短答試験と論文試験

テーマ:

私は、短答試験合格を持ち越せるようになった最初の年に最終合格したので、その恩恵を受けることはありませんでした。でも、短答試験と論文試験を一緒に勉強する方が私には向いていたと思います。なので、全員が短答試験から受ける制度の方が、私には有利でした。


以前にも書いたかもしれませんが、短答試験の過去問を解きながら、根拠条文を挙げるようにしていました。これで、正しいか誤っているのかを自信を持って回答できるようになります。さらに、論文で、根拠条文を記載するスピードがアップします。


でも、論文を書く時、覚え間違いもあるので、条文を確認した方がいいとは思います。でないと、自分の知識を過信して、間違えた内容を自信をもって記載することになります。ご注意ください。


AD