コメット (キンギョ)

テーマ:
コメット コメットコメットは、キンギョの一品種。アメリカから逆輸入という形で日本に入ってきたキンギョである。概要アメリカで、日本から輸入されたフナやリュウキンなどが自然交配を重ねた結果生まれた品種。ワキンの様に細長い体にすらりと伸びた鰭が美しい。ワキンの体型なので、リュウキンがベースになっているとは思えないが、選別・淘汰の交雑過程でフナを使ったためこの体型になっている。歴史米国のワシントン水産委員会の池で、日本から輸入されたリュウキンの変異個体が発見されたとき、ヒューゴ・ムラート氏がそれを選別・淘汰して固定した品種である。名前の由来コメット(Comet)とは、彗星の意味で、鰭は長く、細身の体型であり白く長い尾(吹き流し尾)で素早く泳ぐ姿が、まるで水の中の彗星のような感じのため、その名がついた。特徴体型はワキンに似ており、胴長でリュウキンの面影は見られないが、その長い吹き流し尾は、リュウキンの尾が変化したものではないかと言われている。体色赤白の更紗が上品とされ、体色の全身白の個体は価値がなく、評価が低い。また、デメキンにみられる漆黒の個体もでており、ブラックコメットと呼ばれている。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%83%E3%83%88_(%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%83%A7)」より作成カテゴリ: キンギョの品種隠しカテゴリ: 魚類関連のスタブ項目

<石川衆院議員>離党「大変無念」落胆隠せず…帯広で会見(毎日新聞)
特急がトラック衝突、二十数人けが=北海道深川市の踏切(時事通信)
元小泉チルドレンの悩み 新天地目指すも…(産経新聞)
整形で逃亡はさせない! 警察庁と美容外科団体が協定(産経新聞)
自動車用電線でカルテルか=矢崎総業などに立ち入り-公取委(時事通信)
AD