相模鉄道(横浜市西区)の男性車掌(28)が、磁気定期券の不正乗車防止システムを解除する方法で、今年3月までの約2年半、運賃の一部を支払わないキセル乗車を繰り返していたことが16日、分かった。同社は車掌を同日付で懲戒解雇する。
 同社の説明によると、男性車掌は自宅のある都営地下鉄志村坂上-泉岳寺間の6カ月定期券を2007年10月から購入。継続する度に、複数の同僚に磁気定期券の入出場記録を不正に操作させ、入場記録がなくても定期券でそのまま下車できるようにしていた。 

宗達「松島屏風図」複製 100年ぶり堺に里帰り(産経新聞)
山崎さんシャトル、帰還へ=天候不良で再挑戦-米ケネディ宇宙センター(時事通信)
<愛知5人殺傷>長男を簡易鑑定へ(毎日新聞)
<転落死>マンション12階から4歳児 千葉・印西(毎日新聞)
「時効廃止法案」が参院法務委で可決(産経新聞)
AD