普段は大阪側から生駒山や信貴山を走るが、今回は奈良側から夏の生駒の山を走る。夏でも日影は涼しい。ただし、予想以上に斜度がきつかった。

 

今回のコースは、近鉄奈良線・けいはんな線生駒駅の西側出口、生駒ケーブルの鳥居前の脇道からスタート。途中、ケーブル線から離れるが、数百メートル上がったところで階段が見えてくる。ここから中腹の宝山寺駅まではほぼ階段。

 

 

宝山寺まで来ると、いくつかのコースに分かれることもできる。

写真のゲートをくぐって、細い道を進んでいけば、生駒山麓公園方面まで走るコースがある。

 

 

今回は写真の左側に進み、宝山寺へ向かう。

 

と、また階段。

歩幅が合わない。

 

 

ここから山頂に向かうには説明が難しい。先に地図等で確認しておくといい。上の写真の鳥居をくぐって、左側の脇道に進む。そこをしばらく進むと、下記写真の場所にたどり着く。

この右側の道を上がっていく。

 

 

と、また階段。左にはケーブルの線路が見える。途中で駅も発見。

 

 

 

斜度はこんな感じ。わかるかな。

 

 

しかし、よく続く階段コース。脚にもくるが、心臓もきつい。

 

 

あまりにしんど過ぎて、勝手にシャッターを押してしまう。

 

 

とにかく階段を登りに登れば、生駒山頂遊園地。

生駒駅から35分。

 

こちら側から遊園地を見るのははじめて。

 

 

ここから鳴川峠方面へ。なんでもトレランのレースもしていたみたい。

公園から見た大阪側。

 

 

奈良側。

ここからは、ほとんど登りはなく、日陰、セミの声に癒されました。途中、トレランレース中の人たちに合流して、しばし、一緒に走りましたが、みんな速い速い。

 

筋肉と心臓にはいい刺激のトレーニングになりますね。特に夏はこれがおススメですね。

でも、下っている最中は、コバエ?にたかられて大変でした。

 

 

★パーソナルトレーニング&コンディショニング受付中(こちらをクリック)★


★パーソナルトレーニング・整体・スポーツ後のリラクゼーションをご検討の方、ご相談承まわります。

*なかなか足を運ぶのが大 変という方、出張トレーニングや整体も受け付けています。

◆お問い合わせはこちらから
◆アクセス
◆料金
◆内容

 ←こちらをクリックしてください。いろんな人のトライアスロンブログが見ることができます

AD