茨城県小美玉市で2003年4月、女性が乱暴される事件があり、現場から採取されたDNA型が、県警石岡署に別の事件で逮捕された男のものと一致することがわかり、水戸地検は30日、男を強姦(ごうかん)罪で起訴した。03年の事件は来月1日に時効を迎える直前だった。

 発表によると、起訴されたのは、同市の建築解体業富田和広容疑者(43)。富田容疑者は容疑を認めているといい、同市内で08年11月に発生した強制わいせつ未遂事件で今月10日に逮捕されていた。

 捜査関係者によると、富田容疑者のDNA型が03年の事件現場から採取されたものと一致するなどしたことから、同署が捜査を進めていた。

 地検は30日、08年の事件についても強姦未遂罪で起訴した。

<性同一性障害>手術ミスで和解 説明の不備認める(毎日新聞)
<東京・江戸川区教委>区立小校長を更迭 保護者と性的関係(毎日新聞)
<普天間移設>「県外あきらめていない」…参院委で首相(毎日新聞)
小林議員への辞職勧告決議案検討 自民大島幹事長(産経新聞)
唐澤・原中両陣営、25日以降に役員候補発表(医療介護CBニュース)
AD