衆院外務委員会(鈴木宗男委員長)は2日午前、日米間の密約をめぐり、4人の専門家を参考人として招き、質疑を行った。沖縄返還時に交わされた有事の際の沖縄への核再配備容認を、外務省の有識者委員会の報告書が「密約とは言えない」と結論付けたことに対し、我部政明琉球大教授は「密約中の密約だ」と異論を唱えた。
 沖縄への核再配備では、当時の佐藤栄作首相とニクソン米大統領が秘密裏に交わした「合意議事録」が確認されている。これに関し、我部氏は「在日米軍基地の使用について、沖縄において本土よりも(米側に)フリーハンドを与えたものだ」と指摘した。 

【関連ニュース】
岡田外相と米国防長官の会談要旨
岡田外相と米国防長官の会談骨子
射爆場、米に返還要求へ=沖縄の負担軽減
在沖縄海兵隊「同盟に重要」と米国防長官=岡田外相、5月決着を約束
「普天間」新提案に否定的=14年期限へ早期解決を

<金星探査機>「あかつき」打ち上げのH2Aロケットを公開(毎日新聞)
振り込め詐欺被害防止に向け 埼玉県警が銀行で“抜き打ちテスト”(産経新聞)
岡田外相、ミャンマー軍事政権に遺憾表明(産経新聞)
“幻の魚”リュウグウノツカイに驚き 萩博物館で公開(産経新聞)
普天間移設 岡田外相、現行案を除外…米国防長官への説明(毎日新聞)
AD