実は私の会社も10年ほど前になりますが

某ローコスト系フランチャイズに加盟していたことがありました。

 

結局2~3年程度で見切りをつけて撤退しましたが…

 

「勇気ある撤退」という言葉をたまに耳にしますが、

 

 

そもそもなぜ撤退には勇気が必要なのでしょうか?

 

 

 

多くのフランチャイズ契約は多額の加盟金を支払って

講習会にも何度も参加して、たくさんの知識を頭に叩き込んでいきます。

つぎ込んだ資金と時間と労力が多ければ多いほど

撤退するときには決断のための勇気が必要になります。

 

 

もうだめだ、と心では分かっていても

「せっかく多額の加盟金を支払ったんだから・・・」

「ここまで時間をかけて勉強してきたんだから・・・」

このような思いがわいてきて、なかなか撤退の決断をできずに

ズルズルと何年も続けていくことになりがちです。

 

 

フランチャイズ契約に今後の希望があるのなら続けるべきです。

 

 

しかし「せっかくここまできたんだから・・・」という理由で続けるのは危険です。

 

 

これは埋没費用(サンクコスト)効果と呼ばれるもので

企画や事業などですでに支払った資金や費やした労力など

中止や撤退をしても戻ってこないものを指します。

 

 

よってフランチャイズを継続する理由が埋没費用に固執するあまり

事業に対する合理的な判断が出来なくなるのです。

 

 

この埋没費用効果は誰もが陥る可能性があります。

 

 

以前テレビのニュースでこのような場面を見かけました。

ちょうど株価下落と円高が進行している時期で

国会で安倍首相がアベノミクスの効果について野党から質問を受け

このようなやりとりがありました。

 

野党議員

「株価下落も円高も進んでいる!アベノミクスは失敗じゃないのか!」

 

安倍首相

「アベノミクスはまだ道半ばです!」

 

野党議員

「今すぐアベノミクスを止めるべきだ!」

 

安倍首相

「ここまで来て止めるんですか!?ここまで続けてきたんですよ!」

 

 

 

アベノミクスという経済政策が長期的な政策で、

まだ道半ばであるという理由なら問題はないのです。

 

しかし

「ここまで来て止めるんですか!?ここまで続けてきたんですよ!」

この発言(真意かどうかは分からないですが)はまさに埋没費用の罠

見事にかかっていると言えます。

 

アベノミクスを続けるかの合理的な判断材料は

そもそも効果的な政策なのかどうかであって

今まで費やした費用と労力を持って判断してはならないということです。

 

 

一国の首相ですら引っ掛かってしまう罠です。

特に感情的な性格の人ほど気をつけなければいけません。

 

 

 

 

フランチャイズそれ自体を否定する気は毛頭ありません。

 

 

なぜ物事の撤退には勇気が必要なのか、

その裏側にあるを知ることで合理的な決断が出来るようになるはずです。

AD

 

久しぶりに連棟パースを作りました!

 

手描きのパースは好きなのですが

CGパースを手描き調に加工したパースはあまり好きじゃないんですキョロキョロ

 

手描き調加工自体は簡単なのですが、

いかにも加工しました感が出ちゃうんですよねもやもや

 

それがどうも安っぽい仕上がりに見えるんです・・・

加工する際は注意しなければいけません!!

 

なので今回のパースも加工は最小限にしましたOK

 

手描きパース練習しようかな・・・

AD

前回とても好評だった記事の第二弾!

 

新築住宅の完成見学会をfacebook広告を利用して

告知したときの効果測定ですグラサン

 

 

まずFB広告をご存じない方に簡単な説明を・・・

FBでは企業のページを作成すると有料で広告を出すことができます

この広告の良いところは超ピンポイントでターゲットを絞れることです!

 

例えば

「新宿区に在住の20~40歳の既婚女性で北欧家具に興味のある人」

こんな感じでターゲットを絞って広告を出せるのです。

自社の家づくりのスタイルに興味のありそうな人にだけ効率的に広告を出せるので

無駄なコストをかけずに済みます。

 

 

 

では今回はどんな内容で広告を出したかというと・・・

 

 

広告掲載期間:14日間(見学会開催日の2週間前から)

広告予算:¥10,000

広告ターゲット:ページにいいねした人とその友達

 

 

そして気になる結果は以下の通り

 

 

リーチ数(ターゲットのタイムラインに表示された回数?人数?):約3,500

アクション数(広告をクリックした人などの数):132

「興味あり」ボタンを押した人:21

「参加予定」ボタンを押した人:0

 

 

以上のような結果でしたグッ

 

今回はFB上で参加予定を押してくれた方は0人でしたが

これはそれほど重要ではありません。

実際に何人の方がFBを見て見学会に参加してくれたのかが重要なのです!

 

ちなみに見学会は予約制で行っておりますので参加のハードルが若干高めです。

(予約制で見学会を行う理由はこちらから)

 

 

結果的には4組の方がFBを見たと言って予約してくださいましたハート

他の方ももしかしたらFB広告を見ているかもしれませんが

 

 

見学会トータルの参加人数は16組でした。

その他の告知方法は折込広告などは行わずHP上と資料請求された方にDM発送のみ。

小規模工務店には十分満足な結果ですグラサン

これが今回見学会を行ったお宅の写真

ベニヤ仕上げにブリックタイルなどラフな素材でまとめました

完成見学会時は写真のように細部まで仕上げます!

うちの場合はインテリアなどまで提案するのでお客さんはこのまま住めます音符

 

 

効率的な広告を行うことは施主さんの利益に繋がります。

情報を欲しい人にしっかり届ける。無駄なコストをかけない。

 

 

次回の見学会の際には条件を変えてまたFB広告を出してみる予定です

結果はまた記事にしますのでお楽しみにグラサン

 

 

前回の記事は以下から

「完成見学会をfacebook広告で告知した結果Ⅰ」

AD