

明日もあさってもハマル可能性はあります。



ボーダー理論でこのような台を追いかけていたら

破産してしまいます。


台の実態は波グラフで確認するとよくわかります。



こちらは慶次の真後ろの背面台です。


パチンコ脳をつくるホルコン解析ブログ  ~大当たりの根拠がわかる立ち回り術

勝手に座ってくれる新台の慶次の設定を下げ

その背面台のCR吉宗は昨夜から放出しております。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

検証のために三つのホールを訪問した時の話です。



ホールが違えばホルコンメーカーも違うかもしれないし

シマ構成が異なればシステムの変化があるかもしれません。



ホルコンによる当り制御の根幹部分はどこのホールでも

共通していると考えておりますが、


ホールによって違った要素があるのも事実。



並びの要素はどのホールでも簡単に観察できますが、

末番は多少時間がかかります。



なぜなら並びの連動台やその他の要素と重なっているように

錯覚する可能性があるからです。



データ取りのために甘デジコーナーにて試し打ちです。



さすがは遊パチです。


海物語ではサムが、


パチンコ脳をつくるホルコン解析ブログ  ~大当たりの根拠がわかる立ち回り術


花の慶次に台移動すると、トラ柄の慶次が現れます。


パチンコ脳をつくるホルコン解析ブログ  ~大当たりの根拠がわかる立ち回り術


またトラ柄の慶次ですが甘デジなのでさほどうれしくありません。


パチンコ脳をつくるホルコン解析ブログ  ~大当たりの根拠がわかる立ち回り術


このシマは稼動は40~50%でしたが、出る時間帯と

出ない時間帯がはっきりしておりました。


さらに放出しているにぎやかなグループと

回収している静まりかえったグループが両極端です。


両替機周りの台はある法則の制御の元で

グルグル循環しておりました。


二つ目のホールは仲良くなった読者様に会うために

ホールで待ち合わせしました。


ついでにのぞいてみたのですが、

比較的客つきがよく出ているシマは、

通路にスペースがないほどドル箱を均等に積んでおります。


これだけ出玉がよいホールだったらボーダーでも釘でも勝てるのでしょう。

私が普段通っているホールではボーダーや釘では絶対に勝てません。

すでにそのようなプロはマイホから絶滅しております。



雨の中、もうひとつのホールです。

19時過ぎのサラーリーマンでにぎわう時間帯です。


こちらは、CR花の慶次のシマです。


パチンコ脳をつくるホルコン解析ブログ  ~大当たりの根拠がわかる立ち回り術



こちらはその隣のCR牙狼のシマです。


パチンコ脳をつくるホルコン解析ブログ  ~大当たりの根拠がわかる立ち回り術


同じ時間帯で同じような稼働率なのに

これだけ出玉の差があります。


あなたはどちらで打ちたいでしょうか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

過去に投資で2000万円稼いだ女子大生の話

アメーバーニュースで紹介されております。



パチンコで勝率を保ち安定した収支を

維持する手法は、株式投資から学ぶべき部分があります。



その記事で彼女の手法が紹介されており、



「損切りのルールだけは変えずに

損小利大のルールだけは絶対に守るようにしていましたから」





損切りとは、


損を覚悟で株を売却することです。


間違いを認めあらたな気持ちで次に進む。



ミスをそのまま放置しておくとさらに傷口が

拡大するからです。



投資では勝敗の分岐点となる損切り。




これを徹底していれば、大きなチャンスを

そのうちモノにすることができるかもしれない。





レイナさんはこうした投資を日々継続し

2000万円以上の利益を上げてきた。






たとえば10%ルールというふうに損きりのルールを

決め必ず実行した場合、


株が値下がりしても

10%のマイナスしか損失がでないということです。




パチンコの場合は予算管理です。



調子が悪い日や回収日に5万円や6万も使うよりも



1万円を5~6日間かけて打ったほうが収支が安定する

ということです。





どんなに負けても1日1万円。





勝つときには千円や2千円で当たり10連や20連するときも

あります。





普段は小さくてもヒット狙いで時々のホームランにより

一気に収支を摘み取るという感じです。




また投資金額は分散して使ったほうが

可能性が広がりリスクも分散されます。





もちろん人それぞれパチンコに対する価値観が違うのですが、





パチンコを末永く続けていくなら小さく負けて大きく勝つという

ルールを習慣づける必要があると思います。






人間には誰にも損したくないという本能から

損切りを引き伸ばしたりする習性があると思います。






同じ台に3万も4万も入れているとやめられなくなります。

後で誰かに出されたら!?なんて感情が働きます。



それよりも可能性のある他の台を

カニ歩きしたほうが当りやすいのです。




パチンコホールという環境はただでさえ理性を狂わし

正常な判断力をマヒさせるところです。






金銭感覚のマヒ




錯覚




射幸心をあおられる






最後に富裕層が投資でなぜ勝てるのかを説明しています。



人間とは感情を持つ生き物。



それだけに、常に同じ判断をすることは難しい。



資金力、今置かれている環境、あるいは

その時の体調や感情など様々な要素に左右される





人は理性よりも感情で行動する習性があります。



その感情に左右されずに軸がぶれないパチンコの立ち回りを

可能にしてくれるのが出玉推移グラフを使った波グラフ攻略です。




大当たりの天井やハマリの底、分岐点などを

グラフによって客観的に判断できるからです。




パチンコ脳をつくるホルコン解析ブログ  ~大当たりの根拠がわかる立ち回り術


余裕がなければどこかで追い詰められて

冷静な判断ができずにルールをやぶってしまう。



余裕を持ってパチンコをするには日ごろから

予算管理を徹底し、


少しの金額でも換金して

持って帰ることです。



お金が無くなるとパチンコを打つことすら

できなくなってしまいます。



私が勝てた波攻略理論はこちら

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)