元妻の背中などを包丁で刺し殺害しようとしたとして、三重県警松阪署は1日、殺人未遂容疑で同県伊勢市小俣町明野、派遣社員山本剛寛容疑者(29)を逮捕した。元妻は搬送先の病院で死亡した。同容疑者は刺したことを認めた上で「復縁を迫ったが断られ腹が立った」と話しており、同署は容疑を殺人に切り替えて調べている。
 逮捕容疑は1日午前9時半ごろ、同県松阪市駅部田町の元妻徳田香さん(26)を自宅から車に乗せて連れ去り、松阪市山室町の市道で、背中など複数個所を包丁で刺して殺害しようとした疑い。 

【関連ニュース】
15歳長男、母刺す=容疑で逮捕、進学で口論か
小泉被告に死刑判決=「更生可能性ない」
殺人容疑で男逮捕=面識なく突然刺す
自衛官自殺偽装で5人起訴=元保険会社の妻が殺害依頼
乳児殺害容疑、父を再逮捕=家族3人死亡事件

<元次官宅連続襲撃>小泉被告に死刑 さいたま地裁判決(毎日新聞)
<製品事故情報>消費者庁のデータバンク 1日から開設(毎日新聞)
電気自動車、成長戦略の柱に=古川国家戦略室長(時事通信)
<メッセンジャー>暴行事件で謹慎中の黒田、4日に舞台復帰(毎日新聞)
手配写真を更新=日本赤軍メンバー-警察庁(時事通信)
AD