政府は11日、地球温暖化問題に関する閣僚委員会を開催し、今国会に提出する地球温暖化対策基本法案について詰めの協議を行う。企業間で温室効果ガス排出枠を売買する国内排出量取引制度をめぐり、文言の調整が続いており、決着を目指す。閣僚委で法案を内定した後、12日に閣議決定する予定だ。
 法案には、2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する中期目標を明記し、達成に向けた具体策を列挙。国内排出量取引制度創設のほか、化石燃料に課税する地球温暖化対策税(環境税)の11年度実施に向けて検討を進めることを盛り込む。 

【関連ニュース】
【動画】恐竜2009~砂漠の奇跡~
特集・恐竜図鑑~恐竜の起源、もっと古い?2億4千万年前の近縁新種化石発見~
〔写真特集〕肉食のスピノサウルスなど出現! 恐竜2009 砂漠の奇跡
〔写真特集〕生命の歴史 太古の生物
イラク戦争への関与検証=小泉政権の対応問題視

<東京モノレール>レールの下に人 上下線全線運転見合わせ(毎日新聞)
「着メロ」商標権に2550万円(スポーツ報知)
「子ども手当」「高校無償化」 きょう委員会可決(産経新聞)
国内最後の空港? 茨城空港が開港 (産経新聞)
首相の公邸入居費用、さらに清掃費など280万(読売新聞)
AD