東京都港区は9日、すでに死亡している子供計18人の「子ども手当」の受給勧奨通知書と申請書を誤って発送したと発表した。

 誤送されたのは16世帯。コンピューターで支給対象の子供を抽出する際、死亡している子供を除外するようにプログラムを設定していなかったためだという。区は関係者に謝罪するとともに、「誤りをチェックする仕組みを構築する」としている。

 区によると、区は6日、区内1万7585世帯に、子ども手当受給勧奨通知書などを発送。翌7日、死亡した子供の母親から「うちの子供は死亡しているが、どうなっているのか」と電話があり、発覚した。

 区によると、誤送したのは、これまで児童手当を受給しておらず、複数の子供がいる上に死亡している子供がいる世帯だという。

【関連記事】
太っ腹!?子供死亡の家にも「子ども手当」申請書
子ども手当 参院選へ“巨大選挙買収”
【私も言いたい】子ども手当「必要ない」8割超す
子ども手当受給の外国人、22年度中に把握
格差を助長する高校無償化に「ちょっと待った!」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<名張毒ぶどう酒事件>他の新証拠は否定 再審は再鑑定次第(毎日新聞)
「村本さん失い、深い悲しみ」 ロイター編集主幹がコメント(産経新聞)
収納ケース内女性遺体 殺人容疑で女を再逮捕「殺していない」(産経新聞)
【風】現役世代、それぞれの思い(産経新聞)
「小便かかった」会社員から5000円強奪、2人組逮捕(産経新聞)
AD