米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の新たな移設先について、米側が日本政府に対し、海兵隊の地上部隊とヘリ部隊の駐留場所の距離は「65カイリ(約120キロ)以内」とするよう求めていることが分かった。政府高官が21日、明らかにした。
 鳩山内閣は、普天間に駐留するヘリ部隊について、米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市など)陸上部と鹿児島県・徳之島に分散移転する案を検討している。キャンプ・シュワブと徳之島は180キロ程度の距離で、米側には具体的な許容範囲を示すことで、徳之島案を拒否する姿勢を明確に示す狙いがあるとみられる。 

民需拡大のため「宇宙庁」を=前原担当相に有識者ら提言(時事通信)
ホテルに3人組、400万円奪う=従業員縛り逃走-埼玉(時事通信)
歩道橋事故、元副署長を強制起訴へ=検察官役、制度導入後初-神戸(時事通信)
横浜の旧富岡倉庫地区から基準超の鉛 昨年に米軍返還(産経新聞)
堺1歳男児死亡 交際相手の暴行明かせず 泉大津でも(産経新聞)
AD