指定暴力団道仁会(福岡県久留米市)旧本部事務所の使用差し止めをめぐる訴訟で、道仁会側が原告の周辺住民ら約580人に対し、1650万円の損害賠償を求める訴訟を18日までに、福岡地裁久留米支部に起こした。住民側弁護団が明らかにした。
 弁護団は「請求が認められることはまずないだろう」としている。
 久留米市通東町の建物について、福岡高裁は昨年7月、「現在は空き家だが、再び事務所として使用する可能性がある」として、住民側が求めた使用差し止めの仮処分を認め、裁判所の管理下に置かれている。 

【関連ニュース】
元暴力団幹部射殺で無罪=指示役らとの共謀否定
工藤会会長宅など捜索=暴追運動住民宅銃撃
自治会長の自宅に銃弾=暴力団追放運動と関連か
患者誤射殺で無期懲役確定へ=暴力団関係者と間違い
弘道会本部を家宅捜索=みかじめ料要求、組員逮捕

北教組献金 小林千議員に任意聴取を要請 札幌地検(毎日新聞)
阿久根市長「駆け引きとマスコミへのお仕置き」(読売新聞)
福島党首、自衛隊合憲認める(産経新聞)
グループホームの防火体制点検を―厚労省(医療介護CBニュース)
<日米密約>首相「核の持ち込み想定し得ない」(毎日新聞)
AD