和歌山市や大阪市などの不二家からペコちゃん人形が相次ぎ盗まれた事件で、窃盗などの罪に問われた住居不定、指定暴力団山口組系組元幹部、稲葉洋被告(43)の論告求刑公判が22日、和歌山地裁(國分進裁判官)であった。検察側は「人形は国民的アイドルで社会に与えた影響は大きい」として懲役6年を求刑。弁護側は「(子供たちの)夢を壊したことを反省している」と寛大な処分を求めた。

 この日の被告人質問で稲葉被告は、裁判官に動機を聞かれ「遊ぶ金や覚醒(せい)剤を買う金のためにやった」と説明。犯行時の心境を「店の看板を取られて気分悪いやろなとは思った」と述べた。

 論告によると平成20年5月~21年2月、不二家11店舗からペコちゃん人形計10体(計59万円相当)を盗んだとしている。

【関連記事】
覚醒剤密売人の被告「子供と住もうと」裏家業ズルズル…
「みかじめ110番」はヤクザムヨー(893640) 愛知県警
暴力団工藤会が「迷惑かけません」看板 新事務所、牽制狙いか
企業食い尽くすハイエナ 「クロちゃん」の10年
【衝撃事件の核心】“シノギ”はペコちゃん人形? “お宝”狙った暴力団幹部
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<普天間移設>「米軍基地ノー」強く訴え 徳之島の反対集会(毎日新聞)
「酒を飲みながら運転」70歳男を現行犯逮捕(読売新聞)
消費税、14日に議論=逆進性対策などテーマに-税調専門家委(時事通信)
上越新幹線、高崎―新潟駅間で一時運転見合わせ(読売新聞)
スーツケースから出火、一時騒ぎに=ヘアアイロンが原因か-成田空港(時事通信)
AD