「燃費」は車を買うときの重要な判断材料である

次の二人、AさんBさんも燃費の良い車に買い替え
コストカットを図ろうとしている。

 
Aさんはガソリン1ℓあたり8km走る比較的燃費の悪い車に乗っている。
それから少しはマシな1ℓあたり10kmの車に乗り換えた。
 
Bさんは1ℓあたり20km走るハイブリット車に乗っている。
そしてさらに高性能な1ℓあたり30kmの超ハイブリット車に乗り換えた。
 
 
二人の年間走行距離は同じく10,000kmだとする
 

 
さてこの二人はどちらがより以前よりガソリン代をコストカットできただろうか?
 


 
きっとあなたはBさんだと答える
 

 
その理由はこうだ。
Bさんは1ℓあたり10kmも燃費が改善されたが
Aさんはたった2kmしか改善されていない。
率に換算するとBさんは以前より50%の改善、
それに比べAさんは25%にすぎない。
 
 
しかしここで1つ思い出してほしい
二人の年間走行距離は同じであるということを。
 
Aさんの以前の年間ガソリン消費量は1,250ℓで
それから1,000ℓになったのだから250ℓの節約だ。


一方、Bさんの年間消費量は元々500ℓだった。
それから約333ℓになったので167ℓの節約となる。


よってコストカットにより成功したのはAさんということになる


私たちは燃費を考慮するとき、「1ℓあたりの走行距離」というフレームで考える。
しかしこの考え方は正しいとは言えない。

本来は「1km走行あたりのガソリン消費量」というフレームで考えるべきである。
そうすることで燃費の錯覚に陥らないようになるだろう。

 
AD
マンションリノベーション案件で作成した内観パース

現況写真と簡単な間取り図があればパース作成にはそれで十分です!

内装メインの工事の場合、CGパースが仕様書の役目も果たしてくれます。
このパースに仕上げや寸法書き込んでいけばいいんですから


ちなみこちらのパースの参考製作価格は
¥25,000(パース作成費)+¥10,000(内装デザイン費)
¥35,000


現況写真と間取り図を用意して
「こんな感じで仕上げて~」とメールを送れば
数日でパース作成完了ですOK


さらにコンストナーが他のCGパース制作会社とは違うところは
内装デザインやインテリアの提案まで行うところです!!









これらは私自身が過去に携わった物件です
北欧テイストや西海岸テイストが得意ですねグラサン
純和風以外なら大丈夫ですグラサン

インテリア関係はどうも苦手で・・・
という方はお気軽にご相談下さいねOK
 
AD
Houzzというサイトをご存知でしょうか?

世界各国の住宅の写真を掲載しているウェブサイトなのですが
当方設計の住宅が2016年間のとある部門賞で4位に入ってました!



こちらがランクインした写真です

ではなんの部門賞かと言うと

「小屋部門」でした。笑

住宅なのに小屋って・・・キョロキョロ

ベニヤ仕上げだったりトタンを錆塗装してたりするので
テクスチャはたしかに小屋っぽい要素がありますが 笑


一応設計上は趣味スペースの類なんですけどねえー


施主さんに小屋部門でランクインしたと報告をしましたら爆笑していました爆 笑

 
AD