放火をしようと灯油のようなものを持ち歩いていたとして、警視庁東村山署は放火予備の現行犯で東京都小平市に住む自称NPO法人の男(68)を逮捕した。同署によると、意味不明の供述をしており、刑事責任能力の有無を含め慎重に調べている。

 逮捕容疑は2日午前3時ごろ、東村山市萩山町の路上で、放火をしようと、灯油のようなものが入った容器を持ち歩いたなどとしている。

 男が逮捕された約2時間前には、数百メートル離れた飲食店で屋外にあったバケツや段ボールが焼ける不審火が発生。今月1日午前3時ごろにも、近くの別の飲食店で同様の火災が発生しており、同署で関連を調べている。

【関連記事】
小山市で不審火相次ぐ 栃木県警、放火容疑で捜査
自宅に放火、母親を殺害容疑で男を逮捕 父親の葬式めぐりトラブルか
段ボール放火で男を逮捕 大阪・西成
ついに自室に放火…容疑で男逮捕 周辺で不審火5件
「自暴自棄に…」寮に放火容疑で作業員逮捕
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

ビックカメラ有楽町店で侍超え500人も「真央銀」にため息(スポーツ報知)
前J大分の長官「観光大国へ“スポーツーリズム”を」(産経新聞)
スーパーに軽自動車突っ込む 新潟・新発田市(産経新聞)
太陽電池用素材で5億円脱税=会長ら3人逮捕-甲府地検(時事通信)
被災地の邦人26人無事、残るは7人…チリ地震(読売新聞)
AD